BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

世界を自由にしてあげる

ここ数日、私の周りでちらちら目にする大天使がありました。

それは、大天使ジェレミエルと、大天使ウリエルです。
個人的な事情を顧みて、なるほどな~と思いました。


ジェレミエルの役割として、「手放すこと」、「人生の棚卸し」があります。

私はちょうど、自分の作っていた分離を、
劇的に体感して、幻想を手放したところでした…。

私の錯覚の分離、
根強く残っていた想像上の距離は、統合されたのです。


その本質は、昨日の記事(こちら)に反映されています。


☆☆☆

スピリットはね、あなたにとって苦しいことを設定(計画)して、

「これはあなたの学びです!やりなさい!」

なんて
強制しない
のです…


そんな風に強制されるプランは、存在しません!
スピリットの与えてくれる履修内容は、いつでも「よろこび」です。


そうではなく、「怖れ」が、
この世界にそれを反映しているということを隠すために

「仕方ないよ、これもスピリットの計画なんだ…」

という風に、「スピリットの計画」という概念さえ、
隠れ蓑として利用することがあります。


痛みをともなう自己犠牲という考えや、救済者という考えも、
これに相当するかと思います。


この世界は虚構であるがゆえに、
自分の怖れを外の現実として、「体験」することが可能です。

私たちが自分の怖れの反映を目にしているとき

スピリットはいつも、
怖れという覆いをはがす方へ、はがす方へと導きます。


愛はいつも存在しています。
それは、探す必要がありません。

私たちのすることは、
自分で作り、握りしめた、愛を見えなくしている「覆い」を見ること。

そして、見たら手放す(スピリットに戻る)だけで、
幻想は消え、真実を目にすることができるのです。


さて、連日私に、

ウリエルの方が見せてくれたヴィジョンは、

意識の中で、繰り返し、繰り返し、
しんしんと白銀の雪が降り積もるさまでした。


キラキラと光るその雪は、しずかに降り積もって、降り積もって、
すべてのものを真っ白に覆い尽くしていきました。

「白紙」


その言葉が浮かびました。
平等に、ありとあらゆるものがひとしく浄化されて、
白くなってゆくのを眺めました。


☆☆☆


分離(怖れ)の罠に陥らないためには、

「状況を評価したい!」

という誘惑から、立ち去ってください。


あなた自身の思い込みから、自由であってください。


あなたが自由であるのと同じように、

この世界の誰もが、自由にふるまい、感じ、
自由に生きる権利があります。

あなたの望むように、ではなく。


世界を自由に踊らせてあげてください。
おのおのの、好きなダンスを踊らせてあげてください。

あなたの評価、あなたの思う「よいこと」を、
人にかぶせないことです。


あなた自身も、人の評価や外の価値観に翻弄されなくてよいのです。

あなたの心にとめておくことは、
「スピリット(愛)に従うこと。ずれたら、いつもそこに戻ること」

それだけです。

あなた自身が静かに耳をすませ、そうしているときに、
外の評価が一体何だというのでしょう?


この世界で、真実を知っているのはスピリットだけです。


飛んだりはねたり、歌ったり、踊ったりしていた幸せな子どもは、
今や深刻な顔をして、かたい鎧という錯覚に自らを閉じ込めました。

教え込まれたルールは、彼らの真実の姿にそぐっていません。


こうなるはずだ、こうでなければならないはずだ、

そんな思い込みを捨ててください。


☆☆☆


成長すれば、「調和の現実」を目にするはずだ。

これもひとつの思い込みです。


あなたが成長すればするほど、
あなたの「見ることのできる」範囲は広がるのです。


その中に、解放の必要な「分離の錯覚」を見たとして、
あなたがそれを、自ら評価(判断)したらどうなりますか?

あなたは、再びそこにとらえられてしまいます。


スピリットが唯一のものさしです。
そして、スピリットの答えはいつも「愛」を示します。


…こんな深刻な世の中に?
こんなに痛い現実を見ているのに?


いいえ、

それは、私たちの中にある「分離」です。
見ることのできることは、祝福です。

自分を真実の姿に戻すために、統合するために、見るのです。

だから、

評価しない、評価しない、評価しない。


☆☆☆


「心の奥にある静かな泉」を想像してください。
美しい水面が、光を虹色に反射しています。

きよらかな、やわらかい水の音が、やさしくあなたを包みます。

あなたの安らぎはすべてここにあり、
世界の安らぎもすべてここにあります。

内奥にある平和を感じてください。

外で何を見ても、ここに戻ってきてください。
この場所は、あなたの中にあるからです。

ここから見ると、あなたの目には何が映るでしょうか?



では、また次回、お会いしましょう☆


応援大感謝です↓

人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.