BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

インスピレーションで生きる

創造シリーズが続くので、「創造」カテゴリを作ってみました!バラ

今日のテーマは、「インスピレーションで生きる」です。


私は、よくコース(A Course in Miracles)で学んだことを、
自分なりに記事にして書いていますが、

その教えですら、ルールとして決めた
「ハウツー」になってしまったら、
意味がないと思っています。

つまり、頭脳で学び、形式としてその教義を
「適用」しようとしたら、
きっと真実の自己からそれていくだろう、ということです。


「インスピレーション」へ常に心を開き、それを受け入れる。

これなしでは、生きている何かを、歪めてしまうのです。
心に無理が生じてしまうのです。

生命の源は、その息吹は、特定の「形」などではないからです。


に見える「型」、「形式」、ありとあらゆるどんな事象にも、
いつも同じひとつの意味を与えることはできません。

ケース、バイ、ケース、
その瞬間瞬間のベストは、

「インスピレーション」によってのみ、わかるのです。


☆☆☆

最近、自分がこの夢の、「夢を見ている者(創造者で鑑賞者)」である、
ということについて、よく考えます。

私が熱心に読んだ「コース」というこの本も、
私の夢の立役者なのでしょう。そう思います。


世の中に何冊もの、大量のこの本のコピーが出回っているように見えても、
これは真実においては、私にとって意味のある、私独自のシンボルであり、
それは「本」などではない。

…「ある時期に、コースという本に出会い、ひきつけられて学ぶ私。
そこに書いてある、真実を気づかせる内容。
私の心の中で、一致のベルが鳴る…」


まるで大好きな映画を見るように、そのストーリーを、設定を、
「ああ、そうだったなぁ」と、
一種の遠い視点から、鑑賞している自分を感じるのです。


私は、
人生の中の者ではなく、
人生を見守っている者と感じます。


寝ている間に見る夢と、まったく一緒です。
(夢の視点はこちら→
「スピリットはひとつ」

夢の中のこの人(私)の、感じていること、思い、
うれしいこと、幸せ、心配していること、悲しみ、

愛しさや興味、持っていた苦しみや失望、遊び心、笑い、

…なにもかもを、ただ、なつかしく「見ている」感じがします。


そして、それは、1回きりのものだったとは思わないことがあります…
ヴァージョン違いも存在していたように、ふと感じるのです。

あっ、そうだった、今回は…そちらへは行かないぞ

とでもいうような、感覚が生じるときがあるからです。


認識が、不意にゆがむことがあります。
それはおかしな感覚です。

「あれっ。私はこの部屋にいる、立ってこういうことをしている。
でも、部屋の全体も同時に私で、
私は、壁でもあり、あれでもあり、これでもある。そして、俯瞰してみている。」

リアリティーが、ぐにゃ~とまぶしく遠ざかるような体験です。


☆☆☆

夢なのか、現実なのか?

私がいままで、「寝ている間に」みていると思っていた夢との違いは、
なんなのか?

こっちの方が、よっぽど、夢なんだ…
逆転している!


☆☆☆

以前なら「失敗」と見なすことも、
このヴァージョンの私は、これをしたのだ。過ぎたことはそれでいい、と思います。

それで十分な位置から、続くのだから。
最後は必ずハッピーエンドなのだから。

私が失敗しても、泣いてもわめいても、
変わらずに世界はうつくしい、と感じます。

無傷です。


電車の窓から眺める光景の、
住宅、住宅、住宅…の合間にある木々の、
迫力をもって飛び込んでくる、驚くほどの愛しい感触や、

車両の中にいる人たちの、それぞれの表情。姿。かもしだすもの。
会話している親子、どこかに行く話をしているおじさん達、
時間を気にする人、ゲームをする人、目を閉じる人、…

「内なる温度」で、あたたかいと感じます。

自分の感覚が、ふわんと広がっている感じで、切れ目がないと感じます。
私というフォーカスポイントが、この、ふんわりあたたかい流動体の中の、
特定の位置に、存在している。

それで、私は私を「私」と思うのだ。
ただそれだけ。


☆☆☆

インスピレーションにゆだねるとき、それと一体になるとき、私は元気です。
よく笑います。
音楽があり、リズムがあり、光と色があり、それらがはじけて図形を描きます。

自由を感じます。
これは皆で踊るダンスです。体が動くにまかせる、芸術です。
課せられたルールはないと、わかります。


けれども、創造は手招きをします。
また訪れてくる、そのときそのとき新しい、インスピレーションを使って。


「ほら、こっちにおいでよ!こっちにも、面白いものがあるよ!」


それにしたがえばしたがうほど、わかるのです。

「ああそうか…ルールがあるとすれば、これが私の黄金のルールである。」


パラダイスを常に体験している私たちは、
パラダイスじゃない体験というのも大笑いして楽しめるくらい、
幸せでした。

その視点は、ともすれば覆い隠されてしまいがちですが、
あなたは毎日、移動もせずに、この場所で、

その自己と重なり合っているのです。

起きている合間にもそれはあるし、
眠っている間もそう…

笑って打ち合わせたり、励ましをもらったり、
ちょっとひとやすみ、の遊びを体験したり。

事前の練習をしてみたり、
“演劇”のキャスト同士の打ち合わせや情報交換をしたり。


平和とは、ここにあるのです。
あなたの、今の、心の奥…。

外の世界は、ほんとうに、ないのです。
私たちは、自分の心のイメージを、外に見て、それが存在すると信じています。

誰も、ほんとうにこの世界にいる者はいません。
そして、誰もがそれを知っています。

インスピレーションは、私たちの、風穴(呼吸孔)です。


それでは、また次回お会いしましょう!(*^∇^*)ツ))


↓クリックありがとうございます
精神世界ランキング

スピリチュアルカウンセリング
(対面、スカイプ、電話)
「お申込みのご案内」

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.