BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

自分のキャパシティ3

「自分のキャパシティ」からのつづきです☆

私が「ゴム人間」と勝手に読んでいたエネルギー体…
精神世界の仕事をするようになってから、周囲のプロ(笑)や、
そういう話題がオープンな人たちにその話をすると…

たいていの人はこう言いました。
「それ、霊でしょ!」

私はその度に、「それはないー」と、思っていました。
なぜなら、「ゴム人間」とは、意志疎通ができなかったからです。


私が夢の次元で体験している「すでに亡くなった人」は、
見かけは私たち生きている人間と同じですし、
普通にコミュニケーションがとれますし、

たまに、意識がもうろうとして、死んだことに気づいていないとか、
何か理由があって同じ場所に居続けている人とかがいても、
自分(私)にとって事情もわからぬまま、
「攻撃される」ということはありませんでした。

(ちなみに、そのようなケースの場合、チームで動くことがよくあります。
みんなで、その人が安心して動けるようなシチュエーションを作り、
「演技」をするんですよ!それもまた今度書いてみますね。)


でも、ゴム人間は違うのです。
まさに「侵入」されている、いや~な感じ。

テレパシーで何を話しかけても、聞く耳を持たないし、
何の目的か知らないが、アグレッシブに攻撃してくる。

体への攻撃さえなければ、まぁいいんです。
そんなときは、うっかり気づいても、面倒なので、こてっと寝返りを打って
「見ないふりをする」ということも、よくしていました(笑)


ですから、ある時期まで私は、これは人ではなく、
エレメンタル(想念形態)かしら、と、思っていました。

人の発したネガティブな強い思いが、人型を形成して、
それ自体、生命体のように動いているのかしら…と。


☆☆☆

ちなみに、生きている人が自然に投影してしまう、
「生霊」とも言われる現象も、体験したことはあります。

これはわりと、普通に起こることです。

本人が気づいていないまま、ただ「投射された姿」が来ている場合と、
対象の人に対して、強い念、思いを持っていて、
その執着から来てしまう…という場合があります。


☆☆☆

とにかく、この「ゴム人間」現象に関しては、
仕事関係で見えない世界やエネルギーに詳しい人が多かったので、
色んなアドバイスをもらいました。

オーラにイメージで「鏡」を貼るといいよ。そうすると跳ね返す効果がある。
とか、

オーラ一面にあなたの名前を書いて貼りなさい。
とか、

→ここらへんのアドバイスは、私は、
「ぎゃー!その、いかにも相手を意識している感じがいやだわ!!
余計、来そう!」
と思って、却下でした(笑)

(※ちなみにこれ、なんと数年前、実際にそんなオーラの人を目撃しました。
その人は、オーラ一面に、なぜか自分の名前を貼りまくっていたのです。
「見えた(←心の目で)」ときには、びっくりしました。

その人の隣りにいると、ときどきオーラに押される感じがして、
圧迫感があったのですが、それを見たときに納得しました。

精神世界の仕事の人ではありませんが、わりと有名な人で、
事務所に結界も張っている、と、後に本人が語っていたので、
そのオーラについて、私から尋ねることはありませんでしたが、
たぶん何か「防御」をしていたのだろうと思います。)


他には、精神世界の定番ですね…

愛の光で包みなさい!!!とか。

そりゃぁやりましたよ…やってみましたよ…
意外と効果があったのは、
私の場合、「トーニング」と組み合わせることでした~。

金縛り状態だと、肉体からの声はたいてい出ないのですが、
意識の「声」を出すのです。

それで、自分の中を共鳴させて、
倍音が鳴り響くような力強いトーニングをするのです。

それと一緒に光をばーっと発していくと、
まるでロウソクの炎が中心からドーナッツ状に広がっていくように、
重いエネルギーが浄化されていく…という経験はありました。


でも、これもエネルギーを使うわりには、
「ゴム人間」現象には、たいして効果を成しませんでした。
数回成功したくらいかな。


それから、これも定番ですね。
「大天使ミカエルにお願いする」

これは、心の中で助けをお願いした瞬間に、「ゴム人間」たちに、
馬鹿にした感じのふざけた声で、
「大天使ミカエルゥ~~!!ぎゃはは!」とマネされ、笑われるという、
屈辱的な結果に終わりました(笑)


☆☆☆

愛の波動もきかない。光もダメ。ヘルプ存在にお願いもダメ。

そうなると、できることないじゃーん。

と、思っていた私ですが、「ゴム人間」現象も、
そうしょっちゅうしょっちゅう来るものでもないので、放っておきました。


ところがあるとき、やはり精神世界に詳しいが、
こういう体験はしたことのない友人と話していて、
何かの流れでこの話題になったとき、

「自分がそういうの好きだから、呼び寄せてるんじゃなーい?
そういう闇の世界に興味あるんじゃないの?」

と言われたのです。
その発言に、私は「ムッカー!」と、しました。


で、あろうことか、その直後のある日、
またもや「ゴム人間の襲来」が、起こったのです!!

※ちなみに、この種の体験が起きやすいのはこんなときでした。
◇自分の体力が落ちているときや、体調の変化があるとき
(風邪や生理前、生理中など)
◇雨の日!!
(湿気でそういう波長につながりやすいらしい)


私ははじめて、はじめて、はじめて!!

「何ができるか」とか、「どうしよう」とか、「なぜ」とかじゃなく、

「うるせーーー!!!!」

と、思いました!!

眠りたいんだよ、休みたいんだよ、私は!!
はじめて出た本音といってもいいでしょう!(笑)


その瞬間!

私は、それをはじき飛ばしていたのです…!

その後は問題なく眠りつづけました(笑)


次の記事につづきます。


応援どうもありがとう!

精神世界ランキング

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.