BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

創造者であること

今年に入ってから私は、「創造者であること」について、
より一層力を入れてお伝えしたい、
と、決めていました。

今日のテーマは、「創造者であること」

サブタイトルは、「内なる分離に橋をかける」です!


☆☆☆

このブログを最初の方から読んでいただいている方は、
すでに理解できていると思いますが、

私がブログ内で「スピリット」や「マスター」、「大天使」と書くものも、
この世界の他者も、究極的にはすべてが「自分 meet 自分」の体験です。

それらは、分離して存在するものではなく、
すべてひとつの心の中にあり、

私たちはシンボルとして、外にあるもののように、それらを体験しているのです。

当然、体のある「個」という自分そのシンボルに含まれる
ということを、お忘れなく。


それについては、今までもちょくちょく書いていますので、
読んだことのない方は「癒し」カテゴリを順に読むことをおすすめしますが、
この概念だけピンポイントですと、以下の記事がわかりやすいかもしれません。

「シャワー中インスピレーション」
「2つのゆるし」


心の中での「分離」というものを信じているために、
通常生活しているときの私たちは、この世界をリアルに感じ、
「個」という体験をしている自分を、他者から切り離された独自の存在と感じます。

自分の中にある、全体意識であり、スピリットである源と、
個の体験をしている自分とを、ひとつのものと認識できず、
そこには「距離」があるように思えるために、

エゴの自分が望んだり、思ったりすることと、
スピリットの自分が導いていることは、
一致していない(分裂している)ように錯覚することが可能です


真実においては、「意思はただひとつ」です。

それに気づかないで、スピリットとは別個のアイデンティティーを持ち、
それが作り上げる意識(妄想)に従って生きるとき、
私たちは迷いや苦しみを体験します。

この世界の誰もが、そのブレを体験しています。
ブレが可能である世界が、この「夢」なのだとも言えます。


ですから、このブログでよく取り上げるコース(A Course in Miracles)は、
語りかけてくるイエスという存在や、聖霊という便宜上の橋渡し役を紹介し、

私たちの中にある

「自分がスピリットであると忘れてしまった部分」と、
「スピリット(神と一体である存在、すべて知っている存在)」の、
幻想のギャップを埋めようとしてくれている
のです。


このスタイルは、幻想の中では有効です。

なぜならば、私たちは依然として時間を体験し、
自分と切り離された他者を体験しているからです。

そしてまた、
「スピリットから見たら意味の通らない思考(怖れ)を信じることのできる」
エゴというものをまだ、受け入れているからです。


私たちが目覚めていくならば、
いつかはこの、自分の中にある分離を統合しなければなりません

そのためにはまず、「創造者である自分」の意識に、自覚を持つのです。


☆☆☆

以前も説明した通り、
この世界も、創造者である自分の創造した世界です。

ただし、この場合は、
「神の意思と、その性質に基づいて」とは、言えません。


あたかも、自分と無関係な者が作った世界の中で
(あらかじめ自分と関係ないところで用意された舞台の中で)、

受け身の自分として、わけもわからず、ときに痛めつけられながら、
それでもできる限りの努力をして、
天から気まぐれに降ってくる幸運を望みながら生きる…(笑)

そのような、錯覚ができるのがこの世界ですね。


神という、異次元だか天上界だか知らないが、
ずいぶん大きくてはかりしれない力を持つ存在がどこかにいて、

全部を見渡しておきながら、「小さき」私たちを人形のように利用して、
自分の壮大な気まぐれにおつきあいさせている♪というのなら、
…けっこう嫌な話ですよね(笑)


しかし、違います!!

これは、私たち(分離した意識)が作った世界なのです。


この場合の創造は、「分離の夢」というべきもので、
錯覚してしまった、エゴの主導により作り上げられた夢の舞台なのです。


※ちょっとおさらいしますと、コースでは、
神性に基づく創造をcreateエゴによる作り上げをmake
という言葉で区別していましたね。


私たちが真実に沿って生きるということは、
この幻想(夢)の世界の中で
神性に基づく創造を行う(神と共同創造する)ということに、他なりません。


それが、コースのいうHappy Dream(幸福な夢)を見ること、です。

(それは実は、これから新たに何かを創るというよりも、
すでにあるものが現れることを許可する、ということです。)


