BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

恋とパートナーシップ

複数の書きたいテーマが控えていたんだけど、
今日はこちらを書いてみます。

「恋とパートナーシップ」

おおっ、このブログでは珍しい~(笑)


ええと、今日ここでふれる「パートナーシップ」という語は、
友人関係ではない、いわゆる「親密な関係」について、
(男と女、男と男、女と女、性別の組み合わせはどれでもいいが)

この意味で、述べていこうと思ってます。

このブログを訪れてくださっている方の中にも、
老若男女、未婚、既婚関係なく、
恋やパートナーシップについて考察の渦中にある方も多いのでは、
と、お察しします!


☆☆☆

ところでこの「うちゅうじんず・あい」っていうカテゴリは、

「宇宙人's eye=宇宙人's 愛」

のことなんです。なんてベタな語呂合わせを…(笑)

ここでいう「宇宙人」っていうのは、
私は○○星人です、とかを言いたいんじゃなくって、
どっちかっていうと「宇宙的な目線全般」のことです。

だから、

「宇宙人っていうとなんか気味悪いわよ!」とか、
「宇宙人の中には悪玉もいるんでしょう(怖)」とか、

そういうのそもそも信じられないよ、とか思う方は、

天使でもアセンデッド・マスターでも、
この現実を別な視点から眺めている存在で、
何か自分の信じられる、安心できるものの目線だと思ってください。


なぜこんな話をするのでしょう?

なぜなら、この目線から眺めると、
人間って、地球って…everybody is so cute!!
みんなかわいい…。

愛しくて愛しくて、
この世界に対するときめきで、息がつまりそうなくらい


…だからです。

この目線が、「小さな私」がどん底の気分を味わっているときすら、
結局ここから私を離してはくれませんでした。

だから、こういうブログを書いています。

そしてこの目線は、あなたの中にもあるのです


☆☆☆

これ自体ひとつの恋と言えなくもないけど(笑)、
もっと具体的な、人間同士の恋や繁殖、家族というシステムについても、
私は自分の中の「違う世界」目線を感じています。

もちろん、ただただ人間体験に身を投じている自分もいるのですが、
同時に、そういうことを知らなくて

まるで故郷に持ち帰るためのレポートを取っているかのように、

「人間を熱心に観察して、体験して、考察して、学んでいる」

自分がいるのです。


その目線では、家族システムや、男女という2つの性別、
地球上のパートナーシップのあり方、どれもが珍しく新鮮です。

驚きと、興味がつきない。

「なるほど!人間ってこういう風に感じるのか」
「家族というシステムはどういうものなのかなぁ?」
「人間のパートナーシップというのは…なぜ…」

こんな感じで、けっこう疑問と、「」が多いのです。

言うまでもなく、個性を持った人間の私(vanillatree)もまた、
この目線の研究対象です。

実践しながら観察できるなんて…便利でいいね(笑)


☆☆☆

そんな「私」の入り混じった目線の中で、思うこと。

パートナーシップの前段階として、ここではのお話をします。

私は夫に、妻に、恋しなかった!!
…という人もいるかもしれませんが(笑)
それでも、あなたのパートナーとの間に起こることは、結局同じ。

なので、そんな気持ちで読んでみてね。


というのは、ある種の考え方を使うなら、
まるで「業」と呼べるように、決まっていると言えるよね。

恋の中には確かに、避けられないもの、
私がこの名前でこの国籍、この家族で生まれてきたというのと同じくらい、
ほとんど決まっていたと言えるものもある。

おおよそ、そちら側の「計画」に属するものだと思う。

こういうのを精神世界では、
カルマや過去世とつなげて考えてみたりしますね。

私も、そういうものの見方を試してみたこともありました。


でもね、結局、いつも今、目の前の相手と、そこに対峙する自分。
それを本当によく見ることでしか、すすまないんです。
必要なのはそれだけ。

これはダイビングに似てる気がします。マリンスポーツの。

思いきって、相手の海に潜ってみることでしか、発見ができないの。


☆☆☆

表面から見ている海は、水面がキラキラしてて素敵ですね。
でも、その中で本当に起こっていることを知りたいと思ったら、
潜ってみるしかありません。

もしかしたら、

あなたはすごく深いところに潜ることになるかもしれない。
深海は暗くて、あなたの見たことのない生物もいて、
少し怖くなるかもしれない。

ああもう、引き返したいなーって。

だけど、自分のセンサーが反応したから飛び込んだ。
ということは、そこに、あなたの見たいものがあったんだ。


海に境界線をひくことの無意味さを、本当はみんなわかっていますよね。
人間のルールとして海域を定めたり、海に名前をつけたりする。
でも実際は、形式上のことですね。

それと同じ。

あなたが一度、相手の海に潜っていったら、
そしてすぐに引き返さずに、深い深いところも探検していったら、

いつのまにか、その深海は、自分の領域だったと気づくんです。


あれ?どこからどこまでが自分の海だったっけ?
この海は、確かに私の海だ。私に、続いている…?

それでふと横を見ると、ひとりで潜っていたわけではなく、
ずっとパートナーと一緒に、
手を取り合ってそこへ潜っていたことに気づくんです。


☆☆☆

これは、表面上の形式に関係がなく、
人間関係すべてに言えることだと思うんですよ。

ただ、恋の力やパートナーシップは、
そのモチベーションからして(笑)両者が協力しあって、
特に深いところまで潜ると決めているもの。そこが特別です。

輝くポテンシャルのある、ガッツのある交流だと思います。


だから、

「恋がいつもうまくいかなくて~」
「パートナーシップに問題が~」

という悩みを持つ方がもしいたら、

あまりそういうことを、「問題」と呼んで多方面からこねくりまわすより、
透明な目でただ見つめると決めてみてください。


ダイビングしているときの感覚…(したことない方は想像して。)

横切るおさかな達や、
珊瑚や、海藻や、
不思議な形の生き物…

海の流れに沿いながら、呼吸しながら、じっと見つめるでしょう。
水の温度や流れまで、体感するでしょう。


出来事としては色んなことが起こるだろうし、
色んな思いが横切るかもしれないけど、
それらは全部、あなたの前を通りすぎていきます。

あなたが透明になればなるほど、
世界も、あなたの境遇も、パートナーも、

あなたの前で「演じる」必要がなくなります。


「愛がない!」
と、感じられるのも今のうちだけ(笑)


そういえば地球の恋は、花火にも似ているねぇ。
扱い方を間違えるとちょっと危険だけど、派手で、きれいで、
それでいてしみじみとしたもの。

化学反応で作る、芸術のようなもの。


なんだか散文詩みたいな内容になってしまいました(笑)

タイトルから、恋やパートナーシップのハウツーを期待して読んでくれた方、
ごめんね~ハート

でも、むだな恋や間違ったパートナーシップというのはひとつもない。

そのことを、感覚としてお伝えできていたらうれしいです。

あなたの愛にまつわるすべての思いが、
やさしいまとまりとなって、あなたを内から強くしますように☆


それでは、また次回♪


↓応援のクリック大感謝~!

人気ブログランキングへ



広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.