BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

第何バージョンの地球

ちょくちょく書いている通り、私は眠っている間の「夢」を通して、
かなり色々な体験をしています。

私はとくにSFファンなどではなく、
その種の小説や映画を愛好していたという素地もありません。

それでも、まるでそういう作品にでもできそうな、
不思議な夢をたくさん見ていました。

このお話も、そのような話のひとつです。


☆☆☆

夜である。

私は、電車の中にいて、車両から車両へと移動していた。

車内は、ほどほどに混んでいる。
対面式の座席もある。
銀色の手すりもある。

座っている人、手すりにつかまって立っている人…
普通の電車なのだが、何か違和感を感じる。


人々も、私を見ている。
なんだか注目している。

どうしたのだろう。異世界に入ってしまったような違和感。

車窓からガラス越しに外を見ると、
確かにここは東京であるとわかるのに、なんだか…景色が違う。
目に映る夜景が違う。

やや近未来的でありながら、荒廃しているような…。


私は混乱する。何かがおかしい。

さっきからじっと私の様子を見ていた男がこう言った、

「今は200X年。ここは第○バージョンの地球だよ。」

その年号だけは、その夢を見ていた当時と一緒だった。


☆☆☆

私はときどき、夢の世界で、
自分がタイムトラベルをしているのを見ています。

この自分のことも、そうでない姿の自分のこともありました。

ワームホールみたいなものがあったり、
色々なやり方で、過去へも未来へも移動できるようです。

この自分の、並行現実らしいものも見かけたことがあります。


さて、ここは第何バージョンの地球なのでしょうか?(笑)


クリックありがとうございます☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.