BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

神にゆだねられたこと1

今日のタイトルは、「神にゆだねられたこと」ですよ。

「神にゆだねる」じゃないんですよ!(笑)


私は今日、あることでスパーン!と、霧が晴れたように、
自分の内がつながったんですが、

それで何をどう記事に書いていこうか考えていたら、
ジャーメイン(サン・ジェルマン)が、また、大いによろこんでました。


私が、サン・ジェルマンを始め、
見えない人格存在のことに言及しているときには、皆さんは、

「私(vanillatree)の中の、サンジェルマンキャラ」
と、思ってくださってもかまわないのです。

私は、彼らを私の中の存在と感じるからです。


それが実在であるかそうでないかはともかく、
いずれにせよ、私はいつだって、
「自分版のサン・ジェルマン」を体験するにすぎないからです。

それは、たとえもし、私が
恨み節のユーレイさん(死後の人格)を体験したとしても、同じです。
それも私は、自分の中のもの、と感じます。

実際のところ、死後、恨み節を語る存在には、
いまだお目にかかったことはないですけどね!



さて、前の記事でちょうど、自我意識についてふれました。

今日も「神」という言葉を出して、
私たちの「全体意識」との関係を語りますが、

ここでは、私が「コース(A Course in Miracles)」に沿って、
説明していた世界観を、いったん、ブランク(空白)にしてください。

自分の歩んだ道として、記事はそのままとっておきますし、
それが「間違っている」というわけでは全くないのですが、

コースの概念も、レッスンも、非常に意義がありこれからも有効ですが、

ただ私は、あることに気がついたのです。


☆☆☆

それは、私が著者のヘレン・シャックマンさんの人生について考え、
深く共感したことから始まりました。
彼女は、まさに神性のチャネルであり、あの書を筆記した本人、
すばらしい内なる叡知と通じていました。
そして同時に、苦しみ、葛藤したという記録がありました。

実際のところは、記録ではその全貌がわかりませんし、
彼女の人生は彼女の人生で、完成しました。
そこに、人の思う評価は関係ありません。

ただ、
「あれだけの叡知が彼女の中にあったけれど、それを受け入れられなかった」
という生の葛藤の記録が、私の心に何かを提示してくれました。

私は、「彼女はチャネルだったから。口述したのはイエスだから別人」
などという答えは、意味がないと思います。

私がコースも、彼女の人生についての本も、それからURTEXTも手にして、
感じたことはこういうことです。

神への怖れ。すなわち自己分裂。
自分が、自分を怖れること。自我への誤った認識

を、1つのテーマとして、教えてくれているのではないかと。


☆☆☆

以前、私はこういう記事を書きました。

「神になろうとする必要はない」

この記事の中で、この部分に注目してください、

「私たち人間は、ある思いによってできたのだ。

私たちが個として存在していられるのは、

強い願いの結果であり、私たちはその祈りの結晶なのだ。」


これこそが、私のもともと自然に心に持っていた「思い」でした。
そしてその記事を書く直前、私は、妹の家である番組を見ていました。

深夜にBSで流されていた、海外を映す短い番組で、
その日は、ハワイのフラのドキュメントでした。

男性のフラダンスで、今では数が少なくなっている、
伝統を厳しく守り、教えを伝えるハワイ人の男性がフォーカスされました。

彼は、聖地を知っていて、そこは今では観光客の場所になっていますが、
観光客に事情を説明してどいてもらうと、
自分の教えた少年たち3人にフラを踊らせました。

それは、神へ向けての発表会でした。
成果を見せる、試験なのでした。

観客は、神です。

少年3人は真剣なまなざしで一挙一動に真心をこめて踊り、
師である男性は、かたわらでチャントを唱え続けます。

私は、その美しさに息をのみ、画面を見つめていました。


そして、彼らのはりつめた踊りが終わったその瞬間、

空一面に、大きな虹がかかったのです。

まるで、神が笑顔で「マルッ!」って、返答したみたいに。


このとき、私は、一瞬にして、上記の自分の想いを確信したのです。
私たちと、神との、相互関係を。

私たち(個)が存在しているのは、強い祈り、
これを体験してみたいという願いの結晶なのだと。


☆☆☆

私たちも、神に「ゆだねられている」のです。
私たちは、神に、この体験を任されています。

私たちは、分離していません。

神は、全宇宙を想像した以上であり、私たちの知らないシステムもすべて含む、
全体の意識、という意味では、はるかにはるかに大きい存在です。

それでも、私たちと、一体です。
今も、ただただ私たちは神の意識の中にいるからです。


そして神の愛は、私たちの思うセンチメンタルな愛ではありません。

神の性質は、言葉にするなら、

「自然とわいてくるよろこび」や、「創造性」、
「静かで、満たされた感じ、あふれる充足感」、

そして、
「スパークする生命の火花、源のパワー」

に近いと思うのです。

この地球体験では、「愛」という言葉が表現しやすいだけです。
私たちは、それを言葉という記号にして、
もともと内に持っている本質を、理解しているのです。

いわば、合言葉なのです。


☆☆☆

私たちはひとつの意識です。

ひとつの意識の中で、フォーカスを最大に広げたとき神です。
フォーカスを小さく、小さく制限したとき、この世界の個です。

両者には想像を絶するほどの「知」の隔たりがあるにせよ、

さまざまな意識レベルにある存在のそれぞれが、
それぞれ「自発性、創造性」をまかされているということは、

どの段階にいようと、それぞれが尊重されているのです。


いいですか、

神というものは、自分の他にあるわけではないのです。

ということは、知覚できていないとはいえ、あなたの意識なのです。

つまり、あなたの意識(全体)が、
意識の一部(自我)を、

無視して、無効にして、何かを起こすことはできません。


両者が協力してはじめて、一致した現実を外に見ます。


☆☆☆

これはとても大切なポイントです。

ちょうど前記事でふれたテーマでもあります。


確かに、創造の「地」の力、パワーとしてベースにあるのは「神」、
すなわち、「真の自己」の衝動です。

しかし、同じ意識の一部として、「自我」があるのも本当です。
それは、「切り離されていると信じている意識」なだけで、
実際に切り離されてはおらず、同じ意識の中にあるのですから。


ですから、私たちの人生に置き換えてお話しすると、

あなたは「真の自己」から湧いてくる衝動は何でも、
自我が対立しなければ、楽に現実に見ることでしょう。

しかし、自我というものが「真の自己」と対立している限り、

すなわち、あなたが自分を「自我の方だ」と思って、
そこからの思考を起こし続けて、そちらを「信じる(選択する)」限り、

(思考は、創造の種です。信頼は創造を許可するパワーです。)

あなたは、
「大きな流れ(自分の真実の想い)に逆らおうとする力」を生み出し、
ひとつの意識の、内容のあらわれとして、
現実に、その心全体の状況(シチュエーション)を外にも見るのです。


おわかりでしょうか。

私たちの心がそうやって、まるで内で想像上の「ケンカ」をしているために、
この世界は、それを体現しているのです。

私たちの心の、拡大図(映し絵)が、世界です。


いったんここで区切ります。
「神にゆだねられたこと2」へ続きます。


↓クリックありがとう♪

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.