BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

常時接続に気づいてる?

休息をたっぷりとったvanillatreeです。ハート
受信したメッセージを携えてがっちり帰ってきましたよ。


ちょうど昨日の記事で「ログオフ」という言葉が出てきたので、

これまでコースの言葉や世界観を使って説明したことをふまえ、

今度は私流の表現と、実体験をもとに、
知識を日常で使えるようにシェアしていこうと思います。

ちょっと長くなるかもしれないけど、
なかなか楽しい部分なので、一気に書きますね。

レッツ、ゴー!


☆☆☆

この間、「意識のグラデーション」という記事を書きました。

この意識のグラデーション、
図にするならば円グラフや円錐で描き表したいのですが、
パソコンで作成するのがちょっと面倒なので…言葉で説明します。

想像力、お願いしますね。


円錐形、道路の三角コーンみたいな形を思い描いてください。

あれの、一番広がっている底辺のところ、
断面を見たら、最も円の広さのあるところ、

あそこに意識の焦点を合わせてみます。
そのとき、私たちは最も人数の多い「個」に見えるとします。

すると、円錐の、頂点に近づいていけばいくほど、
見える人数は減っていきます。

頂点では、1人、になります。


ここまではOKですか。


さて、それで、円錐の底辺のところ、
この世界の「個」という位置から目線を上方へ移動させて、

「スピリットの目線」になったと考えてください。
このときもまだ、「階層」が体験できると考えられます。


つまり、階層のどの位置に焦点を合わせるかによって、
円錐の途中のどこへ焦点を合わせているかによって、

スピリットの中でも、複数のスピリットのように体験できる階層や、
それよりも数の少ないスピリットのように体験できる階層や、

完全に1つでしかない階層(頂点)へと向かって、
グラデーションが体験できるであろう、ということです。


上の階層に行けば行くほど、広い全体を見渡すことになります。
ただし、どの体験をしていても、スピリットの心、実体はひとつです。


皆さんもきっと、「グループソウル」とか、「オーバーソウル」とかの
言葉を聞いたことがあるでしょう。

それは、スピリットの階層の、どの位置から見た目線か、という話です。


また、コースの中、テキストのはじめの方でイエスが、

「私たちは同等の(平等な)兄弟であるが、
垂直的な(階層的な)位置付けで見た場合、私が兄である」

という内容を語っているのは、これも同じスピリットの中での、
目線の位置の話をしています。

スピリットの円錐形の途中の範囲内(グラデーション)で、
彼の見ている視点の位置を表すなら、
私たちよりも高い位置からものを見ている、

人間体験で与えられた役割をコンプリートしたことのある先輩だから、
お兄さんの立場にあるということを言っているのです。


☆☆☆

さあ、スピリットの世界のことを頭に入れておいてもらったら、
今度は、こちらの世界で実用的なお話です。

過去記事、特に「癒し」カテゴリをお読みくださった方は
覚えていることと思いますが、おさらいです。


この世界での個の体験というのは、
いわゆるアバター体験であり、
私たちの本体はスピリットのままで、ここにはありません。

生まれてもいないし、死んでもいません。

今もスピリットのまま、スピリットの世界で、
仮想世界という舞台と、
「○○○○(氏名)」という個々のキャラクターを投影しています。

そう、この世界は「神の子(スピリット)の作品」世界です。


私たちの本体「アイデンティティ」はあちら側にあり、
(あちらという位置で表せるお話ではないのですが、便宜上)
それゆえ、あちら側、本体からの指示というのが、とても大切になってきます。

実在するプレイヤーはあちら側だからです。
繰り返しますがそれが自分、「本当のアイデンティティー」です。


☆☆☆

ゲームのプレイヤーと、ゲーム内のキャラクターを思い浮かべてください。

ゲームにたとえるなんてちょっと嫌、
と思う方もいるかもしれませんが、
かなり便利なたとえなので使わせてください。


スピリットには、「構想」があります。
このように作品を仕上げたいというイメージがあります。

それは常に、「全体の調和」としてあらわれます。
それゆえに「動的」なもの、動きをゆるすものです。


だから、固定されたシナリオをなぞるというよりも、毎瞬毎瞬、
スピリットは全体を見ながら、
「個の体験」をしている私たちひとりひとりに、あらゆる形で
「こう動くとちょうどいいよ」というメッセージ(指示)を届けてくれています。

