読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

愛の多様性

今年は5月の美しさに目を奪われっぱなし。
新緑の季節ってこんなに素晴らしいものだったっけなぁ、としみじみしてしまいます。
元々、新緑の美しさには心躍る方だったけど……寒くもなく、暑くもなく、植物はいきいきしていて、5月って大好き!と、以前はここまで思っていたかどうか。

年月とともに好みや感じ方も変わる。その観点から、この1年ほどで特に大きく変わったのは「愛」にまつわる観念では、と自分で思います。

昨年の12月に「愛」をテーマに講座を開いたのもその一環でした。

beats-and-love.hatenablog.com

広義の「愛」は人生全般に表れ、必ず関わってくるものですが、ここでは「恋愛」や、パートナーを持つことなどの「リレーションシップ」について書きます。

個人的に、これについてが近年最も変化し理解が深まった部分だからです。

☆☆☆

かつての私は、恋愛において、根本的に「受け身」の愛の観念を持つことが多かったです。

それは、行動の面で「自分から積極的に気持ちを伝える・伝えない」などの姿勢のことではありません。それは状況によりけりで、別に受け身ではありませんでした。

そうではなくて、「心の姿勢」が受動的だったのです。

どういうことかを説明しましょう。
私は過去には、「恋は交通事故のようなもの」と思っていました。
出会ってしまったら、仕方ない。それはコントロールできないものだと。

つまり、惹かれる相手と出会ったなら、その相手が、自分の人生に沿おうが沿うまいが、望む条件や自分の志に合おうが合うまいが、「惹かれた」というその時点で、もう相手をそのままに愛するしかないのだと。

これを「変だ」とも思わず、恋とはそういうものだと思っていたのだから、今距離を置いて眺めると不思議なものです!

その点において、私は完全に(根底が)「受」の姿勢だったのです。
自分の人生をどうしていきたいかを中心に据えて、おつきあいする相手やパートナーを選ぶという考えがなかった。オーマイゴッド。

もちろん、そういう恋愛をする時期があってもいいのです。
色々な人との関係を経験して、自分を知っていくということがあります。

でも、ある程度その経験をしたら、他者との関わりを通して「自分がどう生きたいか」は明らかになっていきますよね。
すると、「自分」を生きることを中心に据え、選択にも反映させることを学びます。
(これをある概念の下では、「神に従う、神を優先する」というように呼びますが、実は自分自身を生きること、内なる自己に沿うことを指します。)
もっと言えば、これができないと、本当の意味での他者との関係は築けません。

私は、どう生きたいか。
自分の人生に望むものは何か。

その意思や感覚を優先してはいけない、持ってはいけないことのように考えている「観念(BELIEF)」が、私の中にはあったように思います。

他者をあるがままに受け入れるということと、受け身の愛とを、混同していたのです。

世界には、多種多様な個性の人がいて、「自分と合わない」人や、「人生に望むことや目的が大幅に異なる」人も、当然います。

その人たちとあえて個人的に多くの時を過ごし、“親密な”関係になる必要はなく、適度な距離を置くことが最適な選択であることもあります。

誰と共に人生の多くのときを過ごしたいか、あなたは選べます。

他者をあるがままに受け入れるということは、自分と異なる方向性を持つ相手がいたときには、それも「あるがままに」受け入れるということです。

誰もがあなたに好いてほしい、一緒にいてほしいと願っているわけでもないですし、あなたも逆の立場ならそうでしょう。まず、この観念の「謙虚なようでいて奇妙に傲慢であること」に気づく必要があります(笑)

