BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

修正って?

「創造」のテーマに踏み込んでから、実は葛藤していました。

こんなこと、説明しない方がよいのでは…と思うことや、
自分に確信が持てなくなることなどもあり、

そのたびに「スピリット」につながる、祈る、新たに気づく、の繰り返しで、
自分の怖れをどんどこ見ていました(笑)

ここにきてようやく、スッキリしました。


ところで、コースにもよく出てくる「誤りを正す」とか、「修正」
という言葉がありますが、
これは、私たちの体験する現実の、ある側面を示しています。

今日はこれを、ごく日常的な目線から見て、
具体的にどんな感じなのか、説明してみますね。

簡略化したひとつのたとえにすぎませんが、こういうことです。


☆☆☆

ある人が、とても怖れていたとします。
その表れが、「心配性」だったとします。Aさんとしましょう。

Aさんは、夫が家に帰ってくるのが遅れると、
娘がメール連絡を忘れると、

すぐにもう、不安に陥り、あれやこれやと心配を止められず、
悪い妄想をして、気が気ではなくなってしまうのです。
ただの心配だけでなく、
個人的に受け止めて、その「意図」まで読もうとします。


しかし、実際には、「ただバスが遅れていたよ~」
とか、「友人としゃべっていて、うっかり連絡忘れちゃった」

などが真相だとします。


けれども、自我というのは、状況を何でもかんでも、
もともとある自分自身の怖れに、結び付けて考えるのです。

自分を中心に、そこから勝手な妄想のシリーズを果てしなく作るのです。


自我が叫んでいる「具体的問題」は、はっきり言って嘘です。
うわべに、適当な理由を引っ掴んで、その殻をまとっているだけです。


こうしてお話ししている私たちには、
Aさんのそれが怖れによる妄想であるとわかりますが、
それでも、この人の立場になれば、心で起こっている妄想はリアルですね。

毎度毎度、「苦しみ」を生み出します。
その不安は、実際に体で感じられます。


このような「心配」をしていると、Aさんは、状況をコントロールしようとします。
外を変えることで、なんとかしようと思います。たとえば、

「ねえ、私がそうならないように、必ず連絡してちょうだい。
私に心配かけないように、気をつけてほしいの!」

言われた側の反応はまちまちでしょう。
従順な人だって、いるかもしれません。

でも、Aさんはここで、外の人を制限してしまいます。
自分の思い込みの現実に閉じ込めるのです。
(以前、こちらの記事の「カプセル宇宙」のたとえでお話ししたことです)

自分の心の態度によって、Aさんは、
自分の外の人の取りうる態度や行動も、確実に制限しているのです。
見ることのできる「側面」を限定していて、全体の姿は見ていないのです。


私たちが、外の現実、
外の相手の中に、自分を映し出してみる…というのは、このように、

「詳細もそのままそっくり1対1の、鏡のような対応関係」というよりも、

自分の提示したものの見方の根底にあるもの、
怖れなら怖れ、愛なら愛という本質の反映をそこに見る
、ということなのです。

(逆にいえば、何を見ようとも、自分の望む本質で応じなさい、ということです。)


こうして、Aさんは自分の妄想をリアルだと思い続けるために、
心の内容、ものの見方が変わらないままであり、

外の人をどんな風にコントロールしようとも、そこにどんなに力を注ごうとも、
状況や相手は、本質的に同じテーマを、繰り返し運んでくることになります。



さて、一方で、

この、Aさんが妄想に入るその時点で、
スピリット(神との仲介者。真の自己でも、内なる神性でも、天使でも、
どういうものをあてはめても意味は同じです!)は、

「それは妄想だよ。起こっていないよ。
そうではなくて、こっちへ目を向けてごらん」

という導きを、何とかAさんに受信してもらおうとします。


けれども、Aさんの「妄想」に隙がなく、
本人がそれを止める意思がまったくないと、なかなか難しい試みになります。

それだって、スピリットは働きかけをやめないのですが、

それに気づかない、注意を払わないと、

Aさんは、自分の怖れに基づいたさらなる選択(決定)を、するのです。


現実創造の難しいシステムに思いを馳せなくとも、
Aさんのこの選択が、それに続く次の出来事に関与するのだということは、
私たちの目線からも想像がつきますね…。


たとえばまた、夫にからむのかもしれませんし、
自分の怖れから、体を痛めてしまうかもしれません。
不安をまぎらわすために、自分を害する習慣に手を伸ばすかもしれません。


