BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

虹色の衣をまとったお姫様2~幸せな青年~

虹色の衣をまとったお姫様の物語をおぼえていますか。

これは、あのお姫様の、つづきのお話です。

天界でのしばらくの期間をおいて、
お姫様は今、とある農夫の家のかわいい男の子として生まれました。

きょうだいのたくさんいる、にぎやかな家でした。

彼は、小さな頃、きょうだいたちとキャベツ畑で遊ぶのが好きでした。
大人の頭ほどもあるキャベツを目を見はって眺めたり、
モンシロチョウを追いかけたり、
古い納屋にかくれて、ひんやりした木のにおいをかいだりしました。

納屋に置いてある古い道具も、小さな探検家たちの財宝になりました。

彼は、学校の勉強があまり得意ではありませんでしたし、
からだも少し弱かったのですが、働ける年齢まで成長しました。

農場を手伝うきょうだいはたくさんいましたので、
町へ出て、郵便局につとめました。

町でみるにぎやかな商店や、たくさんの乗り物、
人であふれるパブなどが、青年の心を明るくしました。

青年は内気で、目立たない人間でしたが、
仕事仲間のことが好きでした。

毎日、スタンプを押すことも、
カウンターにやってくるお客さんを見ることも、
愉快に思っていました。

1年、2年、3年たって、この仕事を解雇されたときでさえ、
「ああでも、ここにいられたことはいい思い出だ」
と考えたほどです。

仕事仲間のひとりが、あくる日の馬車番の仕事を紹介してくれました。
青年は、馬が好きでしたので、わくわくしました。

それも、結婚したばかりの2人を乗せる、
飾り立てた特別な馬車の番をする予定だったのです。

青年は、自分の好きな女性のことを思いました。
いつか、こういう馬車に2人で乗ることがあるかしら、
と想像しました。

けれども、その夜、青年はぽっくり死んでしまったのです。

びっくりして、自分の肉体を見下ろしながら、
青年は考えていました。

「明日の馬車番がいなくては、困るだろう。
でも、どうやってもぼくの体へは戻れないみたいだし。
どうしたらいいのだろう」

その時、とてもなつかしい感触が、青年をつつみました。

「馬車番のことは心配しなくていいのですよ」
と、その気配は、声になって言いました。

「ぼくは、死んだんですね」
青年は心の中でつぶやいたのですが、
声はそれを聞き取ってこたえてくれました。

「ええ」

そのこたえを聞いたとたん、青年はこの人生が終わったことを悟りました。

あふれるような愛と、感謝の気持ちがなだれこんできました。

「ぼくは、好きだったんです。この人生を。この世界を」

生まれたときから今までの、様々な場面が去来しました。
なつかしく、愛しいものでした。

子供をもつことも、何かでひと旗あげることもなかったけれども…
青年は、ふっと、ほほえみました。

なんて、すてきな世界を見たのだろう。

おなかを震わせて、毎朝よく響く声で鳴いていた鳥達。
霞の中歩いていくと、草花にのっていた透明な露で服がぬれた。
家族の喧騒。スープのあたたかさ。湯気。

いつも色が変わる、高い空。
耳もとをさらう風の音。

町の人たちの、それぞれの人生に忙しかったり、
買い物をしたり、笑ったり、怒ったりしている姿。
カフェで、隣りの人がおしゃべりしている声。

それから、まだ思いを伝えたこともなかった、
好きな女性の笑顔。
横からみたときの、ほおのやさしいふくらみ、まつげ。

彼女に出会ってから、思い悩むことも含めて、
色んな感情を味わうことができた。
おかげで、今までの世界に別の色がついたみたいだった。

「どれもすばらしかった。
ありがとう。ぼくに、この世界をくれて、本当にありがとう。」

青年が、心をこめてお礼を言うと、
かたわらにいた“存在”は、こう伝えてきました。

「知っています。知っています。あなたのことは何でも。
あなたの感じていることも。私は、あなたなのですから」

青年は、そのとき、思い出したのです。
この世界と、自分が、ずっとひとつだったことを。



精神世界ランキング

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.