読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ネガティブが燃え盛るときは?

公開質問

GWのなかばの平日、いかがお過ごしですか~♪
前回の記事に引き続き、公開質問にお答えします☆♪~(^-^*)


たまごさんからのご質問です。


お言葉に甘えて、思い切って質問させていただきます。

最近自分の中の負と思っていた感情に蓋をせず、
真っ正面から見つめて感じているつもりです。
でも蓋を開けたらそれはどんどん燃え盛ってしまっています。

「みんなヒドい目にあって、苦しみ抜いて死ね。
そして地獄に落ちてもまだ苦しめ!!」
こんな思いが猛烈に湧き上がってくるんです。

この、「みんな」っていうのは誰か特定の人間ではなくて、不特定多数というか。
世間一般というか。
で、こういう思いを抱くことについては、
自分を責めたりジャッジしたりはしていません。
ただ「こんな思いを持ってたんだなぁ…」と眺めるようにしています。

ここで質問です。
そうは言ってもあまりにもこの感情が強烈なため、引き寄せの法則か因果応報か、
何しろこの感情を味わっている間に
自分にそういう現実を起こしてしまうのではないか、という心配があります。

それと、もうひとつ気付いてしまいました。
この感情が好きなんですね、わたし。
人を憎んで、呪って、罵倒して、が大好きなんです、きっと。
だから自分が好んで手放したくないんじゃないか…と。
これは正直ショックでした。

もう本当に手放したい、と思うわたしも確かにいて、それがずっと叶わないから。。。

それと、たった今も起きたのですが、
最近目の前を銀の流れ星みたいな光?筋?が一瞬よぎることが多く、
少し気持ち悪くて怖いのです。

いつかすべて過ぎ去り、穏やかな幸せがやって来るのでしょうか。
こんな気持ちでどう過ごしたらよいのか、アドバイスお願いします。
なんだかいつもネガティブですみません(>_<。)


☆☆☆

たまごさん、ご質問ありがとうございます。

お答えできる範囲内の回答になりますが、いきますね芽


たまごさんは、今、準備ができて、見るものを見ています。
パンドラの箱を開けてしまったような気分になっているかもしれません(笑)

でも、怖がらないで。


たまごさんが「ネガティブ」と見なしているその思い、
その「芯」に気づいていますか?
出てくる感情にのまれて、その衣のほうに目がいって、
もしかしたらメッセージを見逃していませんか?

それはメッセンジャーなんです。
聴いてほしいから、声を大きく大きくしているのです。


たとえばそれが強烈な怒りのように感じるのであれば、
何に対して怒っているのか!
何がそんなに嫌だ!と思っているのか。

理屈じゃなくって、その感情のコア(核)に飛び込んでみてください。
ダイビングするみたいに、呼吸しながら、静寂に耳をすませながら、感じるんです。

たまごさんの心は何と言っているの?そこには言葉があるかもしれない。
何かの塊やイメージ、心の叫びがあるかもしれない。


「みんな苦しめばいい!」というような外向きの、その熾烈な思いは、
うわべにすぎません。

その感情が好きだとおっしゃっていますが、
本当にそのような感情がただただ好きな人なのであれば、苦しみませんよね。

それは違うんじゃないかな?
自分をそういう風に見る必要はないんじゃないかな?


人を憎んで、呪って、罵倒して幸せならば、問題はないのです。
でも、そうでないのが人間です。

そんな風にしているときというのは、自分の心が傷ついているんですよね。
SOSの声をあげているんですよね。助けて!って。

たぶん、どこかで合わないものを着込んで、
窮屈になっている自分が、叫んでいるんです。

出たいよ!きついよ!苦しいよ!って。


ですから、そういうときは、気づいてください。

「ああ、私の中の何かが感じてほしい、聴いてほしいんだな!」

と。

それはまるごとチャンスです。
勝手に起こっていることではなく、
これはできる!って、自分が設定してチャレンジしているんですよ。


そして、あなたがそれを乗り越えると、一緒に誰かも癒されます。
その経験は、みんなで利用可能な光になります。
私たちはつながっているから。



引き寄せや因果応報の件ですが、
思考・感情を観察していると色々なものが見えますが、おびえないでください。

まず、思っただけでそのままこの世界の現実になるわけではありません。
そのような仕組みだったら、この現実は大混乱に陥ると思います。

自分が何を信じ、育てるかは選べます。


そのような怖れが出てくる場合、怖れのスパイラルにはまらないように、
ブログにたびたび書いていることですが、
何が真実で何が真実でないかを認識する必要がありますね。