いずれにせよ、ここが大切なのですが、

いかなる「怖れの現実」を、Aさんが生み出そうとも、
スピリットは、それを修正します。


どういうことかというと、

「こっちに戻りなさい。あなたは間違っているよ。」

と、様々な形で、同じ本質を色々な形態、表現のメッセージに託し、
繰り返し、繰り返し、真の自己へ戻れるよう、導いてくれるのです。

それは内なるささやきや、感覚だけでなく、
外の状況、出来事としてもあらわれます。

毎回、毎回、私たちには選択(選び直し)の機会が与えられています。


これが修正のひとつの側面です。

真実ではなかったこと、起こっていなかったことを信じたことで、
妄想が生まれました。

その妄想を手放さず、そのままにしたことから、
今度はその怖れをもとにした選択(決定)が生まれ、

選択したことから、状況が生まれ…

こうして、人は、「虚の現実」を作っていくのです。


ただし、

どんな現実を私たちが選択しようとも、
その中にもまた、かならず「神性」があります。それを見ることができます。


このことは、いくつか前の記事でも書いた通りです。


また、私たちの歩むどんな道も、ひとりで歩むのではなく、
そこにはともに歩む神との仲介者がいます。

ですから、どんな風に歩もうとも、必ず「元の道に戻れる」ように、
すべての体験を愛という本質のために役立てられるように、できているのです。


起こる出来事を信頼することが大切なのは、これによります。

まるで、この世界は、「天使と悪魔のたたかい」にたとえられるように、
ひとつの状況の中でも、神性と自我という、
一見拮抗した力がそれぞれ別方向への誘いとして働いているわけです。

起こったことを信頼することで、あなたはそこに肯定的な意味を与え、
自動的に神性の方向へ向き直ることができるのです。


とはいえ、「修正」という観点から、
このように人間が起こす苦しみについて眺めたとき、

避けようと思えば、避けられる苦しみもあると言うことができます。
少なくとも、それを短縮(軽減)できると言うことができます。


発生の源が、リアルではない
からです。


もちろん、真の自己に「裁き」はありません。
体験に、よい、悪いもありません。

それでも、あえてやらなくてもいいこともある、
私たちは、そこから気づいて抜け出すことができる、

その差は、リアリティー(存在根拠)の違いに基づいている。

スピリットとの「一致」、「不一致」の選択があるのだということが、
なんとなく掴んでいただけたでしょうか?


☆☆☆

自我の導き出す答えは必ず間違っています。

自我の声があなたに何かを語るとき、
自分中心の狭い見方で判断し、解釈し、もっともらしく熱弁しますが、
あなたをそうして説得していることからもわかる通り、それは嘘なのです。
作り話です。
もとからある怖れや感情を、適当に、外と結び付けているだけです。

あなたがよくよく気づいてみれば、それが騙していること、
背後にある本質は、本当はそんな詳細とは全然関係ないのだということが、
わかってしまいます。


神は間違いません。
内なる神性には、ものごとが「見えて」います。

「問題」が生じているように見えるとき、すでに「答え」が存在しています。
あなたの「内なる叡知」によって、「修正」が為されています。


それをただ受け取ること、
「神性に基づく現実」があらわれることを、ゆるすためには、

自分がどくこと、
「独力で考えた」虚構の現実をあきらめて、
神に根差した現実の方へ、みずからを開くことです。

それは、意志です。

あなたが信頼しているとき、
あなたは結果(すでにある神の答えが示されること)を確信することができ、
心がひとつであること、静かであることに、気がつくでしょう。


それでは、また次回お会いしましょう!


↓応援、心より感謝です☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.