BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

会話形式、いってみよー。

ここまでで感想。 私の記事、長ぇよ… ガクリ

というわけで! 今日は趣向を変えて、会話形式にしてみます。

よく「ぐるぐる」思考にはまってしまうvanillatreeさんと、
その中に存在するハイヤー( higher )なあのお方。

誰の中にも存在する崇高な自己、
いわゆるハイヤーなセルフ(Self)さんとのある日の会話です。

もちろん、どちらもれっきとした自分ですから宜しく!

ただし、ハイヤーなセルフはインスピレーションに限りなく近いため、
言葉そのもので語っているとは限らず、
映像(←これけっこう多いですね)、ひらめき、
いわゆる気づきのような形でやってきます。


v.t = vanillatree
H = higher Self

vanillatree、あることでぐるぐると思考にはまっている。

H:
 (唐突に)
この世界には love (愛)call for love (愛を求める呼び声)か、
しかないんだよ。コース
で勉強したじゃん。

(※A Course in Miracles のこと。 翻訳が出る前、英語版の本で学習したため、
文中に出てくる日本語表現は私の解釈による意訳です。)

v.t: わかっとるわぁー!うるさいなぁ~(半泣き)

H: ほんとにわかってる?
  
v.t:  ……。

H:  わかってたら、真実(事実)はどうなんだろう、と考え続けるのは無意味だよ。
   だって、そこに何があろうが関係なく、イノセントでいられるわけだから。
  
v.t: あっ…。

H:  この世界では、イノセントでいられる者が一番強いんだよ。
   何が見えようと、すべて見透かして( see through )、
   相手のイノセントだけを見ることができるのだから。

   他人からみてどんな状況に見えようが、関係ない。
   本人は澄んだ心で、ゆったりと幸福を享受している。
  
v.t:  ええと、イノセントな者は無敵…。どんな悪意も素通りしてしまうだけ。
   
   愛しか見ていない者にとって、愛が足りない状態から起こった行為は、
   さらに愛を注ぐ(呼び起こす)ための出来事にすぎない。
   それどころか、愛だけに視点を固定することができれば、
   何も起こってすらいない
んだ。 

   そうだった!


※「innocent」という言葉は、そのままカタカナで「イノセント」としましたが、
一応補足しておくと、「純粋無垢、罪のない状態」ということです。


…私たちは、様々な事実に直面することがあります。

そのとき、この世界に「純粋な悪意」というものがあると考えるか、
ただ「愛」と「愛の不足(愛を求める叫び)」があるだけと考えるかで、
世界観が大きく違ってきます。

同時に、感情をいうものを抑圧したくなるときがあるかと思いますが、
感情もまた、じっと見つめることで、
「愛」をどのように体験しているかを教えてくれる指針となります。


次の記事では、そんな世界観で過去に書いた自作の物語をアップ
↑ 準備しているうち、それより今回の記事をもっと追っていきたくなりました。
予定変更して、次回も引き続き同じテーマを深めていきます。


↓応援どうぞよろしく。

人気ブログランキングへ




広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.