BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

意識のグラデーション

今日のテーマ「意識のグラデーション」は、
以前書いた記事内で、言葉だけちらっと出したことがあります。
その記事→「すべては終っているのよん」

ようやくこのタイミングで、説明ができるようです(笑)。

昨日の内容と続けてお話ししていきますので、まだの方はこちら。

「創造と作り上げることの違い」
「神の知らないこと」

と、その前に、
上の2つの記事を書いて、お話ししておきたいなと思ったことがあります。


私がこの世界について、自己について見つめていく中で、
様々な体験、発見、学習がありましたが、
「コース」(A Course in Miracles)は、それらをまとめるのに役立ちました。
内容が机上の空論ではなく、実用的だということです。

それで、そこから得たものをお伝えするために、
記事ではよくコースの用語をそのまま使って解説しています。

たとえば昨日、イエス(Jesus)の話を出しましたが、
コースという本は「イエスの声」を書き取ったという前提なので、
イエスのことが当然出てくるのです。
でも、コースの中でさえ、イエス以外にも同じような立場で、
人類の教師になる個人はたくさんいる旨が言及されています。

使われている用語や名前は、表現上のシンボルと受け取ってください。


それともうひとつ、
同時に、

私は私の言葉で、私の直接体験と、インスピレーション
から得たものをお伝えしたいと思っています。
だから、昨日の記事の中でも、コースの用語を使いながらも、
「私自身の解釈と表現」が入っています。

詳細の全部がコースに書いてあることではありません。
でも、コースの内容と矛盾することはひとつもありません。

私の考えとコースの考えが矛盾していたら、
私自身、学習が進められなかったでしょう(笑)。

以上の点をご理解の上、記事を楽しんでいただければ幸いです。


☆☆☆

さて、それでは今日のテーマ「意識のグラデーション」。

ここでいう意識とは、consciousness のことなのですが、
この体が朽ちてなくなっても、「あるもの」だと考えてください。
そういう意味でこの言葉を使って、話をすすめます。


意識には、グラデーションがあります。
つまり、全部ひとつながりになっていて、
その中で、いったりきたりできるということです。

何かの、リュウムつまみを思い描いてください。
リュウム最大(MAX)のときと、最小(MIN)のときがありますね。

それらは続いていて、
途中のボリュウムだけ切り離されて感じられることはないですね。


これを意識にあてはめると、
意識がMAXの状態のとき、ひとつの神の子(ONENESS)。
意識がMINの状態のとき、エゴ。

実は、どちらも同じもののグラデーションです。


☆☆☆

エゴは、ボリュウムを最小限に絞ったときのように、
神の子であることを「忘れた」状態です。

神の子というアイデンティティーを携えた意識を、
最小のところにまで絞ってます。

それゆえ、代わりに、
自己のアイデンティティ別なものに置いています。

そう、この世界では、1人1人がまず「体」においていますね。
私たちはこの世界で、自己と体を同一視しています。


エゴというのは、何か別の世界からきた魔物で、
あなたに「取り憑いて」いるわけではないのです(笑)。

神の子が、遊んでいるうちに、自分がなんであるかを忘れちゃった!
その状態がエゴです。

だから、今現在も、意識が100%の状態にないだけで、
私たちは変わらず神の子です。
最大限に自己の正しいアイデンティティを認識すれば、
ひとつの「神の子」以外に感じようがないわけですが、

ところで、

「神の子」「神」の違いは何なのでしょうか?


昨日の記事からこれ、気になっている方いませんか?
私は、学習の過程でそこがとても気になりましたよ(笑)。

このことを説明するには、今までも記事に書いてきた、
「時間はない」ということや、「動きはない」という説明が、
役に立つかもしれません。


☆☆☆

神とは、全体です。
ひとつの全体、実在であり、そこには動きがありません。
STILLNESS(静寂)と言っていいかと思います。

全部がそこにある。つまり不動です。

神は不動の全体。
すべては神の中にあり、すべてであるものを神という。

一方、

先の記事で、「神の子」神の思考である、と述べました。
神の子は、神の考えなのです。
言い換えれば、動かぬ神の動的な部分
神という全体の中を移動する「神の手足」です。

ちょっと無茶なたとえかもしれませんが、
私たちの体全体を神にたとえると、
その中を移動する血球や細胞、体を構成するパーツの目線が、
「神の子」であると呼べるかもしれません。

神に動きはありません。
「神の子」は、その中を動きます。

そして、ここが大切なのですが、

神の意思と、神の子の意思はひとつ、です。

神から切り離された、独自の意思を持つ神の子というのは、ありえません
神の思考が神の子なのですから。


ですから、

話をこちらの世界の方に向けてみますと、
今私たちが体験しているのは、
神の意思=神の子の意思=自分の意思
を、忘れたふりができる、間違えることができる
という、とてつもないゲームなのです!

ここ、笑うところです!宇宙的なジョークというか。
地球体験は人気があると思います(笑)。


☆☆☆

で、意識の話に戻します。

意識というのは、そのようにグラデーションがあり、
100%の「ひとつの神の子」の意識で、神に到達します。

グラデーション(動き)があるということは、
意識は「知覚」の範囲内であり、
全部が自分になったら、知覚は存在しなくなる…ということです。

「私」と「私でないもの」があるから、
「観察するもの」と「観察されるもの」があるから、
知覚があるのだということがわかりますね。

つまり、「神」は、意識の外(変化しないところ)にあり、
知覚を超えています。

知覚のある私たちは、「神の子(=Holy Spirit)」を通して、
(=意識のボリュウムつまみを大きい方にチューニングして)
神の声を聴き、神の意思を受信します。

全体の調和をそのように翻訳して、個のレベルでも理解します。

一方で、

エゴの意思というのは、この世界の中で、
自分を「勘違い」しているアイデンティティから発生しますから、
自分を体と思い、有限と思い、他者や神と切り離されていると思い、
罪があると思い…、

それゆえに「体」の存続を第一に考えるし、
自己と同一視したものを外の攻撃から「守ろう」とします。


エゴの意思
と、神の子の意思
どちらも自分の中にあるのに、こんなにもずれてしまっているわけ、
おわかりいただけたでしょうか?

私たちがどのような幻想を抱えているか、
クリアーになりましたか?


☆☆☆

ちなみに、
私はたまに記事で「宇宙人」の話をしますが、
他の星や設定(物質宇宙でないのもあるだろうから)の体験とて、
それを体験しているのは同じ「神の子」です。

ゲームの中のエリア、舞台が違うだけ、と表していいでしょう。

ただ、遊びに入るときの意識のボリュウムつまみは、
どのへんに設定されているかが、それぞれ違うと思いますが。


☆☆☆

いかがでしたか?

どんなにエゴの意識に同調しているときでも、
あなたも、私も、
神の子以外のものにはなれないのだということ、
はっきり伝わることを願っていますキラキラ☆


クリックありがとう♪↓
人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.