BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

神と他者との関係性

そもそもは実践的なところを説明したいがための、
基礎を敷くつもりで、コースの用語を使ったら、
「神」とか「神の子」とかの説明を書くことになってしまった。(苦笑)

おかげで、いいかげんなこと書きたくないな!と思い、
コースの本を読み返すことはもちろん、
自分の中にある概念を、できるだけ正しく言語化できるよう、
じっくり見つめ直すことになった。

そうして今日、「ああなるほど!」
と思ったポイントがあるので、メモしておきます。


コースの学習の中で、

「この世界からあなた1人では抜けられないんだよ。
あなたのsavior(救世主)は、他者だよ」

といことが再三書いてあり、
“関係性”を非常に重要なこととして扱っていた。

その意味がようやく腑に落ちた。

とりあえず、メモです。


☆☆☆

神は全部、「全体」であるがゆえに、
神の子を創って、自分を認識する。

全部が自分だったら、自分を知ることができないから。


神の子は、神の性質を受け継いで創造する。
創造をいくら繰り返しても、その内には全体という神がある。

(部分の中に全体があるというホログラフや、
フラクタルについて
思い浮かべてみてほしい。)


だから、

「私たち」の内を辿ると、そこにはやはり全体である神がある。
私たちも神の性質を受け継いでいる(神の性質から自由ではない)。


つまり、どういうことかというと、

私たちは他者や、外の世界を通してしか自分(内)を認識できない。
そういう風に映し出すことでしか自分を知ることができない。

創造がどの段階まで細分化されようと、
自分を知るために、外をつくって(投影して)見ているのだ。

それゆえ、

スピリットの状態(本来の状態)にあるときも、
エゴの状態(錯覚の分離意識)にあるときも、
「私」は、外の世界に自分を映し出すことで、それを見る。


☆☆☆

取り急ぎの走り書きでごめんなさいあせ
またゆっくり書きますね。


よかったらクリックお願いします↓

人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.