いえ、メッセージというよりも、早い話が、
こちらが本当にゆだねきることができればそれは同時。
私たちは、全体の調和の、この世界における完璧な表現者となり、
見る者と表現するものの一致によって、すばらしいショーが展開できるのです。

(※過去記事の、この話と一緒→「観察意識と罪悪感フリー」


ところが、私たち(個)が、エゴに没入していると、
つまりプレイヤーとしての自分の立場(本体)をすっかり忘れ
ゲーム内のキャラクターに夢中になって入り込みすぎていると、

「自己判断」「妄想」というゲーム内ならではのバグが生じ、
動くべきときに動かず、暴走、迷走してしまいます。

つまり、本体との間に、

通信障害が生じてしまいます…。


自分のアバター、キャラクターなのに暴走!
スピリットは、いくたびでも、それを修正する情報、
たった今、そこから調和できる情報を送信し続けるのですが、
聞いてくれない、受信に気づいてくれない…。

その上、キャラクターの方も結局、苦しんでしまうのです。
本来の自分ではない、アンナチュラルな状態なのですから。


それで、この両者間の接続の状況ですが、当然ながら、

個の体験をしている私たち全員、スピリットの世界と、
「常時接続」
です。

これが切れることは、絶対にありえません。

つまり、いつでも、「全体の調和の目」を知っている自分が、
そのとき、そのときのベストを教えてくれているということです。


エゴと自分を同一視してしまうこと、
自分の思考に入り込み、エゴの声をたえまなく流していること、

これだけが妨害になりえます
メッセージが届く隙間がなくなってしまうからです。

流しても、流しても、より大きな音で「雑音」が鳴っているので、
聞いてもらえない
、そんな状態です。


☆☆☆

とはいえ、アバター体験、仮想現実体験の中で、
簡単で、必ずみんながしている
「本体との確実な連絡方法」があります。

それは、この世界から一時的にログオフすること。

はい、つまり睡眠です。

それでもまだ、心の中の「エゴ意識」が混じって、雑音が多くなることもありますが、
基本的には、起きているときに比べたらずっと
本体(スピリット)としっかり連絡をとり、持ち帰るべきものを持ち帰って、
ログインしたときに備えています。

このシステムがないと、きっとこのゲームの存続は不可能でしょう!

もちろん、睡眠中でなくとも、
日常24時間、トゥエンティーフォーセヴン!
「それはいつでも流されて」いますから、
ふとした「エゴの意識」のすきまに、メッセージは入り込んできます


☆☆☆

メッセージといっても、言葉で知覚されるとは限りません。
あらゆる形で表現されています。

まず、なんといっても自分の本体、
「自分の意思」に気づくことに他ならないのですから、
自然な内から湧いてくる衝動や、感覚として感じられます。


さらに、スピリットの声の特徴として、「怖れ」は関わりません。
自分に対しても人に対しても、非難の要素がありません。

ただ、過去のデータからはじき出す結論に慣れている
私たちからすると、
せっかくメッセージを受信しても、その根拠や理由がないと感じられることも多く、
それが自分にとって「怖い」ということはあるかもしれません。


一方で、エゴの声、これは結局ただの「抵抗」ですが、

こちらは「分離したアイデンティティーから発生する怖れ」を持ち、
「分離体験をもとに学習されたあらゆる記憶データ」
を一生懸命参照して
スキなく自己防衛できるように、アドバイスの声をあげています。

ここでいう「記憶データ」は、自分個人のものとは限りません。
たぶん、歴史を通して、蓄積された怖れ全部…と言えるものです。


エゴの声は、根底に罪悪感があるので、
「他者、あるいは自分への言い訳、弁明」に満ちており、
自分の学習してきた範囲内での理由づけが関わっています。
表面上、だから安心、という気がするのですが、
正直になってみると、自分をだましているのだとわかります。


☆☆☆

スピリットの指示の背後にあるものは、かならず、
「私たちのまだ知らない理由」です。

(だから信頼が必要。)

小さな世界で、
切り離された自己で生きていると思っているものへの、
「そうじゃないよ」というやさしいささやき、大きく開けた可能性です。


「常時接続」
に気づくと決めると、本当の自分はよろこびます!

受信してくださいね、源の、自分の送ってくる信号を。


ボリュームたっぷりだったけど大丈夫?途中で切れんかった…。
記事内で、もしわからないところがあったら、遠慮なく質問してください!

それでは、また次回!( ^∇^ )ノシ))


↓読んでくださりありがとう☆

人気ブログランキングへ




広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.