BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

上級の優しさ

この世界で示すことのできる本当の優しさとは、

相手のスピリットのみを見つめ、
相手をスピリットとして、その存在に敬意を払うことです。

人は、たやすくこの世界の中で催眠状態に陥ります。
つまり、スピリットとしての自覚を失って、
この世界色の夢に染まり、別な自分を演じてしまうのです。


昨日の記事(こちら)にもつながるお話なのですが、

相手が幻想状態にあるとき、
その幻想状態を一緒になってリアルであるととらえ(引き込まれ)、
そこにリアクト(反応)する、それを一緒にアクティング・アウトする(演じる)、
というのは、本当の優しさではありません。


ここで言っていることは、ときには、「NOを言う優しさ」として挙げられます。

自分のスピリットに耳を傾け、
スピリットの真実に従う。

そのとき、相手に対して示すことのできる答えが、
真の優しさに基づいた「NO」であることもあります。


あなたが、相手の「思い込み」に基づいた期待にこたえ、
そこから生まれた感覚に合わせ、
それに同調して「YES」と答え続けるなら

あなたは、自分の成長も相手の成長も延期しています。

(延期しているだけで、それは消えずに、ただ待っているのですが。)


一見、その態度が、波風たてぬよい方法に見えるのかもしれません。
その場をまるくおさめ、誰も傷つけないように見えるかもしれません。

でも、あなたのスピリットは知っています。

「本当は私、ここでNOを言いたかったな。」

そして、それが純粋なスピリットの答えなら、
それを素直に認め、自分の答えとすることが、

結局全員のためになるのです!


☆☆☆


たとえば、
人に対する共感能力が高く、人を「癒したい」と願う者の中には、

「相手の感じていることがわかるばかりに、
その望んでいることが伝わってくるばかりに、
つい、自分をすりへらして、合わせてあげてしまう。
はっきりしたNOが言えない。」

というタイプの人がいます。

その思いや、傷までわかるので、
自分が少し無理をしてでもやさしくしてあげたい…

そんな気持ちになるのです。


セラピー用語?で、ケア・テイカー(世話役)というのがあります。
まさにそのような役割なのですが、

でも、よく考えてください。

それは、スピリットから発する自然な役割ではありません。
エゴの間違った考えに基づいています。


どうしてかわかりますか?

この世界には、そのような意味で「世話」が必要な人間はいないからです。


今説明していることは、非常に上級の概念です。


誰もが、源泉からの光を受け、
誰もが、完全に、自立している。

ここでいう自立の意味は、人は、人に依っているのではない、ということ。

ひとりひとりが依っているのは、神に対してだけである。
(私たちは、完全に神の愛に依っている。)

人は、本当の意味で、人を直接助けることはできない。

だから、その人の源の力を信じることが、本当の優しさである。
(それは、自動的に、イコール自分の源の力を信じること。)


…と、こういうことなのです。


☆☆☆

ですから、

人を助けたいのであれば、自分が、スピリットと一致することです。

自分のスピリットに注意を払い、
相手の見せる幻想にまどわされず、

自分のスピリットの真実を信頼して、相手に提示する。


その結果、もしかしたら相手のエゴは(時折自分のエゴも!)、
それを気に入らないかもしれませんが(笑)、

スピリットの現実は、かならず一致しており、それが真実です。


一緒になって幻想に入ることが、
この世界では優しさと見なされることもあります。


でも、勇気を持って、
あなたがこの世界に真実を体現したいなら、

ごまかしや、その場のまやかしではない、
本当の「全体の幸せ」を見たいなら、

まず、相手の幻想につられない強さを、優しさであると理解してください。


色んなことを感じている相手を尊重しながらも、

「あなたのスピリットは今も無傷である。
完全で、変わらずに、輝いている。
夢の中で、この体験をやってみてくれて、ありがとう。」

こう、心で話しかけるのです。感謝しながら。


そして、自分の目撃したその幻想を、解放します
(方法は、いつもおなじみの「ゆるし」です)


こうしていくと、あなたは、

自分の本当の気持ち、感じていることを尊重でき、
スピリットに正直で、自由であるばかりか、

相手の幻想の覆いの向こうにある、その人の「変わらぬ光」を、
自然と目にすることになるでしょう。

すると、

もう、かわいそうな人も、
自分がお世話してあげなくてはならない人も、
本当にいないということに気づくのです。


それでは、また次回お会いしましょう~♪


よい週末をお過ごしください☆↓
人気ブログランキングへ



広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.