読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

いびつであることの愛しさ・続き ~罪悪感~

癒し

前回の記事「いびつであることの愛しさ」のつづきです。

では、それができないとき、
人をありのままで認められないときはどうなのでしょうか?


まず気づくのは、人を批判しているときは、
必ず自分を批判しているということです。

人を裁いているとき、
本当はその人ではなく、
自分の中にある要素を裁いています。

自分がこうだったらいやだ!それではだめだ!…
と感じている要素を他人の中に見たとき、
相手を心の中で攻撃(非難)し始めることに気づいたことはありませんか?

それはつまり、見たくないものを見たということではないでしょうか?


もし、自分の中に100%罪を感じていない人間がいたとしたら、
はたして、外に「罪」を認めることができるのでしょうか。


「罪」ってなんなのでしょう?
これは罪だと、その判断を下しているのは、でしょう?
そしてその判断は、何に基づいているのでしょうか?


自分の感じる「罪悪感」も含め、
罪は学習され受け継がれてきたものではないですか?


私たちには、傷ついたと感じるたびに、
心を閉じるのではなく、開くという選択があります。
「外の罪」を攻撃する代わりに、自分の中の罪悪感を癒すという選択があります。

傷ついた、憤りを感じた、誰かを非難している…ということは、
ひそかに「罪」だと信じて、自分の内へ閉じ込めていたものを、
出来事として光にさらしたのだということです。

逃げずによく見つめてください。
見れば、もう、そこから自由になれます。

今までどんなに固定された視点からものごとを眺めていたか、知る機会です。

罪と錯覚していたものを解放し、に帰してあげるチャンスです。




応援ありがとうございます↓
人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.