BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

さっきの記事に補足

前記事(「右の頬を打たれたら…」に、ちょっと補足します。

記事の中には繰り返しになるので書きませんでしたが、

もちろん、外に見ているどんなものに対しても、「切り離す」のではなく、
心に「インクルード(包括)し、感謝する」

ということが必須になります。


すべては「自分の」根源から派生しているからです。

何も、誰も、「切り離せ」ません。
自分がやってます。


以前、「自分だけがイノセントだと思ってる?」という記事にも書きましたが、
見ているものを、自分から切り離して、

「私だけが、イノセントである」

と思い込み、そこへ「分離したものとして」対峙することは、
大きく歪んでしまっています。


この世界で生きている限り、
私たちは、自分を「外」との関係性の中に映し出し、体験するのです。

そうすることによって、やりたいことをやっています。
体験できるということは、チャンスです。

見る機会を、与えてもらっています。
分離を統合する機会も、提供してもらっています。


それを知っていれば、おのずと、「謙虚さ」が離れないと思うのです。
見えたもの、関わってくれた人や状況すべてに、
「ありがとう」という感謝の気持ちが湧いてくると思うのです。


この前提を理解することが、何より大切に思えます。

それではまた、次回☆ヾ(^∇^〃)


↓クリックありがとう♪

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.