BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

レット・イット・ビー☆

昨日、「エンパス(共感能力者)」をテーマに記事を書いてみたんだけど、
読み返して、

う~ん。(…考える人のポーズで。)

「絶え間ない浄化」的な働きを強調しすぎると、
なんだか特別なことをしなければならないみたいで、
読み方によっては、肩の力が入ってしまう気がするなぁ。

…と思ったので、


あれはあれとして、
今日はもっと
楽ちんバージョンで説明しますね。

根柢にあるものは同じ考え、なのですが。


☆☆☆

昨日のお話では、前提として細かく説明しませんでしたが、
エンパスは、自分個人の感情のみならず、
まわりの人や場のエネルギーなど、色々感じます。

だから、人の感情がわっと自分の中に突然入ってきたり、
電車で近くにいる人の気分が伝わってきたり、します。
人の体調を一緒に感じることもあります。


そんなとき、
昨日の記事のように意識的に
「Holy Spiritにお任せ」
することで浄化するバージョンもあれば、

「レット・イット・ビー(Let it be)」
という方法もあります。

これも同じく「信頼」がキーなのですが、要は、

「好きなようにおやりなさい!」

という心の態度のことなのです。


何を感じても、
人が怒ってても、悲しんでいても、痛くっても…
自分がそれに気づいたとき、感じたとき、

「どうぞ!レット・イット・ビー!」

と、両手を広げちゃう。


怒りたい人、どうぞ!
痛みたいところ、どうぞ!

全部、やりたいようにどうぞ!

と、許可してしまうのです。


そう、別に、それで、
かまわない!ということです。

それって、無慈悲じゃないんですよ。
NOT 無慈悲!!

そうじゃなくて、大丈夫だってほんとに100%信頼してるから
放っておいちゃうってことです。

つまり、
幻想に加担しない、ということなんですね。


コースに、「I need do nothing.」という言葉が出てくるのですが、
(「私は何もする必要がない」)

実際、信頼100%になったら、態度はこうなると思います。
(後日ちょっとこの点、補足しました→こちらの記事


☆☆☆

それで、とても大切な話なのだけど、
「親切心」すらエゴなことがあります。

エゴというのは、「善いというコンセプトも持っているから。
(もちろん反対側には「悪い」があるのです。)

その、自分が思う「よいこと」に基づいて、
「世界が思い通りになってほしい」と常に願っています。

自分の中で、すべての人、物、状況に対して、
「こうなってほしい」というシナリオがあり、
それぞれの役割を決めて、ひそかに押し付けているんです。

そして、その通りでなければ気に入らない。

そう、
エゴは神を演じたい
世界は私の思い通り♪な状態にしたいのだ…。


今日紹介しているこの方法では、
それをただ、思いきりよく「捨てる」ということを言っているのです。

だって、エゴの自分は、全然神じゃないからね。


だから、

苦しんでほしくないとか、
悲しんでほしくないとか、
もっと癒されててほしいとか、

ここはこうであってほしくないとか、
もっとこうであってほしいのに~とか、

そういうのを全部、
「いいよ!みんな、好きにしていいよ~!」
って、手を放す。

世界を、自分の着せた役割から、自由にしてあげる。
これが、レット・イット・ビーです。

(※結局、昨日の話と本質は同じになるの、わかりますよね!)


すると、ただただ「愛しさ」が残るというわけです。


なぜならこれは、「でっかい目線」だからです。

人間が、キュートでたまらない小動物を見て、
彼らが何をしていても、「かわいいなぁ~こいつぅ!…」
と、ただただ愛しく思ってしまう。

たとえるならば、そのときのような状態です。
(↑これと同じ表現、以前『バシャール』の対談本で読んだことがあるのだけど、
本当、まさにそういう感じなんです。)


☆☆☆

「浄化」をするといっても、
何も「地球救命24時!」みたいな意識でいなきゃいけないわけではなくって(笑)、

あまりにもそれは自然なことで、普通にできるよ、
それがお伝えしたくて…今日は「レット・イット・ビー」の心を書いてみましたハート


私達、超キュート。↓

人気ブログランキングへ



広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.