BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

愛はすべてを超えたもの

年末に書いた「何も持たずに」という記事のあたりから、
私の周りで、おもに大天使ミカエルが、ちらちらと感知できます。

というより、私の現在通り抜けていることのエネルギー的な管轄が、
大天使ミカエルだということです。

以前もふれたことですが、私の見ているかぎり、
それぞれの人にいつも決まった同じ大天使がいるというわけではなく、
人のそのときそのときの状況、必要なテーマに合わせて、
そのテーマを管轄している大天使がサポートしているようです。


さて、ミカエルが私に伝えてくれているテーマは、
新年が明けてからの記事でも述べていた、「創造」に関することだとわかりました。

そしておもしろいことに、ミカエルはイメージの中で私に剣を授け
エクスカリバーと、こうささやくのです。みどりキラキラ☆


エクスカリバー
というのは伝説上の剣の名です。
聞いたことはありましたが、私は、その伝説を詳しく知りません。

それで、ネットで大天使ミカエルとエクスカリバーについて検索してみました。

たくさんの情報が出てきたのですが、今のところまだ、
自分にとっての確信に結びつくものはありません。


「火と地の要素」という記事の中で書いたように、
私は、刃物…「ナイフ」を、創造性の象徴として理解しています。

そしてまた、振り返ってみると、最近の記事の中で、
自分がたびたびという言葉を使っていたのにも気づきました。
騎士も出てきましたしね~。

全体的にぼんやりと、そのつながり、意味はわかっている気がします。

でも、ミカエルが私に伝えてくれている象徴が、さらに自分の中でリンクして、
ひとつのベルを鳴らすまで、はっきりした「答え」は待とうと思います。

今日はその根柢に流れている教え
「愛」についてだけ、少し書いておきます。


☆☆☆

愛はすべてを超えたものです。

人間の考えている愛は、思い込みによって、
その質を取り違えられていることがあります。


愛には理由がありません。

「○○だから愛している」
ということは、ないのです。


もしも、そんな理由があるのなら、それは愛ではないのです。


自分の家族だから愛してる?
私に○○してくれた人だから愛してる?
こういうところが好きだから、愛してる?
○○だから……愛してる??


いいえ、

それは、そのように勘違いしているだけで、
その背後にあるものが本当の愛なら、

あなたは、それらの条件すべてがなくなっても、愛しています


私が、自分のトゥルーセルフ(真実の自己)につながったころの体験を、
「もうたたかいは終わりにしよう」
という記事の中で、少し書きました。

あれから、私には、ある言葉常時聞こえるようになりました。

しかしながら、「おかしなやつ、気の狂ったやつ」と思われるかもしれないと思い、
今まで誰にも口外したことはありません(笑)

でも、このブログを読んでいる方には、ぜひそのままお伝えしたいのです。


その言葉は、

「愛してる…愛してる…愛してる…」

という、繰り返される音でした。


それは、

目を向ければ常時降り注いでいるやさしい雨のように、
耳を傾ければいつも演奏されているBGMのように、

私が意識を向けさえすれば、いつでも聞こえる声なのです。


それこそが、

私の生きている世界の背景であり、
私に向かって流れてくるものであり、

そこへ耳を傾けると、何もかもがただ愛であるのだとわかります。


私は、それに完全に愛されています。

「こんなあなただから、愛しましょう」
「あなたがこういう状態だから、愛しましょう」
「これを達成できたから、愛しましょう」

…そんなの、いっさい、そこにはありません


私はただ…どんなときでも…そこに意識を向けるだけで…
愛されているのがわかります。


真実の我は、私をただ愛しています。

そう、あなたの真実の自己だって。


愛してる、愛してる、愛してる…

このBGMから、私は逃避することができません。
それは、どこにでも降り注いでいるからです。
見ないふり、知らないふりは、できないのです。


私がどこにいようと、何をしていようと、それはあります。

誰に対してもそれはただ、同じように降り注ぎ、
「個別の体」という幻想を無視して、境界なく、流れていくのです。


人間が思い込んでいる愛、
理由つきの、与えたり受け取ったり、有ったり無かったり変化する愛は、

じつは、それとはなーんにも、関係ありません!


このことを、今日はお伝えしたく思いました。キラキラ☆


↓読後のクリック感謝です☆
人気ブログランキングへ


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.