BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

天使の休息

またやってきましたねぇ、満月。

と、関係あるかどうかはわかりませんが、
私、強烈な「エネルギーのかたまり」と格闘していました。

あまりにそのエネルギーが強烈で、唐突なものと自分には感じられ、

急にあらわれてびたぁ~っと
STICK(くっついてる!)」という感じでしつこくはがれない。

なんかそのエネルギーに身体が内から浸食されてじわじわ痛いし、
おなかがすいても、ものも食べれないよぅ…という状態。


透明になって、流す(通過させる)こともできず、
じぃ~っと感じ尽くした後、放っておいたのだけど、やはり痛むので、

だんだん、

ブログで「原因探しはダメ!」と書いてるくせに(おいおい?)、

こ、これは!?
怖れ??きっと私の怖れだよな!?あれか?これか?
いや、家族が昨日から体調を崩しているから、
もしかして不調を一緒に感じてる?

…はっ!じゃないじゃない、私にはそんなのわからないんだ、
取り組むのではなく、Holy Spiritにゆだねよう!
ていく でぃす ふろむ みー…(以前書いたコースの一節)


…とかやってるうちに、

こういうときには一切静止の「静けさ」に入れる時間も短いし、
すっかり消耗して、


どさっ。

と、いつものあれをやりました。


いつものあれ?


いつものあれというのは、私が、本っ当に疲れたときに、
瞑想よりも何よりも楽にできるあること

これからそのあることを説明します。


皆さん、自分の背中に、エネルギーでいいから、
天使の羽根があると思ってください。

けっこうでっかい羽根ですよ。

それをですね、いつも後ろにいる大きい透明な人
(家の天井くらいまでの身長はあるね)
に、羽根全体を支えてもらう、あずけるような感じで、

どさっ。

と、背中ごとよっかかるんです。

(身体じゃなく、エネルギーの背中で寄りかかる。
実際の身体の姿勢とはあまり関係なく、感覚で。)


う~んと、
後ろにいるのは「人」というよりも、
大きい透明のエアバッグみたいなものと思ってください。
受け止められる感覚としては。


完璧に受け止めてくれます。


そうすると、透明の癒しのクッションで、羽根をやすめながら、
心全体を支えてもらってるような感じになり、

あるいは、誰もいない静かな庭園で、
ふかふかのベッドで、最適の温度で、すやすやと眠っているような感じになり、

私はこれを「天使の休息」と呼んでいます。


「天使の休息」をやると、
透明色の癒しのシャワーがさーっと周り一面に降り注いで、
あらゆる「思考」や「感覚」が、嘘のようにさっと消えてしまい

(考えてみたら、
そういうものの存在しない別次元に行ってるっていう表現がぴったり)

楽ってこういうことだな
と、思います。


さっきまでの「STICK」してたあれは、
なんだったの…?というくらい、きもちよく消えます。

まさに瞬時の癒し。


そういうの、なんで最初からしないの?って思うでしょ。
私も思う(笑)。

でも、これ、どちらかというと、束の間の休息。
究極の息抜き。

というのも、

この世界で見ることにした目の前のこと、
自分を通して(もちろんHoly Spirit主導のもと)体験しようとしてること、
それ自体はとりあえず一時停止したままで、

消耗しすぎたときにちょっとの間「休憩室」で休んで、
コンディションを回復させてるように感じるんです。

(それでも、もっとたびたびやんなさい!と聞こえるような…)


たとえるなら、コンピューターのログオフ、と似てるかな。

再びログインすると、ずっと楽になってて、
じゃー、続きやりますか!と起動する、みたいな…。


後ろの人(人じゃないけど)は、
言葉ではしゃべらないエネルギー存在なのだけど、

「天使の休息」のとき、私は完全に、
「疲れたよ~。もうだめ~」と甘える感じになり、
言葉はなくても、よしよしとなだめられているのがわかる。

自分は幼子のようだ。



実は昔、何かでつらかったときに、夢の中で

「あっちの世界に戻るの、もういやだ!
あんなの、本当の世界じゃない!」

と、泣きついたこともある。

それも、学校でいうところの保健室みたいな場所の、
白いベッドの上で(笑)。

お医者さんみたいな男の人と、
看護婦さんと2人いて、
2人とも困ったようにベッドの上でだだをこねる私を見ていた。


それで、どうしたかというと、
お医者さんは、黙って、私に
緑色のレモンケーキ
をひとかけら、くれたのだ。真緑のレモンケーキ。

起きてから、私は、自分のそのわがままっぷりに驚き、思わず笑ったけど、

緑色のレモンケーキは、
癒しの色かな、バイタリティーを回復させてくれたのかな、
と、思った。



それで、「天使の休息」。

うっかりこの世界のあれやこれやにはまってしまっているとき、
全部を見ていて、ちっともいとわずに受け止めてくれる腕があります。

本当です。
私もまだまだうっかりさんなので、このように、よく抱き止められてます。

休息するやり方はこんなにも簡単です。
ぜひぜひご自分でやって、確認してみてください



羽根をあずけて♪↓

人気ブログランキングへ




広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.