BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

宇宙人レポート(番外編)

パートナーシリーズの番外編です。

私は私の体験から得たもの、考えを記事に書いているけれど、
書きながら色々な人のことを想像するんですね。

それで、今回の記事を書いていて気になるのは、
パートナー(恋人同士、夫婦間問わず)との間に起こる様々な状態。

家庭はもちろん、近しい人間関係って、そこで「小宇宙」を形成してしまうでしょ?

その中で、たとえばDVとか、言語または非言語による虐待とか、
色々なシチュエーションが起こりえる。

そんな場合のことを考えて、書きたいことがあります。
心当たる方はぜひ心に問いかけながら読んでくださいね。


☆☆☆

いいですか、声を大にして言いたいのは、

パートナーとの間の問題が、
あなたのエネルギーを根こそぎ枯渇させるようになったら、
それは明確なSOSです。

それが正常だと思っちゃだめよ!
これで普通なんだなんて思わないでください。


私の記事に共感してくれる人の中には、

「我慢して、我慢して、内的な修行をして、自分で抱え込もう」

とするタイプの人も多くいる気がします。


でもね、自分の感覚を信じて、冷静に。
あなたが「おかしい」と思っているときには、おかしいんだよ。

変えたいと思っているときには、変えるべきことがあるのです。


まず、これを知っていてください。

相手(パートナー)のあなたに対する態度、扱いによって、
あなたの価値は変わらないです。

これを絶対の原則として、胸に叩き込んで。
外の人の扱い如何で、あなたの価値は増えたり減ったりしないよ。


それからね、ひとりで抱えなくっていいからね。

「小宇宙の外の人」に相談するのを忘れないで。

「小宇宙」の中に囚われているときは、見る目が狭くなっている。

他のチョイスが見えなくなっているのです。


特に、お子さんという、守る存在がいる立場の人は、
このこと、よく考えて、実行すべきことを実行してね!

未来の光たちのためにも。


どんな人に相談するにしても、全部正直に、
相手も、あなたが信頼できる人をよく選んでくださいね、
自分のハートの感覚に注意しながら。

そして、チョイス(選択)するのはいつも自分です。

どんなシチュエーションであっても、選択(決定)するのはいつも自分。
あなたには力がある。
自分の人生を生きているという意味での「自己責任」を、忘れないで。


☆☆☆

もし、今、あなたが、苦しい関係のさなかにいるのだとしたら、
別れるにしろ、続けるにしろ、
その体験からあなたが大きくなるしかない。

それは、あなたの個性や資質を変えるということではないのです。

ただ、宇宙はあなたに見せたいものがあるみたい。
それはもとは、あなたの発したオーダーなんです。

「自分の与えた(望んだ)ものが、自分に返って(送られて)くる。」


むりくりなプラス思考って意味じゃなく、
全体をポジティブに捉えてみてください。

体験それ自体を批判して、みじめな気持ちになっても、
あなたが動けなくなるばかりなんです。


あなたはまたひとつ殻を破り、拡大するチャンスにいる。


☆☆☆

パートナーとの関係の中で、あなたがどんな立場にいても
(加害者、被害者、問わず。それは表裏一体ですから)、

相手の人も苦しんでいるということ、
人はいつでもベストを尽くしているということ、忘れないでね。

人はね、自分に対するのと同じ程度にしか、人のことを扱えません。
自分のこと大切にしてない人は、相手のことも大切にはできないんです。

自分に対する愛を知っているかどうか、なんです。
その愛は、世間によく見る、甘やかす、自己陶酔する愛ではない。


自分の「心の中心」に焦点をあわせてください。
まずは自分の、正直な姿を真っ向から見てください。
でないと相手の姿も見えません。


ハートに従って、適切な行動はとるのです。
でも、相手の人を呪いながら、恨みながら、何かしても状況は好転しません。

たとえば、暴力をふるう人がいたとしても、
その人はベストを尽くしているんだ、
苦しいからそういう表現になっているんだということ。

批判ではなく、相手を下に見る同情でもなく、その人のスピリットを見てください。

それを思いながら適切な行動をとることができるとき、あなたは拡大します。
それは相手の人にも影響します。

ただ、あなたの望む変化、結果を相手に期待するのは違いますね。
あなたは、あなたの成長に対して責任があります。


☆☆☆

見かけ上の立場はどうであれ、
関係性の中にあるどんな問題も相手とフィフティー・フィフティー、
選択したのは自分だということを心に留めておいてください。

一方的な関係というのは存在しません。
あなたは一緒にそれをつくっています。

あなたはそうして現実に「あらわして」、
そこから知りたいこと、見たいことがあったのです。


「拡大すること」は、
あなたの心、意識を、ひろく、大きくするということです。


どんな体験をしていても、自分でそれをやりたいって思った理由がある。
そこから得たいものがある。

外から押し付けられたものは何もなく、これは自分がやっている。

それを自覚できれば、あなたは、たった今から、
決して「状況の被害者」にならない生き方を決意できます。

それは、この体験劇場を自覚している者の生き方です。


こう想像してみてください。

あなたは、今も、「宇宙人レポート」を提出している、宇宙人です。

あなたの体験しているどんな状況も、
あなたがそれに対しどう思ったか、どう感じたかも、宇宙へ送られています。

あなたが泣いたこと、笑ったこと、心が痛かったこと、とてもうれしかったこと、…
それらすべて、あなたの経験は逐一、レポートとして送られているんです。

なつかしい、故郷に。

仲間はそれを読んでいます。受信しています。
あなたの地球体験は興味深く、すべてを応援しながら、
仲間たちは、あなたのレポートを心待ちにしています。

あなたは経験を、送り届けているんです、
故郷からの代表として。


クリックどうもありがとう~☆゚*。(´∇`人)☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.