BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

失った目の真相

きのうの朝方、いちどアップした記事なのですが、復活!!

ようやく、書きたかったことが整合しました(笑)
訂正、加筆したものを、再アップしまーす☆ヽ(≧∀≦*)ノ

もしかしたら~、私と同タイプな怖れを持つ人には、お役立ち!な記事に、
なるのではないかなぁ。


昨夜キッチンでお湯をわかしていたら、
大天使ハニエルさんと再びつながりました。

「原因と結果」の記事で書いたメッセージについてこんな風に言われたのです、


「学んだことをすべて捨ててください、というのは、
それらが無効だからではなくて、
あなたが、自分がまともでなくなるのではないか…とおびえているからです。
その怖れによって、受け取った情報を打ち消そうとするからですよ。」


それから、部屋に戻ると、こう導かれました、

「コース(A Course in Miracles)のURTEXTを開いてください」

え~、だって、学んだことをすべて捨てるんじゃないの?
と、思っていると、

先ほどと同じ説明が繰り返されました。


なるほど。要は、受信した言葉をそのまま信じてほしいということですね。
そうかそうかと、重いURTEXTをよっこらしょ、と開き、

特に考えもせず、ぱらぱら…

けっこう飛ばし読みもしてるからなぁ、このへんどうかな、
と思って止めたところで、目に入った段落が、

「spiritual eye(スピリチュアルな目)」についての記述でした(!)。


えっ…これは、最近インストラクションがあった「失われた目」のこと?
ここを読めということ?

と、思って読んでみますと、こんな内容でした。
以下、私のざっくりとした翻訳を載せてみますね。


☆☆☆

修正のための学びは、常に「スピリチュアルな視覚」の目覚めと、
身体的な視覚を信じることをやめることから、始まる。

このことが怖れを引き起こす理由は、スピリチュアルな目で見ることを、
人は怖れているからである。

そもそもこの怖れのために、人はスピリチュアルな視覚を閉じたのだ。

スピリチュアルな目では誤りを見ることはできず、
あがないのために、それを超えて見るのだと、以前お伝えした。

スピリチュアルな目で眺めるとき、
見たものによって非常な苦しみを引き起こされることは、確かである。

しかし人が忘れてしまっているのは、この苦しみが、
この知覚(スピリチュアルな目)の、最終的な成果なわけではない
ということである。

スピリチュアルな目で、「汚された祭壇」を見ることを許可するとき、
それはまた即座に、あがないに向かって「見る」ことになる。

スピリチュアルな目が知覚するもので、怖れを引き起こすものは何もない。

正しいスピリチュアルな自覚からもたらされる結果はすべて、
単に、修正へと向けられるだけである。

見ることで引き起こされる苦しみは、
修正への必要性を強烈に「自覚」させるために起こる。

※下線は私による。


☆☆☆

むむむ…、これって…( ̄_ ̄ i)

だいぶ前に私が書いた記事、
「癒しの基本・自覚すること」に、
内容が似ていませんか?
なんか、かぶるところあるような…。


つまり、この世界の中で、私が自然と見てしまっていた二重の現実
(上のリンク、「癒しの基本・自覚すること」参照)

つまり、外観と中味の違った状態(歪み、不調和)が見えることは、
「修正の機会」として機能すると…いうことですよね?


で、そのようなブレが「見えた者」がすることはといえば、

見えてしまったそのブレにフォーカスすることではなく
真実の姿(全体、完全性、まるごとの姿、WHOLE)に焦点を合わせることだ、

ということですよね!?


☆☆☆

と、これだけ書いておきながら、「スピリチュアルな目」について、
私は、はっきりいって、エイリアネーション(疎外感)、
自分が間違っているのかなという自己疑念を持っていたのです!

だから、ハニエルさんが示したいことはよくわかりました。


どういうことか説明しますね。

コースの言う「誤り」というのは、エゴ(分離した意識)の作る思い込みのこと。
この、それぞれ分離した物だの体だのが見える物質世界というのは、
コース流に言うと、それ自体がもう、
分離意識ならではのフィルターを通しているということで「誤り」なのですが。

この、本来起こるはずのない誤り(分離)…つまり「幻想・夢の中」で、
私たちが目覚めるためには、正しい知覚をすることが最優先である、
それによって人はこの夢を「幸福な夢(神性に基づく夢)」に変えることができ、
それができたときに、完全に目が覚める、ということなんです。


それで、私の言いたいのは、「正しい知覚」って、何か。

これはですね、単純に言えば「愛だけの目で見ているとき」のことなのです。

自我の愛ではないですよ!

さっきアップした記事のように、「あなたも、私も、ひとつの全体」、
ひとつの神の子として見たときの、神の愛…境界のない感覚です。


逆に言えば、自分の自我のフィルターを通しているとき、
「私だけの私」の目線から見ているとき、
私たちが見ている世界というのは、必ず歪んでいます。

そう…真実が見えない状態


それで、前々から、「真実は、真実なので、真実である」とか、
「真実は、信じてもらわなくても、なくならない。傷つかない」
などとお伝えしていますが、

これもまた単純にいえば、
「曇りのない目で見ている」とき、私たちは正しく知覚しているということ。

そして、そこに見えるものは、
必ず愛に基づいており、皆が百%自然に受け入れられる現実なのです。


この感覚を、誤解を怖れずに言えば、私はずっと知っていました…!(ノω・、)
ええええ、そりゃもう、生まれてからずっと…。

そういう人、本当はたくさんいるでしょ!?