たまごさんの存在根拠は愛です。
他のすべてもそうです。
存在の源が愛だからです。

材料がすべて愛であるということは、
それに気づけば、それしか存在していません。

自分にはあると思っている怖れを含めて、
現実をつくる私たちの豊かな創造性には敬意を払っていいと思いますが、
自分のアイデンティティーというものをしっかり認識してください。


怖れが出てきたら、自分が着色したレンズを通して見ているということに、
必ず気づいていてください。

怖れ=真実ではないものが混じっている(そうである必要はない)

と、認識してください。

そして、たった今、思い込みや怖れを見ているその瞬間も、
源と切り離されて存在することはありえないのだということを意識してください。


自分が困難に感じているときこそ、
たとえるならば「大きな自分の目線」というものが、
同時に存在しているということを知ってください。

そういう目線を何と呼んでもいい…天使や聖霊と見なしてもかまいません。

たまごさんは感覚を感じるのが得意な方ではないですか?

重苦しい感情、感覚が出てきたとき、
それを否定、拒絶するのではなく、中心に居座りながら感じ、
心へ静かに耳をすます…この時点で、聖なるサポートを意識して。
一緒にやさしく見つめている存在がいる。そんなつもりになってみてください。

それから、感じている感触を描写することができますよね。

それは、もやもや?とげとげ?重いかたまり?
手触りがあるとしたらどんなふう?色は何色?形は?
体のどのへんにあるのかな?

そうやって特定できたときは、
自分の安心できるサポート存在に、想像の中でそれを渡してみましょう。

例:胸の重苦しい感情を、暗い青緑色のボーリングのボールとして見て、
サポートしてくれている天使に、手渡す。

そうやって、同時に「別の目線の存在」を実感してみてください。

気が済むまでそういう作業をして、終わったら、
頭の上から滝のように流れてくる光のシャワーを想像で浴びてください。

きらきら、きらきら…光が包んで、すべてを洗い流します。
エネルギーを充填してくれます。


想像は現実なんです。
たまごさんを幸せにできるのは、まずは、たまごさんご自身です。

というのも…
今もほら、すぐそこに。

たくさんの愛、たくさんのギフト、
たくさんのサポートが私たちには差し出されています。

どの人にも例外なく、いつも、です。


私たち自身がそれを受け取る感性、それを見つめる目、信頼する心、
そこに目を向けようという開いた心がなければ、それも届かないのですよね。



ですから、外の現実が怖くなったときには、
大きな自分(存在の中心)を感じてくださいね。

自分の心が落ち着くものを生活に取り入れたり、
空や星、植物やお花などの自然をじっと眺め、ふれたり、
そのときのフィーリングに合った音楽に身をゆだねてみるのもいいですね。


もし、天使がお好きなら、
たまごさんと同様の悩みを持つ方には、大天使サンダルフォンがおすすめです。

大天使ミカエルよりもっとやわらかい、ふんわりした感じで、
ネガティブなまとわりつきをスッキリ解消する手助けをしてくれますよ。
ターコイズブルーのエネルギーで、音楽とも相性のよい大天使です。


そして、たまごさんの見ている「銀の流れ星みたいなもの」が何か、
それは私には答えは出せないのですが、

それも「怖れのレンズ」を通してみるのと、
「親切で愛にあふれた宇宙からの何かのサイン☆」と思ってみるのと、

だいぶ違ってくることと思いますよ。


大丈夫、たまごさんの内なる叡知を信頼して。
あなたには、いつも一緒にいるサポーターがいるのです。

協力して、一緒に人生を歩んでいるその存在感に気づいてくださいね。
ひとりじゃないよ。


それでは、ご質問どうもありがとうございました!


ブログでは引き続きご質問を募集しています。ハート
あなたが疑問に思っていることは、
ほかの人も疑問に思い、知りたいことかも!
あなたのシェアリング歓迎です☆


こちらからお気軽にお送りください。

☆公開質問フォーム☆
パソコンから / 携帯から

☆プライベート・セッションをご希望の方はこちら☆
「お申込みのご案内」


それでは、また次回~♪


クリック励みになっています☆

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.