あなたが違和感を覚えたり、苦しくなるとき、相手にとっても「不調和」なのです。
それを正直に自分で認めることは、自分自身のためのみならず、相手のためにもなります。

愛とは、相手をコントロールして、同じ方向を向かせようとしたり、あるいは自分が無理をして同じ方向を向こうとしたりすることではありませんよね。

たとえば、「共感」と「愛」とを取り違えていると、あなたは、愛を示すためには共感を示さなければいけない、と信じるようになります。

ところが、愛していても共感しないことは多々あるので、そんな観念を持っていると、あなたは葛藤してしまいます。

また、「(物理的に)一緒にいることが愛だ」と信じていると、そばに一緒にいない形での「愛」というのは、たとえそれが最善だとしても、「愛を失う」ように感じて、理解できなくなるでしょう。

愛にまつわる、あなたを不自由にする「観念」に気をつけてみてください。

少しでも、「自己犠牲」の気持ちが含まれていたり、あなた自身の本当に感じていることを殺さなければならなかったりしていたら、要注意です。

私たちは誰もが愛の存在ですが、その愛をどのように「表現するか」には多様性があります。

「形」はひとつではないのです。
唯一の正解など、ありません。

ひとりひとりが自分自身の「愛」を体現していれば、「形」はどのようでも、いいのです。「形」はちょうどいいように「後からついてくるもの」です。

以前も記事で書きましたが、「孤独」は、あなたがあなた自身からずれているとき、自分自身から切り離されているように感じるときに、生まれる感覚です。

人間はそれを「外に」投影し、誰か他者の存在を求めることがありますが、根本的に、自分としっかりコミュニケーションがとれていなければ、誰かがそばにいても、孤独が癒えることはありません。

あなたが自分自身としっかり繋がっているとき(※本当はいつでも繋がっていますが、私たちはそれを認識しない意識状態になることがあります)、「desperately(喉から手が出るほど、必死に、絶望的に)」他者を求めるということはありません。

もし、恋愛やリレーションシップのことで悩んでいる方がいらしたら…

「あれ?気づいたら、彼氏・彼女・恋人・パートナー、いてもいなくてもどっちでもいいな?」
というくらい、自分のことに集中できているとき、充実しているときが、調和した状態での「出会いどき」です。もし、あなたの人生にパートナーを望む場合には、ですが。(すでにパートナーがいたとしても、自分自身の状態にフォーカスすることが大切です。)

反対に言うと、そうでなければ「準備ができていないとき」で、リレーションシップによって自分の「不足感」を埋めようとしてしまう可能性は大です。

満たされたWhole(全体)とWhole(全体)で向き合う関係と、
自分を「欠けているピース(部分)」と思っている者同士が向き合う関係とは、全くの別物です。

満たされたWholeとは、あなた自身に何も欠点がなく「完璧な人間である」ということではありません。
ただ、あなたはあなたとして独自の個性を持ったまま十分に価値があるし、他者もまた同様にそうである、と知っていることです。


これからは、「愛」にもますます多様性が見えるようになるでしょう。

そのようなあり方こそが、私たち本来の姿に沿っているからです。

伝統や文化によって作られた観念、そしてそれに基づく「形」は、徐々に崩壊していく可能性がありますが、それは自然なことなのです。

あなたの心の中にある、あなた自身の「愛」にピントを合わせましょう。


ランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング

6/3(土)の講座お申込み受付中です。
テーマは「死への理解を深める」。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

beats-and-love.hatenablog.com

スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「セッションについて」
「お申込みのご案内」

 

広告を非表示にする

自分の意識を向けたい方向へ向ける底力

前回気温が高いことを話題にしたら、今度はけっこう涼しい日曜日でした。
それにしても、あちこちで咲いているバラのきれいなこと!
この時季は道や庭先で目に飛び込んでくる見事なバラを楽しめるのでうれしいです。

今回のお話は、「自分の意識を向けたい方向へ向ける底力」です。
これは誰にでもあるものですが、それを信頼すればするほど、使いこなすことができます。

この間、「水清ければ魚棲まず」という記事で、あなたの中にある色々な要素のどれもが、あなたを助けているということを述べました。

beats-and-love.hatenablog.com

ありのままの自分を知るということは、あなたの感じていることを見ないようにしたり、抑圧したりして操作することではなく、まずは、自分が何を感じているかをそのまま認識し、その思いや感情の生まれている発生源を理解することです。

