BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

空(くう)について、補足☆

関東は、今日はまた、暑いくらいでしたね!

今日は今日で書きたい記事もあるのですが、
その前に、昨日アップした空(くう)についてを、補足してみます。


あれをアップした後、「空(くう)」という言葉の定義について、
すこし考えるところがあったんですね。

私が、記事の中で使った「空」という言葉は、
きっと
「無我の境地」とはイコールだし、
描写したかった内容は、言いかえれば
「絶対存在(実在)」についてなんです。

だから、その定義で「空」という言葉を使っていると、
それをただの「無」だとか「虚無」、
英語で訳すところの「nothingness」みたいな表現にしてしまったら、
ちょっと誤解を与えるのではないかなぁ、と思っているわけです。

それで、この点を明確にするためにも、
真実は、真実なので、真実である
という記事からふれていた、ものの見方をこの機会にまとめることで、
「空」がさらにわかりやすく説明できるかな、と考えました。

問題は、「空」という言葉が、どこを指しているか、の定義なのですがね…。


私が言いたいのはこういうことです。

絶対存在(実在・リアリティー・ゼロ)記事では、これ自体を空と呼びました


私たちが現実と思っている世界(個のある世界)


これは、このように説明することができる。

絶対存在(実在・リアリティー・ゼロ)
↓   ↓
↓※絶対存在・実在の目から見れば、個の世界は存在していない
↓ ヴァーチャルである
↓   ↓
私たちが現実と思っている世界(個のある世界)

もしかしたら、空について「無」という表現をする人たちは、
この上の図の
赤文字のところを指して、
「この世界は実在では無いよ」という意味で「無」と言っているのかな?
と、考察してみた次第です。

いずれにせよ、読者の方に内容がクリアーに伝わってくれればいいのですが。


さて、ここからは、さらに突っ込んだ説明をしますね。
ちょうど私はアメブロを使っているので、
ピグちゃんをたとえにお話ししてみます。

ピグって何か、ご存知ですか?
私もアメブロを利用するまではよく知りませんでしたが、
このブログでもプロフィール画像に表示している、自分で作れるキャラクターです。

ピグの世界の中には自分のお部屋をはじめ、色んなエリアがあり、
移動ができることはもちろん、お買い物をしたり、イベントがあったり、
人と交流したりできるようです。つまり、ヴァーチャル空間ですね。

インターネットが普及してから、こういうゲームは増えました。

これがまさに、いいたとえになるのです。
私たちにとって、ピグは明らかに仮想の空間ですよね。

私たち(個のある世界)

ピグちゃんたちの世界(ヴァーチャル)

これを、さっきの図にあてはめて考えてみてください。

絶対存在・実在

個のある世界

ピグちゃんたちの世界

さて、この中で、
「私」はどこに属しているのでしょう??


ピグちゃんたちの世界だと答える人はいないでしょう。
ゲームだと知っているからです。

では、ちょっと考えてみてください。
何かあって、アメブロがピグのサービスを廃止したとします。
インターネットから、ピグちゃんたちの世界がなくなるとします。

ピグちゃんたちの姿をオンライン上で見ることは、もうできません。

でも、人が作ったものであった以上、ピグちゃんたちの世界は、
アイディアとして誰かの頭に入っている、とは言えますよね?

また、ピグを操作して遊んでいた1人1人はどうでしょう?
消えてなくなりますか?

そんなはずはありませんよね。
ピグのサービスが停止して、ピグというキャラクターが消えたとしても、
操作していた個人はみんな、変わらず生きています。


実は、私たちのこの、個人が存在している現実も、同じです。
当てはめて考えてみてください。
この世界が消えたとしても、「私」は消えることができないのだということを。


ここで重要なのは、
なぜならば、「私」は、
個のある世界に属していないからだ、ということです。

ピグちゃんというキャラクターで遊ぶ私たち現実世界の人間が存在するように、
私たちのこの世界もまた、実在によって考え出されたヴァーチャル世界です。

「ひとつの存在が考え出したアイディア」が元なのです。

私たちの、この世界での決定的な思い込みは、

絶対存在・実在

個のある世界 ←これが「現実」で、これが「私」だと思っていることです!!


そうではありません。あなたは、私は、この「身体」ではありません。
この世のキャラクターではありません。
「私」は実在しているプレーヤー。その一者なのです。

どんなにこの世界をリアルに体験しようが、
本当のアイデンティティは、このキャラクターとイコールではないのです。

今の状態は、ピグちゃんで遊んでいるうちに、そちらが自分だと錯覚して、
キャラクターに同一化してしまったようなものです。


実在である「私」は、「存在しなくなる」ことができません。
「無になる」ことができないのです。


☆☆☆

締めくくりに余談です。ハート
ピグの基本機能で、「グッピグ」というのがあることを最近知りました(笑)。

街などで誰かと出会ったときに、「すてきなピグですね☆」
という意味でクリックする、あいさつ機能だそうです。

それを、この世界に置き換えて想像してみました。

私たち1人1人の、それぞれのキャラクター。
身体を含めた、人生のあらゆる設定。

皆さん、本当に「グッピグ☆」ですね
、と、
お互い、すれ違いざまに、素直にほめ讃え合うことができたら。

この世界を、クリエイティブなすばらしいアイディアと知って、
笑って、心から楽しむことができたら…。

これは、夢のようなお話でしょうか??


↓クリック大感謝!
人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.