分離が舞台の夢の中にいても、
ひとつのスピリットとしてのアイデンティティーを覚えていて
形態を超えて、互いの神性を見る、ということです。


☆☆☆

ここで、お気づきかと思いますが、
私たちは分離の夢を見ていようが、変わらぬ「神の子である」ために、
そのアイデンティティーを忘れることはできても、放棄はできないために、

エゴの意識に入っているときも、たとえ無自覚でも、常に創造し続けています。


神から受け継いだ(自分の本質に付随する能力である)創造を、
止めることができません

あなたがエゴの状態でも、スピリットの状態でも、
いつでもノンストップで 自分の思考に沿った現実を創造しています。

そのプロセスは止まりません。

そのことに気づくことが、第一歩です。


☆☆☆

とはいえ、エゴ意識の私たちからすると、
「スピリットの計画」というものをたいてい覚えていませんので、

「え~。生まれた場所も、時代も、育った環境も、
そして私のこの体なんかも!?
私がつくったわけ?そして、何らかの計画をたててこの人生があるわけ?」

ということが、なかなか信じられないかもしれません。

この夢の中では、自分がやろうとしていることを忘れて、
違う選択をすることも可能

だからです。


でも、私たちの人生に起こる出来事の中には、あきらかに、
あらかじめ決まっているものがあります

それは強制ではなく、あなたが決めていることです。


その一方で、そのように決まっていることが全てではなく、
自分がたてている計画から、それた選択をすることも、
ゆるされています

設定した計画があるとはいえ、ポテンシャルの範囲とでもいうべき、
「可能なあそび(振り幅)」があり、自由意志が存在するのです。


神性とエゴ、どちらを選ぶか、
生きている間いつでも、これは純粋に、あなたによる意識的な選択です。

何者も、強制することはできません。


全体の調和をこの世界に見る、
全体意識(ひとつのスピリットの意思)で生きると決めるなら、

あなたは、スピリット(自分の内なる神性)に従い、
スピリットからそれずに生きる選択が必要です。

自分がスピリットであると自覚したまま生きる、と言ってもいいです。
これは、本来の自分そのものであるので、とても楽です


その姿勢は、思い込みに固められ、
自分(個人)を防衛しようとするエゴの望みとはかけ離れたものですが


エゴが描いている幸福や利益よりもよっぽど、
あなたの幸福も、満足感も、心の平和も約束するものです。

それは自動的に、世界の調和に貢献することができます。

あなたと世界(他者)は切り離されていないからです。


☆☆☆

「神とひとつである創造者」の意識に波長を合わせるためには、
「分離を維持しようとするエゴ」の方を、無に返してあげる必要があります。

それは、実体を持たないからこそ、あなたに存在をアピールしてくるのです。
真実は、「障害物」をただ除去するだけで、おのずと姿を現してしまいます。



エゴは、「切り離された自己」の正当性を主張し、
それが目指すゴールをあなたに吹き込みますが、
結局、「自分を傷つける現実」しか、創造することができません。

不足の概念に基づいて、自分だけの利益を追い求め、
他者や外を傷つけることが、自傷行為なのだとわかっていないからです。


ですから、

「人生思い通りにいかないなぁ~」と、思う方がいたら、

もしかして、それがエゴの思い通りのことだったら、
そうならなくて、幸いでした。


あなたの中で、エゴが弱まったすきに、
スピリットが導いてくれていたからこそ、思い通りにいかなかったのでしょう。


一方で、あなたがスピリットに従って生きていれば、
人生の流れに沿っていると感じ、抵抗が少ないと感じるはずです。

人から見た評価、世の中の位置づけの話ではなく、
あなたの心がただ平和です。


「正気を失った創造者(妄想・混乱の作り手)」のエゴではなく、

愛という真実に基づいた、
「大きな創造者(道を知るもの)」
と、一体になっているからです。


これはすなわち、自分の内で分離がなくなったら、
もはや、「自分とは別の意思を持つ導き」は存在しなくなるということです。

対立するものがなくなるので、葛藤が消えるということです。


「小さな自分と大きな自分」というギャップに橋をかけるなら
あなたはどんどん、
「私はスピリット(大きな自分)である」という自覚を強めるでしょう。


すると、

「本当の自分(=全体とひとつ)の意思は何か」、
「本当の望みとは何か」
に注意を払い、

ただその通りに生きる状態になります。


そのとき、あなたは全体意識、
調和を実現する、「神との共同創造者」の意識になっているのです。

あなたは、真実をここで体現するものです。


それでは、また次回、お会いしましょう~☆


↓応援クリックどうもありがとうございます♪
人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.