BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

スピリットの声、大天使、アセンデッド・マスター

今日は新月です

なので、ここでも新しい話題を取り扱ってみようと思います♪

見えない世界(エネルギー世界)の詳細に入っていきます。

そういうの、眉ツバ!あんまり興味ない…
という方は、それでOKです。この記事はスルーしてくださいね


☆☆☆

前回の記事で、「個人的エピソード」として、
私の過去、母との間にあった葛藤について少しふれました。

今なら言えます。
結局、私の苦しみは、家族が原因ではありませんでした。


原因のように見えることと、本当の原因は、違います。

これは非常に大切なことなんですよ!


私に必要だったのは、魂的現実に気づくことでした。

私は、眠っているときに見る「夢」で、ずっとその現実にふれていました。

2つの世界を生きているようで、自分が分裂しそうなくらいに、
それを体感していました。


その世界はあまりにリアルで、こちらの現実よりも深く、
忘れようと思っても忘れられないものでした。

たとえば昼間、
電車に乗っているときや、仕事場でパソコンに向かっているとき、
脳みそに釣り針をひっかけられているように
夢の内容がふっと表層意識に現れて、あふれ出てきてしまうのです。


☆☆☆

それで、私の取った対策は、「記録する」ことでした。

書いてしまえばいい。
とりあえず、ノートに書いて紙の上に吐き出せば、忘れられるから。


内容を分析しようというよりも、ただただ楽になりたい一心で、
私は夢日記をつけ続けました。

中には、明らかに「日常の脳内整理の夢」と思われる重要性の低いものや、
寝ているときのコンディションなどによる、
「外的干渉の夢」もありましたので、毎日書いていたわけではありません。


それでも、記録は、十数年間続きました。

夢については、また別の機会に、基礎から書いてみるつもりです。


とにかく、そうした記録がたまっていた頃、10年目くらいのことでした。
ある雨の日に、なぜかノートを一気に読み返したい気分になったのです。

それまでは、「吐き出して終わり」でしたから、
ときどき読み返しても、
自分の夢の「全体のつながり」を考えることはありませんでした。


しかし、機が熟していたのでしょう。
一気読みしたそのとき、ようやく私は気づいたのです。

「ただの夢じゃないよ、これ」


そこにはパターンがあり、予知があり、メッセージがあり、
魂的現実がありました(笑)

私の本当の癒し「魂の記憶の回復」は、ここから始まりました。


☆☆☆

この「気づき」が起きてからというもの、
私は、起きている意識でも、
一気にスピリットの現実とつながるようになりました。

うたたねしていたときに、「Resurrection(再生・復活)」という声が聞こえたのも、
この頃です。

その時期は、今考えても「プチ悟り」の状態だったと思います。
疑問に思ったことに意識を集中すると、必ず情報が流れ込んできたので、
街中を歩いているときや、家事をやっているときですら、

「ちょっと待って!」

と、言いながら、メモを取っていました。


まだコース(A Course in Miracles)に出会う、ずっと前のことです。

まだまだ学ぶことは尽きませんが、その頃から、
基本的な私の「ものの見方」は、変わっていません。

ただ、コースを知り、学習したおかげで、
人間の心のストラクチャー、仕組み的な部分、
それから、実践的な方法への理解が非常に深まったと感じています。


☆☆☆

ここまで、ちょっと長い前置きでした。

さて、コースの「Holy Spirit」の定義について、
最近もこちらの記事(「2つのゆるし」)で説明しました。

すべてが、私の(あなたの)、「内にある」。

これは変わらない事実です。


ただ、これもまた何度か記事で説明したように、
外の世界に色々なものがあり、
自分以外の人々がいると感じるのと同じように

あなたをサポートしてくれているエネルギーを、
個性あるものとして認識することも可能です。


☆☆☆

私がこの話題について慎重になるのは、
見えない世界だからこそ、そういうものですら、

エゴの幻想に使われてしまうこともある
と知っているからです。

だから、
エゴの声と、スピリットの声を、識別できるようになること。

これが何よりも大切であると、お伝えしています。


エネルギーの詳細に入ると、色んなものが登場するかもしれませんが(笑)、
基本、その正体は、エゴか、スピリットか、しか、ありません。

そういう意味では、いちいち、
個々のキャラクターを区別する必要はないと言えます(笑)

