BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

創造者と受信

前回の記事「創造者であること」のつづきです。

時間の間隔をあまり空けずに連続アップしていますが、
皆さんはぜひ、ゆっくりお楽しみくださいね~(笑)


今回の記事は、以下の過去記事の内容に沿っています。

極力少なめに(笑)セレクトしてみましたので、
このブログになじみのない方や、復習してみたい方は、
参考に、目をお通しください。

「すべては終わっているのよん」
「並行宇宙と自己ベスト」
「創造」と「作り上げること」の違い
「神の知らないこと」
「常時接続に気づいてる?」

そして、

「データの海と観察者」


私の提示するこれらの世界観を、無理に信じる必要はありません。
でも、何か心に響くところがありましたら、
このものの見方を、あなたの現実に採用してみてください。


☆☆☆

さて、
創造という言葉を前回使いましたが、
これを正しく表現するならば、

私たちは無から何かを創造するのではなく、

私たちは、この世界の観察者として、
すでにあるデータの何をオンにするか、を選んでいるだけ

つまり、
自分の目線のやり場(何を現実と見なすか)を選ぶことで、
自分の体験を決めている

と、言えるのです。


コースの中でも、「それはすでに終わっている」
という記述を読んだことがあるでしょう。

コース流にいえば、この世界のあらゆる誤りは、
助けを求める神の子の声をきいたによって、
聖霊(Holy Spirit)が送られたことで、すでに修正されています。


それは言い換えれば、私たちはこの幻想(夢)の中ですら
100%安全で守られている
ということです。


なぜだかわかりますか?

私たちがどんな選択をしようとも、
仮に「内なる神性の計画」から、どんなにそれようとも、

いつもそこから

導きはあり、正しい道に戻ることができるからです。

それすら、すでに修正されており、
そこから必ず「帰る道」があり、
取り返しのつかない過ちは、ひとつもないのです。


思い出してください。

私たちは、すべて想定された範囲内のことをやっています。
それ以外の選択が、そもそもできません。不可能です

その上、どの選択をしても、それに対してのスピリットの導きがあります。

あらまぁ、ずいぶんやさしいゲームじゃない!・: *:・( ゚∇゚*).・: *:・

って、思っていただけますか(笑)?


☆☆☆

それじゃ、結局、創造者になるってどういうこと?

といえば、この世界の目線では、「受信者になること」なんです。

夢のの自分からやってくるメッセージ(インスピレーション、指示)を、
あなたは、この夢の中で受信するアンテナになります。


そしてまた、それは同時に、「神の手足になること」です。

この世界において、神(源・全体意識)からのインスピレーションを、
実行する者、神の計画を実現する者になるのです。


「何かを、自分の手で創らねばならない」
というのは、誤解です。

あなたは、すでにあるものを、受け取るだけです。
それを「許可」して、現実にあらわすだけです。

それが、この世界では「創造」に見えるのです。


創造者の本当の意味、わかっていただけたでしょうか。


独力で為すべきことは、ひとつもありません。
すでにある贈り物を、あなたがどれだけ認めることができるか。
それが、あなたの現実に姿を現すことを、どれだけゆるすことができるか。


あなたの夢に、愛を顕現させることを、許可してもらえますか?


あなたは、この夢の番人です。
あなたが扉を開けば、源の愛はなだれこんできます。

詳細を考えるのは、あなたの役割ではありません。
源の愛を受け取ると決めるだけで、人生の自動操縦がはじまります。


あなたの役割は、それを妨害する怖れの電波(エゴ)が、
出てくるたびにやさしく気づいてあげることです。

具体的にすることは、
大いなる自分にダイヤルを合わせ、
「心の回線」を、そこにチューニングするだけです。

何度でも、気づいたら、その選択をし直すだけです。


それでは、また次回お会いしましょう!(^^)ノ~~ ♪


↓読後のクリック大感謝~☆
人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.