読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

孤独な王様と糸紡ぎ娘

たいそう孤独な王様がいました。

頭の切れる、立派な王様で、民からは慕われていました。
王様はたくさんの革新的な案を出し、それを実行し、
国を潤わせてきたからです。
人々は、彼を「才ある王様」と呼び、称えました。


しかし、王様の頭の中は、常に多くのことでいっぱいでした。
一国を背負うその肩は責任で重く、
王様の心は必死でなにか…大きく吸い込みたい空気のようなもの、
ふわっとひろがる花の香りのようなもの、を求めていました。


王様は、壮麗な姿をしていましたが、
すでに若い年齢ではありませんでした。
そこで、そろそろ妻をむかえてみようかと思い立ちました。
今まで国政に没頭するあまり、それどころではなかったのです。

そう決意すると、革新的な王様らしく、
国のあちこちから「我こそは」と名乗り出る女性を募ることにしました。


たくさんの女性がやってきたので、面会にも時間がかかりました。
なんと、まる3ヶ月です!
王様は、ひとりひとりと直接対面しました。
ひと目みて、「だめだ」と感じる相手もあれば、
何度か時をともにして、天気のいい日に庭を歩いたり、
音楽に満ちた広間で踊ったり、
気に入りの書物を前に話し合ってみたりする相手もありました。

見目麗しい娘や、世にも美しく妖艶に踊ってみせる女、
やさしく、かいがいしく、心をこめて王様に尽くす女、
高慢でありながらも機知に富み、気品ただよう令嬢など、
いくらでも候補は現れました。


しかし、王様は、何か空虚でした。
心の求めているものは漠として、ますます広がっていく有様でした。
そもそも結婚自体が向いていないのではないかと、王様は落胆し始めました。


今日で面会はやめよう、と考えていたその日のことです。
応接の間へ入っていくと、ひとりの女が立っていました。
こざっぱりとはしているものの、決して豊かでない服装、
これといって目立つところもない外観。
髪の毛も、控えめな砂色です。

きけば、糸紡ぎをしている娘だといいます。
おかしなことに、この娘は、王様に何も「見せよう」としませんでした。
いわば、ただ、そこにいました。


豪華な部屋を背景に、どこにでもいるようなこの娘は、
面食らうこともなく、かといって虚勢を張ることもなく、
ただ口もとに笑みをうかべて立っていました。
王様は、不思議に思ってたずねました。

「あなたは、なぜここにやってきたのか。」

「あなたの魂が呼び、私の魂がこたえたからです。」
娘はこたえました。

「あなたに、何ができるのか」

「私は、あなたに何かすることはできません。
私は、私であり続け、今まで通り糸を紡ぐでしょう。
けれども、私は感じます。あなたの心を。」

「感じる?」

「ええ。私は、あなたの感じることをともに感じるのです。
あなたの心の景色を、私は心で見て、
あなたの心の奏でる音を、私は心でききます。
あなたの流す涙は私にあとを残すし、
あなたの起こす笑いは、私を一緒に楽しくするでしょう。
私はそういう者です、王様。」

「それが本当だとしたら…」

王様は、低く、かすれた声で言いました。

「そんなことが、どうしてできるのだ。」


娘は、このとき、輝く瞳でこたえました。
「あなたを、人を、大地を…世界を愛しているからです、王様。」


「おまえの感じたものが、私の感じたものだと、
どうしてわかるのだ。」

なおも、王様はたずねました。


娘は、それにはこたえず、片手を自分の胸にあてると、
もう片方の手でそっと王様のほおにふれました。

その目は、王様の目をまっすぐにとらえました。
王様の目から突然涙があふれました。
かなしくもないのに、あとからあとから流れました。

胸の中心から、1本のあたたかい線が生まれ出て、
この娘の胸の中心と通い合っているのがわかりました。

それは目に見えなかったけれど、
王様にもはっきりと感じられたのです。


王様は娘と結婚しました。

それから、王様の肩は重くありません。
自分のほかにも、たくさんの愛がこの国を動かしていると、
今は知っているからです。

王様は、純粋なよろこびから仕事をし、
救う者であること、英雄であることをやめました。


妻の、糸を紡ぐ音がきこえてきます。
カラカラカラカラ…
王様は仕事の手をとめて、その心地よい響きに憩います。

ひとりで泣くことも、ひとりで笑うことも、
決して、決してないのだと知っている王様は、幸福です。


精神世界ランキング

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.