BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

俵太くん

言葉にするのがむずかしいけれど書いてみます。

こちらのブログでもお気に入り登録している、
ブログ「俵太」の、イワリスの俵太くんが亡くなりました。

くわしい記事です 「俵太先生、天国へ」

更新を楽しみにしている、大好きなブログでした。
私が俵太くんを知ったきっかけは、この動画です↓
「おにぎりが大好きなリス」
(再生後、他の動画も表示されます。ぜひ色々見てみてください♪)





昨年の2月、家族として10年間過ごした大好きなうさぎが亡くなり、
どうしても悲しくてたまらなかった頃、
偶然見た、動物とは全然関係のないブログ記事にこの動画が貼ってあって、
何かが引き合わせてくれたかのように俵太くんを知ることができました。

その頃ですでに俵太くんはけっこうなご長寿だったのですが、
目がきらきらしていて、表情豊かで、
その姿を眺めているだけでどれだけ元気をもらったかわかりません。

ブログを読むようになると、俵太くんと暮らすブログ作者のマロさんも、
マロさんのご家族も、魅力あふれる方たちだということが伝わってきました。

俵太くんのかわいさはもちろん、
俵太くんに向けられる愛情、まなざし、
彼を取り巻く生活(作者マロさんの生活)そのものから漂ってくるあたたかさに、
どれだけ多くの人が恩恵を受けたでしょうか。

ブログを読んでいた方ならきっとわかる、
俵太くんというかわいいリスを通して伝えられる励まし、
外にまで広がっていく愛情、
いつもそういう一貫した姿勢を感じ取ることができました。


個人的には、私も小学生の頃から何年間かシマリスを飼っていた経験があり、
リスに対するなつかしさと、
(ああ、よくこういう仕草するよね!とか、この動き、リスらしいなぁ!とか)
うさぎが生きていた頃の色んな場面を思い出すのと、
(俵太くん同様とてもなついていたので、表情を見ると思い出すんです)
どちらもあわせ持って、俵太くんを見るのが豊かな体験になりました。

このブログにときどき登場している仲のよい妹にもすぐに教えて、
妹もすっかりファンでした。

つい先日も、台風が近付いてきていたので、
(記事によると、高齢の俵太くんは台風で体調を崩すことが多かったため、)
俵太くんは大丈夫かな?と言いながら、
一緒に過去記事を振り返ったりしていました。


もう十分長く、元気な姿を見せてくれた俵太くんだけど、
亡くなったと知ったときには、胸が一杯になり、
さみしさ、悲しさがあふれてきました。

いち読者である私でこうなのだから、
毎日、俵太くんとともに暮らしていたマロさんご夫婦のお気持ちを考えると…。
なのに、亡くなったお知らせの記事も、動画や写真をまじえ、
俵太くんとの思い出を振り返ることのできる丁寧なものをアップしてくださって…
読者として感謝、そして尊敬の気持ちでいっぱいです。


これも私的な話ですが、先月末には、
よく遊びに行っていた友人宅の猫ちゃんも亡くなったと連絡を受けました。
最後に会ったとき元気だったので、私にとっては突然、という思いでした。

とても人見知りな猫ちゃんだったのですが、
心をゆるしてくれたのか、お茶目な姿をたくさん見せてくれました。
私と友人が深夜まで話しこんで「ガールズトーク」していると、
その中に一員として参加している風情だったり(女の子の猫なんです)。
普段あまりしないらしいのですが、2人が食べたり飲んだりしているものには、
必ず興味を持って口をつけてみたり。いい思い出です。

俵太くん以外のイワリスさんも最近続けて亡くなっているそうで、マロさんが、
「日本全体の地震多発などによる磁場の乱れの影響もあるのではないか」
と記事に書いていました。
もしかしたら、動物たちにとってはしんどい時期に当たっているのかもしれません。
私たちより体も小さく、エネルギーにも敏感なはずですから。

旅立っていった動物のみんなに、
何より言いたい言葉は「ありがとう」なのだけど、
あのお顔、きらきらした目、しぐさ、ふわふわであったかい手ざわり、走るときの音…
ふれられない、ここにはないと感じることが、とてもさみしいのは仕方がないね。

1年半を過ぎても、夢の中で不意に、大好きなうさぎの、
いつも遊んでいたリビングのフローリングの床を

カッシャン、カッシャン、

と、あのうさぎ走りでやってくるなつかしい足音をきいたとき、
私は泣いてしまいましたもの。もう一度聞きたい、愛しい音。

心の中にいてくれること、
一緒に過ごした時間、
大好きな気持ち、

全部なくならないけど…。


俵太くん、今までどうもありがとうね。
ブログを通して見ていた私たちも、本当に本当に楽しかったよ。


俵太くんとの暮らし、まだご覧になったことのない方は、
過去記事からぜひご覧になってみてくださいね。

☆俵太くんのブログ 「俵太」
☆マロさんのブログ 「喋るヒト。」


↓どこにいても、ずっと大好き!!
人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.