BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

天国から離れたとき

タイトルが、これまた物語みたいなタイトルですが、
今回は通常記事ですよキラキラ☆


いつか、「2つのゆるし」という記事にも書きましたが、

この世界のあらゆる不平・不満
「問題」と呼ばれるものの、根本原因はひとつです。


それゆえに、このブログでは、

「原因探しの詳細には入らない」

ものの見方を、お伝えしています。


あなたがどんなストーリーを抱えていても、
いくつの問題の渦中にあっても、

それがどんなに、
あの人やこの人の悩みと違って見えても、

原因はひとつです。


さて、ではこの「原因」とは何か?と申しますと、

分離(Separation) です。


シンプルに、ただそれだけであり、

ありがたいことに、それは幻想なのです。


☆☆☆

この世界は、「天国(=源、全体意識)から離れてしまった」
という思い込みによって成り立っている世界です。

分離が起こるまで、エゴというのは存在しませんでした。
不可能でした。

エゴは、「分離を信じている意識」と定義できます。


本当はそれは起こっていないのに、分離を信じるがゆえに、
エゴは「自分特有の責任」と、「罪悪感」を抱えています。

このブログでは何度も、色んなたとえをもちいて、
「それは起こっていない」ということを説明してきましたよね。

でも、

エゴは、神(真実の自己)に、
「影響を与えることができる」と信じているのです。

真実よりも、自分の作った世界を信じています。

真実よりも、自分特有の力を信じています。


そうすると、どうなると思いますか?

エゴは、いつも、
分離という自分の作り出した錯覚によって怖れるのです。


怖れは、

「自らが切り離したと思っているものに対する、
心の中の想像上の距離

と言えます。

実際は切り離されていないので、距離なんてどこにもないのに…。


☆☆☆

具体的に説明してみます。

エゴの世界には、二極性があります。
作用・反作用があります。

わかりますよね。たとえば、

何かを「望む」ということの裏には、「不足」の意識がある。
「一体」を求める裏には、「分離」の感覚がある。

こんな風に、対になっています。


エゴの意識の中では、一方を体験すれば必ず、
その反作用を想定することになるのです。


ということは、エゴ(分離を信じる意識)の中では

望む体験をする(得る)ということは、
同時にそれを「失う」ことを意味するのであり、


望む思いが強ければ強いほど、それを遠ざける働きがあるのです。

そう、これが「防衛」です。


☆☆☆

私たちの本当の望み…それは、真実(愛)です。

「愛」というものにも、エゴは当然、
「愛ではない状態」、「愛を失う体験」というのを想定します。


「愛」…私たちの素材…私たちの当たり前の姿、いつもそこにあるもの、

愛という普遍の現実において、
そうでないものになることなど、不可能なのに!!


この世界の誰もが、愛を失うこと、
愛でない体験をすることを潜在的に怖れ、

怖れるがゆえに(不可能を可能だと信じるために)、

それに見合った分離、心の距離をわざわざ作っては
自分の幻想を防衛するのです。

真実に気づくまでは。


☆☆☆

これは、パワーを誤って使うことの怖れ、と言うこともできます。

私たちは人を傷つけることができると信じ、
誤り(錯覚)を実在にすることができると信じています。

普遍の真実と対等に、そんなことができると信じているのです(笑)

分離した意識にとって、
それを証明するための舞台がこの世界なのだとも言えます。


ですから、自分の信念から生まれたその怖れによって、
自らのパワーを封印しようと考え、

いえ、正確に言いましょう。
源から受け継いだパワーを封印することはできませんので、

パワーを、自分を閉じる(制限する)方向に用いるのです。


あなたを、何かに導く「内なる衝動」が生じたとしましょう。
それは、実は、かならず、

まだ光をあてていない自分の「側面」を目にするチャンス

なのですが、

エゴは、怖れから、現状を維持しようとします

今まで自分の作った信念の中に変わらずにいること、

自分になじみのある考えに沿った現実を目にすることを好みます。


可能性に心を開くこと、

それまで目にしていなかった、光をあてずに隠していた、
「自分の側面(=愛の表現)」を見ることを回避して、

見かけ上の安楽(思い込みの安心)を手に入れることを選ぶのです。

幻想にとどまろうとします。


しかし、

内なる導きにしたがって出来事に飛び込んだとき、

結果としてそれが、あなたの目によい出来事に映ろうが、
悪い出来事に映ろうが、

外でそれを目にすることで、
あなたは確実に、
自分を統合する(分離の錯覚を手放す)機会を得たのです。


ひとりでは、自分の内側にあるもの、
光をあてずに暗いところに隠しているもの、
自分が拒絶しているパーツの、姿を目にすることができません。



だって、隠しているのは自分なのですから(笑)

だから、外の出来事や人を通して「体験する」形で、
私たちは、自分の中にある分離を知るのです。

今もここにある、故郷を思い出すために。


それは愛のなせるわざです。

怖れの誘惑に負けないでください。
誤って知覚したいという誘惑に。

そうではなく、

「ああ、これは私に、愛を見せてくれようとしているな!」

と、気づいてください。毎回毎回、その都度。


あなたの外にあるもの、
あなたの体験するものは、すべて、親切な教師であるにすぎません。

あなたが怖れ、誤解しているということを、反映して教えてくれます。

幻想の「距離」を作ってしまっているところ、
思い込みを握りしめ、防衛している部分を、見せてくれます。


あなたの目線を天国へと案内するために。


というのは、ただあるものです。
それに気づいたとき、「二極性」など、ただの冗談になります。

あなたが、いかに今もすべて持っているか

それをスピリットは、「リアルな現実」としてよくご存知です。


☆☆☆

スピリットは変わらない光で輝き、笑いながらこう言うでしょう、

「おかえりなさい!
天国は、ここにあります。」


その声を聞くためには、

「天国から離れたとき」など、
あなたの想像の中以外では決して起こっていない
ということ、

分離など、どこにも存在してないということ、

その気づきに戻る
だけで十分なのです。


今日はここまで。また次回お会いしましょう!。.:*・゚☆


クリックありがとう!↓
人気ブログランキングへ



広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.