BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

秋の夜長にご来客っ!

引き続き眠気にふんわり包まれているvanillatreeです☆

それでもブログを書こうと昨夜、パソコンに向かって作業を始めたら、

5、6行書いたところで、何もしてないのに

ぱぁ……っと文章がきれいに消えてなくなりました。 (人´∀`).☆.。.:*・

で、「今日は寝よう!」と、ブログ更新は止めにしたのですが、

その後も結局なんだかんだで起き続け、

夜も更けてからようやく、

「さあ、今度こそ寝るか!」と思ってふと壁を見ると…。

いらっしゃった。虫さんが。

はい、思わぬ御来客~!

ちょうど寝るとき頭側に来る方の壁に!

体だけで3センチはある、ジャンプ力の強そうな脚をお持ちの虫さん…。

体毛も立派にお体を包んでいらっしゃって…。

わぁ、ウエストもなかなか太いようで!

何よりも立派なのは触覚ですね!!

長~くて、体の2倍ほどもあって……体の2倍も…

なんだか嘘みたい☆思わず見直してしまうよね!

…ガーン…ガーン

こんな大きな虫様のお膝元で、私めに気にせず眠れと??

虫が苦手の私に??

うわーん!!

すでに深く安眠している家族を起こすわけにもいかず、

かといってこのまま同じ部屋の中で放っておける度胸はない。

殺虫剤をまくのもいやだ…

よくわかんないけど、なんとなく秋の虫さん?って感じがするし、

この大きさの虫では、たぶん暴れる。見るのもつらい。

そこで、ガラスのコップと用紙(2つ折りで補強)を用意、

決死の捕獲、大作戦!!

懸念すべきポイントは、虫さんの触覚が長すぎて(本当に長かったんだ!)、

コップに入らないかもしれない…というところでした。

虫が苦手でない人は、たかだかそのくらいで、と思うでしょう。┐(´ー`)┌

しかーし!!ガラスのコップを虫さんにかぶせるだけで大緊張!!

万が一、コップから逸れたところで虫さんが跳ねようものなら、

速攻挫折しかねない!!

サッ!!

最初、触覚側からかぶせようとしたところ、

ゆらり

と、その長い触角を、「何かな?」という様子で緩慢に動かしてくださったので、

気づかれては一大事と、後ろ側からチャレンジ!

それが功を奏したのか、なんとか無事にコップをかぶせることはできたものの、

やはり虫さん、中でばったんばったん大暴れ!!

内心逃げ出したい気持ちの私は、コップの口をしっかり壁に当てたまま、

横から慎重に紙を差し込み、その紙を手で押さえながらコップをずらし、

壁からはなーす!生け捕り!!

(コップをふさいでいる手の平には、

薄い紙ごしに虫さんのジャンプの振動が激しく伝わっております)(o^∇^o)ノ

ひぃぃぃぃぃぃい。

必死になった私は、草木も眠るうしみつどきだというのに、

あらかじめ開けておいた窓に向かいながら、大きな声で、

「だいじょうぶ!!すぐだってば。大丈夫だからっ。ほら、おりこうっ!!

と、あばれる虫に叫び、窓の外へ思いきり手を伸ばすと、

コップから紙を離して、虫を窓の外に放った…。

外も家の中もしーんとしていて、誰もつっこんでくれるものはいなかった…。星空

涼しい気候だというのに、かるく汗をかきながらドキドキ

しっかりと窓をしめた私であります。ヽ(=´▽`=)ノ

達成感……なんだか弱い笑みまで浮かべて?

思えばひとり暮らしの頃、その気ままな生活が気に入っていたが、

虫が出たときだけ真剣に、

一刻も早く結婚しよう

と、毎回毎回、強く思ったものである。

(そんな理由で結婚を決められちゃたまらない気もするが、

この気持ち、賛同してくれる人はけっこう多そうだ。

男性側も虫が苦手だとしたら??2人で立ち向かえば大丈夫!多分。)

あ、スピリチュアルな試みという面をお話ししますと、

苦手な虫さんに遭遇したときでも、まずは、

「テレパシーでお話しできないかしら☆」

と、心の中で、あるいは口に出して、がんばってはみるんです。

「ねえ、ここではなくてあちらへ行ってくださらない?

窓は開けておくわ。」

みたいなね!

でも、まだうまくいったためしがありませんの。

そんなわけで、全国の、虫が苦手なひとり暮らしの皆さん!

vanillatreeは、あなたを心から応援しますビックリマークキラキラ

応援のクリックを…↓

人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.