まわりくどいでしょ~、私。
皆さんに、「スピリチュアル・エゴ」の罠に陥ってほしくない気持ちから…
こういうのを老婆心っていうんですよね。身をもって知りました(笑)

ただ、コースですら「イエスの名前を呼ぶことに意味はある」
と解説しているように、人間体験中の私たちが、
サポートのエネルギーを認め、頼ることは大切なのだ!
…と思っています。


それで、ここは自分のブログですので、外から仕入れた知識ではなく、
真っ正直な私の知覚のみに従って、
皆さんの「利用可能なサポートエネルギー」について、説明します。

あなたのハートに、共鳴する!ピンとくる!
…と思ったら、採用してみてください。


☆☆☆

まず、私本人に関して言えば、
「今のは誰?」なんて個性ごとに区別していたらキリがないほど、
スピリットの声を聞いています。

(※声だけではないあらゆる表現がありますが。)

だから、まるごと全部自分として受け止めています。
私が気をつけるのは、エゴか、スピリットか、の区別だけです。

幼少期からこうして、自分の思考の延長として、
スピリットの声を聞いていました。

そう、

これは自分の思考と同じように、肉体の声ではなく、
内側で聞こえる「声」です!

べつに特別じゃないでしょう?(笑)
あなたにも聞こえているはず。


ただ、私は、かなりはっきりと知覚しているタイプなのかもしれません。
その意味に気づいていなかった頃には、一体これは何なんだろうと思って、
「声」に逐一、反抗してみた時期すらあります!

でも、スピリットの声は「絶対」です。
そこに感情の介入はなく、静かで、いわゆる直感と一緒です。

自分(エゴ)の気に入る、気に入らない、に関係なく、
ただ「知っている」声なのです。

「魂的現実」に気づくようになってからは、
自分からエゴの声をしずめて、その声に耳を傾けるようになりました。


☆☆☆

さて、内なる声が、「私は○○だ」なんてしきりに名乗ったり、
人を傷つけたり、おとしめるような内容を語ってきたら、

そのときは、はっきりと、自分のエゴを見つめる必要があります。

純粋なサポートエネルギーは、
自分の個性をこれみよがしにアピールしてくるようなことはありません。

自分だけの利益のために、何かを伝えてくることも、ありません。


私は、今では自分の聞いている声の中に、
どうやら個性のある教師(アセンデッド・マスター)
のエネルギーがあることを、知覚していますが、

それに気づくまでは4年ほどかかりました。

というのも、そのエネルギーは自分からそう名乗らないからです。
私もそういうラベル付けに、あまり興味はありませんでした。


ただ、メッセージの感じや、様々な体験から、うすうす、
この個性は…もしかして…
と、気づき始め、

それでもマスターとつながっていると思うのは、
自分が傲慢だと思い、打ち消していたのですが、

知覚している視覚的イメージや「声」の持つキャラクターと、
その人にまつわる言い伝えがかぶること、

他の人がチャネリングしているそのマスターのメッセージを見ても、
各フィルターを通すとはいえ、基本の個性がどうも一緒なこと、

何より、あまりにもキャラクターが際立っているので(笑)、
間違えづらいということから、

ま、いいか。色んな人のサポートをする大きなエネルギーなのだし。
そうなんだったら、助けてくれてありがとう、…と思うようになりました。


興味深いとはいえ、その程度です(笑)


☆☆☆

書き始めたら、だいぶ長くなりそうなことに気づきました(汗)

まだ大天使まで行けてないし!

ひとまず、ここで区切って、アップしてしまいます。

「スピリットの声、大天使、アセンデッド・マスター2」へ続きます!


↓応援クリック、励みになります☆

人気ブログランキングへ精神世界ランキング

スピリチュアルカウンセリング個人セッション
「お申込みのご案内」

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.