あなた自身があるがままに思いや感情を認識すれば、それはほどけて、その根源にある原因も明らかにしてくれます。

たとえば、あなたが恐れているときには恐れている自分を、
あなたが悲しんでいるときには悲しいと感じている自分を、
あなたが怒りを覚えたときには怒りを覚えている自分を、
まず、そのままに認識することが大切です。

「ポジティブなあり方」を目指している人によくあることですが、ここで、感情、感覚、思いなどを抑圧したり、素通りしたり、「なくそう」としても、それらは表面上隠されるだけで、消えることはありません。

自分の内から自然に湧いているものを、なぜ、そんな風にしてかき消そうとするかというと、自分の感じていることや思いを「悪いもの・ネガティブなもの」と見なして、恐れているからです。

つまり、もし、そこに意識を向けると、火に油を注ぐように“悪い思い”が現実になって、パワーを増大させて、自分より力を持ってしまう…と考えているのです。

でも、それはあなたの中にあってあなた自身がコントロールしているので、本当はそのような「あなたの意識外の暴走」は起こりません。
あなた自身が、あなたの意識の「指揮者」なのですから。

あなたには、「自分の意識を向けたい方向へ向ける力」があります。
あたかも自分の内にある思いや感情があなたの手を離れて、コントロールできていないように感じていないときですら、実は、その状態を「指揮」しているのは、あなたです。

このことが実感できない方も、「そうなんだ。そんな底力が自分にはあるんだなぁ」と思ってみると良いでしょう。

なぜなら、あなたが「自分を信頼する余地」を作れば作るほど、その力はスムーズに働くことができるからです。

あなたの中でその自己信頼感が強くなればなるほど、「状況」や「行動」の部分は自動的に、あなたにとってうまく働く方法やあり方を形作って見せてくれます。

ひとりでに、ちょうどいい形や展開をとってみせてくれるのです。
それは自分が予測して思い描き、絞り出すアイディアよりも「奇跡的」ですらあるでしょう。

このことを実際に体験すればするほど、
あなたの仕事は物理次元の状況をコントロールすることではなく、自分の内側にある心の流れに沿っていくことなのだ、という理解が深まっていくことになるでしょう。

ですから、あなたの意識の力と、そこにある流れを信頼しましょう。
どんな思い、感情、感覚があなたの中に発見できても、それを恐れて「これは良い・悪い」とジャッジする代わりに、まずは今それが起きている自分の内の状況をそのまま認めるのです。

恐れがあるとき、あなたは内から湧くものを自ら食い止めます。
恐れを認め、それを理解したとき、あなたは内から湧くものと共に、次の展開へと流れていくことができます。


6/3(土)講座のお申込み受付中です。
テーマは「死への理解を深める」。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

beats-and-love.hatenablog.com

ランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「お申込みのご案内」
「個人セッションについて」 

 

Andre Millan君に癒される(犬のApollo君と一緒のメッセージ翻訳)

春をスキップしてもう夏になっちゃったの?という雰囲気の日が続きますね。
春がとても短かったような気がするけど、どうなのか。

私がこれを書いているときはTGI FRIDAY, 花金っていうことで、読む方もチラックスして読んでくだされば幸い(Chillax…chill outと relaxをかけ合わせた、くつろぐことのスラング)。
そしてこういった文章は、鼻もちならない英語ミックス表現かと思いきや、ルー語のようにも読めるところに注目するとよいでしょう。

今回はゆるめの話題で、私がそのエネルギーに感銘を受け好んでいる、Andre Millan君の素敵なインスタグラムも翻訳します。ツボが合う方には癒し要素満載の記事です。

アンドレ君は、有名なドッグ・トレーナー、シーザー・ミランさんのご長男です。
シーザー・ミランについての過去記事もありますよ。
「シーザー・ミランを熱く語る~犬は今を生きている」

beats-and-love.hatenablog.com

アンドレ君がシーザーと共に出演している番組やインタビュー、はたまたアンドレ君が主役の番組の動画をネットで見て以来、「な、なんと素敵なエネルギー…!」と、驚嘆しつつ感銘を受けていた私でした。
見る人が見たらわかると思うのですが(というか共鳴する人にとっては、という意味でね)、彼のエネルギー、キラッキラなんですよね!