熱心な読者さんは、過去記事で読んでくださったかもしれませんが、
眠っている間に訪れる、ある次元なんかも、そうでしょ?


そこには…私たちが思うような「怖れや不足のある」リアリティーや、
「悪意の存在する」現実なんて、どこにも存在していないんです。

みんな共存してて、愛しい存在たちなんです。


さあ、これを踏まえていただくと、残りの話も簡単です!!よっ。(*゜▽゜ノノ゛☆


☆☆☆

ハニエルさん?私に、何が言いたかったのかしら?


「あなたは自信を持つ必要があるのです。
あなたは、今まで自分がスピリチュアルな目で見ていたことを、
なかなか認めませんね。

あなたが心の目で見たことをいちいち疑っていては、進めません。
あなたは自分の心の目の正確さを、完全に信頼しなければなりません。

あなたは『見えていなく』はありません。

あなたの訓練…失った目の回復…それは実は、
内なるリアリティーで見ているものを信頼するということなのです。」


そう!

私はけっこう「打ち消し魔」でした。
セッションなどを除き、自分の感じたことに自信がないために、

たくさん自己否定して…あるものをないって思おうとして…

必死で自分の感じ方のほうを変えようとしてた時期がありました。
いまだにその傾向は、あるのでしょう。


それが起こるのは、「絶対的な愛(Universal Love)」だけでなく、
ほろほろと、はかなく移り変わる「自我の思う愛」の価値観も受け入れる…、

そんな、いったりきたりする曖昧な基準、優柔不断な意志で生きていたからです。


「スピリチュアルな目の伝えてくることを、自分が素直に認めない限り、
あなたは、二重の現実のブレを、
まさに出来事(あらわれ)として体験し続けるのですよ。」


…な、なんて!? (-_\)(/_-)三( ゚Д゚)


「あなたが内なる知覚で自然と見ていることは、役に立ちます。
それは危険なものではありません。
愛の目的から、ただ知ることを、否定しないでください。」


(注:結局、インディゴシリーズの記事で、以前私がふれていた悩みも、
ここに関係してくるようです…(´д`lll)  なぜならば↓)


「あなたが自分に嘘をついている部分がどこだかわかりますか。
自分が心の奥で知覚しているリアリティーを、自分が認めようとしないこと。
この部分です。
自分で、自分に嘘をついていることになりませんか?
自然に、ただそのまま認めれば、心静かなはずですよ。」


ああ、そう…!(´Д`;)


そうなんです。
自分の中にある真実というのは、「ただある」ものであって…。

「大きい私からのささやき」です。

それは、あなたが表面上、何を信じていようと、変わらない。
あなたの中に、ずっとある。

それは真実であるからこそ、
人や世界と自分を分離させるものではなく、融合させる力なんです。


スピリチュアルな目で見ると、
うわべの人の発言や振る舞い、状況に関係なく、
その背後にあるものが「透けて見える」ことがありますね。

そのときに、それを「ジャッジせず」、自分の考えで反応せず、
かといって「見たものを否定せず」ただじっと見ていると、

コースでいうところの
LOVE(愛)か、CALL FOR LOVE(愛を求める呼び声)が見えるのです。


疑念によって、「自分のフィルター(怖れ・エゴ)」が少しでも混じると、
確実にその認識は歪んでしまいます。

自分の防御に入ったら、そのつながりは消えてしまうのです。
痛みにはまって別の世界へ入ってしまうのです。


だから、自分が白紙…中立な状態、「愛100%」になれているかどうかが、
いつもキーです。


☆☆☆

私は、自分が「見えている」ときにも、「見えていない」と思うという、
逆向きのエネルギーまで使って、自分で自分を疑い、葛藤していました。

人と違ってしまうことを怖れて、
感じたこと、心で知覚したことを自分が疑って、

自分が感じたことの方を、変えようとしました。


だから、自分の歴史を振り返れば、
かつて持っていた複数の心因性の症状も、

「夢の記録から、内なるリアリティーに気づく。それを認める」
ということが、
劇的な治癒のきっかけになったのです(第一の目覚めですね)。

精神的な「症状」と呼ばれるものの中には色々な種類がありますが、

私は、自分の体験から、
「自分の感じていることを、ないことにしようとする試み」…

いつのまにか、たしかに感じている自分の一部を抹殺しようと努力する…
外の世界に合わせようと頑張るうちに、自分の真実がわからなくなる…

そんな対立する力がオーバーヒートして、
派生してしまうのではないかと感じていました。


でも本当は、そんなに恐ろしい「怖れ」の覆いの背後にあるものは、
いつも自分の真実、「神の子のアイデンティティー(自分と、源とのつながり)」
なのです。

それをナチュラルに受け入れるとき、そこへ自ら、振り返るとき。
私たちは「WHOLE(全体)」でいられます。

それでは、また次回ハート


応援よろしくお願いします↓

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.