BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

「創造」と「作り上げること」の違い

以前、「コースの世界観」という記事で、
この世界のなりたちについて、
『A Course in Miracles』で学んだことをもとに簡潔に表してみました。

あれだけでは不十分なので、

今日は、私が学んできて、
「ここがわかっているか、いないかの違いはとても大きい!」
と思った大切なポイントに焦点をあて、説明します。


まず、順を追って…

ここでは、コースに出てくる表現を利用しながら説明するので、
「神」という言葉を使います。

ただ、一般にありふれた擬人化された神のイメージは捨ててください。
つまり、人間のつくりあげた神ではありません。

「絶対存在」「実在」「みなもと(源)」などの言葉は、
神を説明する表現としてはわかりやすいものだと思います。


さて、

すべては、神の中で起こっています。
神の外というものは、存在しません。

神(Creator クリエイター・創造者)の思考から、
神の子が生まれました。

ここからは、図を先に示します。


神(クリエイター)
↓ 思考

神の子(神の愛・創造的な性質を受け継ぐ)
↓ 思考<夢>※
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓…
神の子(複数・分離した個の体験)

※夢の性質(2種類)
◆「純粋な夢」は、神の子の創造(creating)であり、
神の性質を受け継ぐものである。
◆「妄想の夢」は、エゴの作り上げたもの(making)であり、
夢の中で、さらなる分離を生みだしている。



この図を見るとわかっていただけると思うのですが、
私たちの見ている世界というのは、
神の直接の創造ではありません

神の性質を受け継ぐ神の子の創造した世界(夢)です。

まず、ここがひとつめの大切なポイントです。
この世界の夢を見ているのは、神ではなく「神の子」です。


神の子は、本来ひとつの存在です。

創造が繰り返されて、夢の中の登場人物になりきっても、
神の子であることは変わらないし、
神の性質は受け継がれたままです。

ただ、分離という体験をする夢の世界の中では、創造だけではなく、
作り上げること」も起こりました。

いわゆる、妄想です。

もともと夢の世界ですから、
夢の中の分離した自分を体験している神の子は、
そのリアリティーにおいて、それらの区別ができなくなってしまったのです。

妄想は、夢から覚めた神の子純粋な目からすれば、
まったく実在していませんが、
夢の世界のリアリティーにおいては、
あたかも存在しているかのように感じられます。

この混乱を収束させる道しるべとして、
本来の神の子の姿を皆が思い出せるように、
唯一の神の子」の意識のまま、この世界に参加したのが、
コースの中ではイエス(Jesus)であると述べられています。


☆☆☆

コースでは、
この、神の子の「創造」と、「作り上げ」の違いを、
create make という言葉で明確に区別しています。


私たちは、神のマインドの中で、
やはり「材料(mind マインド)」を使い、
神の性質を受け継いでいるために、絶え間なく「創造」しています。

しかし、
神の子の本質を含む創造と、
神の子の本質を含まない、虚の創造(作り上げ)
が、あるということです。


そこには、れっきとしたリアリティーの差があります。

これが認識できないと、

いくら、「この世界は自分の思考が作っている」

という精神世界の黄金律みたいなものを理解したとしても、
さらなるカオスを呼び込むもとになってしまいかねません。


そして、

ものごとの正当な判断は、この「夢」の世界にいる限り、
夢の世界の外にいるもの(内なる神性・Holy Spirit)
に、ゆだねなければ、できません。

どちらも自分であるとはいえ、
明確に、役割が、違うのです。

母船と、探査船のようなもの、といえばいいでしょうか。
見ている位置が、違うのです。


☆☆☆

今日はここまでにします!

繰り返しになりますが、
私は、今回書いた内容は、非常に重要なポイントだと思っています。

これが理解できれば、癒しは起こらざるをえないからです。キラキラ☆

だから、めぐりあってこれを読んでくれた人に、
内容がクリアーに伝わることを願ってます。ハート

わかりにくいところがあったらコメント欄でお尋ねくださいね。


↓読んでくれて感謝!!
人気ブログランキングへ



広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.