スピリチュアル界ではよく、エネルギーの特徴によって、「ホニャララ・チルドレン」と分類していますが(インディゴとかクリスタルとかレインボーとかね)、彼はその基準を借りればクリスタルの要素が強めですね。

実はアンドレ君が13才のとき、シーザーの番組「Dog Whisperer」で、シーザーが殺処分寸前のロットワイラーをリハビリしたときの回に出演していたのを私はたまたま見ていて(テレビはないのでインターネットの動画で)、そのときからとても印象に残ってはいたのです。
その回の動画は後で紹介しますね。

そんな、私大注目のアンドレ君のインスタグラムを今日覗いてみたら、現地時間の今週火曜日にこんなメッセージとお写真を載せていました。(リンク先ではメッセージも表示されます)

この写真に写っているロットワイラーが、前述の回のときの「Apollo君」なのです。
番組では、危険な犬とされていたアポロをシーザーが自宅へ預かりリハビリした後、アポロと深い絆で結ばれていた息子のアンドレへ、「今日からアポロはきみの犬だよ。しっかり責任を持つんだよ。」と伝え、アポロを引き取って家族の一員として迎え入れたのでした。

そのときのエピソードは多くの人の心に残ったようで、アンドレ君の今回の投稿ではアポロ君の現在にふれながら、このように述べています。

(以下、投稿メッセージを翻訳します)

「毎日動物に囲まれていることは、成長への一歩であり、毎回異なる学びの体験であると思う。みんなにいつも、僕が『アポロをまだ飼っていて、アポロは健康で大丈夫なのかどうか』を尋ねられる。アポロは、プリンセス・シュガー・プラム(=シュガープラム姫。写真に一緒に写っている白いパグ)という名前の美しいパグのお兄さん役で、彼女に群れ(pack)の一員としての概念やルールを全て教えているよ。聞くこと、穏やかでいること、リラックスすることを通して、たくさんの可能性が開かれることを示してあげているんだ。

アポロは、僕に一番近い性格の『犬バージョン』なんだ。誠実で、探究心があって、幸せで、楽しいことが大好きで、寛大だ。
僕はどうして、この心優しく愛情深い上に100%誠実な2匹の“先生”を運命によって授かることができたのか、気づくといつも考えながら眠りについているよ。

今日も、誰かにとってはただの繰り返される火曜日にすぎないかもしれないけど、僕にとっては毎日が犬たちだけでなく全ての動物たちへの感謝の日だ。
僕たちみんなが『ドッグ・ネーション(※シーザーミランの番組名でもある)』の一員だからといって、この美しい地球を共有している他の生物たちを除外するということにはならない。毎日異なる種類の先生(※生物たちを指す)の存在を目にすることそのものが、恵みだよね。地球を、ひとつの生態系でいっせいに助けているんだよ。<たくさんの生物たちの絵文字>」

(メッセージと翻訳、終わり)

……泣きそうになるんですけど!
こんなことを言ってくれる人がいて、とってもうれしいんですけど!!

