BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

神の知らないこと

本日2度目の更新です。

というのも、今朝書いた
「創造」と「作り上げること」の違い
を読んでもらったら、一緒に、

どうしてもこれを説明せねばなるまい!
ということがあることに、気づいたから。

忘れないように、引き続き、書いてしまいます。

まだ読んでない方は、先に前記事を読んでから、
こちらをどうぞ。


☆☆☆

前の記事に書いた通り、私たちが体験しているのは、
神の世界ではなく、神の子が創造している世界です。

神の性質を受け継ぐ、神の子のしている「遊び」です。


では、それと同時に、
すべてが神の中で起こっているとはどういうことでしょうか。

それは、言い換えるならば、

神は、神の子の「遊び」を知っていて、
遊ぶことを許可してくださっている
ということです。


神は「すべて」なので、神の外で起こるものなどありません。
神の子は、神の中で、神からいただいた材料を使って遊んでいるのです。


ただし、神の子の「遊び」の詳細について、神は知りません
だって、神の子の遊びそのものが、ヴァーチャル(夢)だからです。

つまり、

神の目からすれば、神の子が夢を見ていようと、
その姿は唯一の神の子(神のひとりご)のままであり、
夢の内容である“分離した神の子”は見えないのです。


ただし、

神の子の夢の中で、「恐怖」が生まれ、
夢の中が混乱していることは、知っています

神は、絶対的な愛なので、
神の子が望むなら、どんな遊びも許可するほどに寛大であるし、
同時に、
神の子が助けを求める呼び声をあげれば、いつでも答えてくれます。


だから、子の呼びかけに応え、
Holy Spirit神の世界と神の子の夢の世界の内容、両方を見ることができる者
をつかわし、神の側からの呼びかけを伝える使者として、
神の子が本来の姿を思い出す(遊びをやめたくなった)ときの案内役
となるようにしたのです。


☆☆☆

これが具体的にどういうことか、理解できますか?
私たちにとって大事なところですよ。

まず、

神は、「体」を作っていません。
「死」も、作っていません。

神がつくったのは、「神の子」というスピリットであり、
スピリットは永遠に存在し続けます。


神は、病気をつくっていません。
それは、神の子が創造した「体の世界」での仕組みです。

神は、苦しみもつくっていません。
それも、神の子が創造した「分離の世界」での感覚です。


神が、それらを、私たちに意図したわけではありません。

それらが皆、「神の意思」であると思うことと、
自分のつくった遊びの中で、自分の意思で、体験できていただけなのだ
と知ることとの間には、

あまりに大きな差があるとは思いませんか?


☆☆

えっ!!ちょっと待って?

全部が神の中で起きているならば、
神がすべてであるならば、
そんな風に、神の「知らない領域」があるなんておかしいじゃない!

と、疑問が湧いてきますか?


思い出してください。

この「遊び」が為されているのは、確かに神の中なのです。
神の与えた材料と、神から受け継いだ「創造」という力を使って、
神にゆるされ(許可され)、愛されたまま、神の子がしている遊びなのです。

と同時に、

神が本当に「すべて」であるということは、
「知らないという体験」も含むすべてである、ということです。

それをも含まなくては、神は完全であると言えません。

だから、


すべてである神は、

神の子というスピリット
をつくり、

自分の中で
自由に創造させ、その中へは自ら干渉しないことで、

すべてでありながら、「知らない」という体験のできる領域をつくりました。



☆☆☆

今日のお話は、今度こそ、ここまで(笑)!

いかがでしたでしょうか?
私は、これがわかったとき、パラドックスがほどけたと感じたのですが。


神をどう見るかで、この世界を見つめる目が変わります。
生きる態度も変わってしまいます。

この内容が私のみならず、誰かの琴線にふれるといいなと思います。


応援のクリックを…☆↓
人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.