BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

偽証としての創造

創造シリーズ第3弾です。先にこちらを読んでね↓
「創造者であること」 
「創造者と受信」

前回、創造について、

この夢の外の自分(神性)からくるインスピレーションの受信者になること、

そしてまた、

この世界で、そのインスピレーションを実行する「手足」となること、
というお話をしました。

この世界においての創造とは、無から何かを創ることではなく、
すでに存在しているものを許可する(あらわす)ことなのだ、
というお話もしました。


それを読んで、もしかしたらこう思った方はいませんか?

「ええ?独自の創造をしたいよ!
私たち個が、何か独力で新しいものを創ることだってできるはず!
そうでなかったら、生きていても、自由なんてない気がする!」

…って。


いえ、他でもない、私のエゴがそう言ったんですよ~(笑)

そのために、記事を書いた後に葛藤しました。滞りました。

そして、スピリットに「なぜそうではないのか」をやさしく案内されつつ、
今日の記事内容へと続くのです。

その事情から、私に説明してくれたスピリットの語りかけを、
そのままお伝えするつもりで、書きます。


今日のテーマは、「偽証としての創造」です。


☆☆☆


ご一考されたい。

「神の子」と、「神」は、ひとつである。

これを、あなたは本当に信じているのでしょうか?


「神」を、自分の外のものと考えるからこそ、
あなたは、そうして「自分独自の」自由を欲しているのではないですか?

あなたの力による創造というものを、いまだ望んでいるのではないですか?


大切なポイントです。

それは、あなたにとって、いわば「妄想の自由」だということに、
気づいているでしょうか。

そこから派生する、あなたが作り出すものは、
実のつまっていない、からの創造(虚の創造)であるということに、
気づいているでしょうか。


それは、自分の作った信念体系に囚われる自由です。

自分自身を、別な自分と思い込み、あなたの本当の創造性制限し
歩みを遅らせる自由です。


あなたにとっての「大きな自己」が、
あなたにとって、まだ自分と別のものと見なされているからこそ、

そのような発想が可能なのです。


大きな自己とあなたが、本当に切り離されたものであるならば、
あなたは存在していません

あなたが存在しているということは、
あなたは大きな自己の一部であり、
それ自体、分離は幻想に他ならないという証明になります。

神こそが、生命(源)だからです。


大きな自己は、神とひとつです。

あなたの目線から見れば、神というのは、
あなたの最もピュアな部分と見ることができるでしょう。


自分の中で分裂が生じるのは、
あなたが、内側で、真実の自己を見知らぬ者にする試みをしているということ、

すなわち、真実の自己に背を向け、自分を裏切っているということなのです。


☆☆☆


この世界がどのようにできているかをお話ししましょう。

いつからか、自分の内部の分裂により、目を失ったあなたは、

自分独自の力の証明として、この世界を創造しました。


この世界は、いわば、分裂した心の作った「偽証の世界」です。

神と切り離された状態で、独自の創造が可能であること、
その力を証明するために作った世界です。


神の性質ではないもの
永遠に属するものではないもの

それを実体化するために、あなたは終わりのある「形」を編み出しました。
壊れ、朽ちてゆくことのできる体と、限りある物質の世界を作りました。
能力の限界すら設定して、有限の世界を作りました。


あなた(エゴ)の望み通り、神(大きな自己)と一体となった共同創造ではなく、
個としての「独自の創造」をしたのが、この世界です。


しかし、それは成功しませんでした。

分離自体が、幻想だからです。
幻想からは、真実に基づくものは作れません。


ですから、あなたはこの世界の中ですら、
自分のつくった世界の中にも

神の刻印を見ます


あなたは思い込むことはできても、
自分の生来の姿を変えることはできないからです。

あなたの中に存在する神を、消すことができないからです。


それに、考えてもみてください。神はすべてであるがゆえに、
すべては神の中で起こっていることであるのに、
ある一部へは神の存在が満たされていないということなど、ありえるでしょうか?


そうやって、あなたの作った世界の中においても、
神の記憶はすべてに内包され、あなたに呼びかけ続けます。

小さなあなたが思うより、大きなあなたは、いつでも大きいのです。

あなただけの世界を作ったつもりでも、
それはあなたの夢の中での出来事でした。

そしてまた、あなたが決して、夢の中でも迷わないようにと、
どんな誤りについても助けが送られ、修正の道が創られました。


分離したあなたの心によって作り出されたものはすべて、
愛によって元に戻されています。

そして、それは、すでに完成しているのです。


(光と闇、天使と悪魔のたたかいという、
拮抗する2つの力の伝説は、ここから生まれました。

しかし、真実をいえば、は決してたたかうものではありません。
それは、姿をあらわしただけで、他の幻想を消し去ってしまうのです
それは、ただ対峙するだけで、あなたを目覚めさせます。)


あなたは、すでに存在している「神の贈り物」を、
この世界にもたらすことができます。

完成された「愛の調べ」を、この地上で奏でることができます。


「切り離された自己の」力を信じることは、自由です。
あなたの作った、小さな世界を、握りしめることは、自由です。

大きなあなたは、子どものおもちゃを、無理に取り上げたりはしません。


しかし、あなたはそこで、何をしたいのですか?

あなたはこの世界で、何を見たいのですか?


あなたが向き直るなら、
大いなる愛は、いつもあなたと一緒にあり、ほほえんでいます。

その事実に、お気づきでしょうか?

目をそむけているのは、あなたです。
大いなる愛は、あなたから目をそむけることがありません。


☆☆☆


いかがでしたか。

この世界に限定された個という意識、エゴの創造は、
(それも創造と呼ぶのなら)
あなたも、人も、世界も、制限するための創造です。

しかし、それは、真実に基づいていないので、どこへも向かいません。
そうでなくともよいものを、複雑に絡ませ、遠回りさせるだけです。

一方、

神による創造は、ただ、真実の姿(愛)をあらわすための創造です。
存在していたかに見える誤りすらも、ほどいてしまう「現実」です。

それは、限界はないのだということを教えてくれ、
私たちの固く信じていた誤りを、一瞬で無効にしてしまいます。


この世界の中で、あなたは選べます。
この世界の中に限定されない、「大きな自己」を受け入れることで。

自分の「作った」すべてをよろこんで差し出し、

大きな自己の知っている真実の創造の姿

を、選択する意志はあるでしょうか。


誰もが、遠回りができ、
歩みを遅らせることはできます。
でも、真実から除外される者は、いないのです。


それでは、今日はここで終わりにします。
また次回♪


↓応援クリックありがとう☆
人気ブログランキングへ

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.