私はアンドレ君を見ていると、憚りながら同志を見つけた感じというか、「生きるって良いことだなぁ」と、しみじみ思えるんです。
そして背筋がすっと伸びるような、「自分も、自分のやることをやるぞ」という心新たな気持ちになります。

ロットワイラーのアポロ君の現在を知ることもできて、とってもうれしい投稿でした。


アポロ君の回の動画は、 残念ながら私が見た頃のような画質の良いフルバージョンは残っていませんが、いくつか見つけたのでここに掲載しておきます。
日本でも放送されていたようなので、番組を視聴していた方の中には、覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

アポロ君の回、導入部(英語)

 

シーザーの番組出演者(と犬)を募るオーディションに、明日殺処分されてしまうというロットワイラーのアポロを保護している応募者がやって来ます。 
アポロはある種の男性に対してとても攻撃的なのですが、一度心を開くと、人懐っこく愛にあふれた性格なのでした。すでに自宅にいっぱいの動物を引き取って育てている応募者のブリ―さんは、そんなアポロを救いたくて、シーザーの番組に助けを求めたのです。
保護施設での10ヶ月の期間を経た後も引き取り手が見つからなかったアポロは、安楽死させられてしまうところでした。
2000人の応募者の中で、「これが最後のチャンス」と訴えるブリ―さんたち。アポロは何らかの形で男性に虐待されていたか、ひどい扱いを受けていたために、怯えて攻撃的になってしまったに違いないのです。

訴えを聞いて、番組のスタッフが何かできることをすると約束し、安楽死は実行しないようにと伝えたのが、ここまで。

そして続きも含むフルバージョンは、英語ではない言語のものしかありませんでした。

 
異国語の吹き替えになっていて字幕もないので、一度も見たことがない方には厳しいかな…。
13才のアンドレ君も出てきます。
シーザーがアポロをリハビリするほか、ブリーさんのことも指導します。
エネルギーのお話など、毎回のことながら素晴らしいですね。

日本のテレビで放送されていた様子を2部に分けてアップしてくださっている方がいたので、そちらも載せておきます。画質はあまり良くないのですが、日本語で、字幕もあるので内容がわかると思います。

 

 

「2」の方の動画の5分41秒からアンドレ君のお話が登場します。
アポロのことが大好きなアンドレ君。家に帰ってくると毎回、アポロがいるかどうか確かめると言います。
このときは、リハビリを終えた後、アポロはどこか別のところに引き取られると思っているのですが…。

2ヶ月後、里親のもとへ出せるほど穏やかな犬に変わったアポロ。
お別れのときが近いかと思いきや、シーザーは息子のためにビッグ・サプライズを用意していました。

次男のカルヴィン君が、やはり攻撃的だったはずのチワワ、ココと一目会ったときから惹かれ合ったように、シーザーはアポロがアンドレ君の犬であると、その相性を見抜いていました。しかもかつてアンドレ君は、13頭のロットワイラーに囲まれて育ってもいたのです!

6分54秒からは、シーザーがアンドレ君を呼び出して、アポロをアンドレ君の犬にすると発表する場面。アンドレ君が家から出てくると、早速犬たちがうれしそうに寄って行くのですねー。
このとき、シーザーの家には25匹の犬がいたそう。それでも犬がほしいと願っていたというアンドレ君もすごいですね!

アポロは今日からきみの犬だよ、と知らされたときのアンドレ君のよろこびが、かわいい! 画面ごしでも気持ちが伝わってきます。本当、このシーンはとっても心に残っていました。
アンドレ君がアポロの飼い主になることを、声に出して宣誓させるシーザー。言葉に正直さや統合性、誠実さを持つよう教えるところも素敵ですね。

☆☆☆

新しい世代の子たちは、どんどんそのエネルギーの特徴も変わっていきますが、スピリチュアルな観点からは、私にとっては未来はとても明るいものと感じます。

また、インターネットなどで世界の距離がぐっと縮まり、直接知るはずのない人のメッセージも届きやすくなったり、身近に感じやすくなったりしたことは大きいですね。
そこに場所や世代は関係ないですものね。

この記事もまた、誰かの心を明るくしますよう。


ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「セッションについて」
「お申込みのご案内」

6月3日(土)の講座へのご参加お申込み受付中です。
今回のテーマは「死への理解を深める」。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.