読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

生きる世界が違う?

公開質問

ご質問にお答えします。

天使ラブさんからのご質問です。

質問は、会った瞬間に、

この人とは生きる世界が違うと感じることがあるのですが、

(異性よりは同性に対して)この気持ちを乗り越えようと、

仕事場では普通にしてるつもりなのですが、やっぱり緊張したりします。

波動が違うとか、そういうことなのでしょうか?

質問というより、相談に傾きそうですみません、

企画の趣旨に合わない場合はスルーして下さい☆

宜しくお願いします☆


☆☆☆

天使ラブさん、ご質問ありがとうございます。

この文章だけでは、もしかしたら、
天使ラブさんのご質問の趣旨が、私はつかめていないかもしれません。

なので回答も、推測ばかりになってしまうかも…ですが。
参考になる箇所があれば幸いです☆


会った瞬間に、この人とは生きる世界が違う…と感じる人がいて、
緊張してしまう。

仕事場にもそんな人がいる。

そして、天使ラブさんはそれを乗り越えたいと思っているのですよね。


うーん、私がお答えできることとしては、

①そう感じていることを「乗り越える」必要はないのではないでしょうか?

天使ラブさんの、「生きる世界が違う」という表現の意味が、
私にはよくわかっていないのですが、
それはきっと、違和感のようなものなのですよね?

緊張するということは、居心地が悪い…と感じているのでしょうか。


それが単に、「なんだかこの人とは合わないなぁ」という感じなら、

「誰とでも仲良くしなければいけない。
誰もを好きにならなければいけない。」

というルールを、外してください!

誰にでも「合う」自分にならなくてもいいのです。

相手の方の、存在に敬意を払ってください。
その人も、天使ラブさんに「好きになってもらう」必要はないので、
そのままでいいのです。

人は、それぞれが、それぞれの自由で表現しています。

仕事場でもどこでも、交われるところは交わり、
そうでないところはそのままにしておく。

それでいいのではないでしょうか。


②天使ラブさんの中にあるジャッジを見る。

もし、単に「何か私とは違うタイプの人だな」だけでは済まない、
強烈なものがそこにあるのなら、
ご自分の内にあるものを見つめてみてください。

その人は、今まで自分が裁いていた部分(怖れ)を見せてくれる、
救い主かもしれませんよ!


そこには、いわゆる「思い込み」という名の定規があるのです。
そして、人をそれによって測って、採点し、分類している可能性があります。
(その場合、これは自分に対してもやっているんですよね。)

ジャンル分け、ですよね…。


まずは共通点を見てください。
おんなじ職場にいる人なら、さっそくひとつ、見つかっちゃいましたね!(笑)

その人だって、昼食を食べたり、疲れたり、笑ったり、トイレに行ったり、

天使ラブさんと同じじゃありませんか?


共通点に焦点を合わせれば合わせるほど、見えるものがあります。

「おんなじだなぁ」という気持ちが湧けば、
その人が「自分と同じ、ひとりの人間」に見えてきます。

言いたいこと、伝わりますか?


そうすると、①で言ったように「好きになる必要性」なんて感じなくても、
勝手に、その存在そのものに対する愛が、湧いてくるんです。

タイプとか、行為とか、関係なくね。


天使ラブさんはどうかわからないのですが、
たとえば、ですけど、
「好きになる必要性」や、「認めてあげる必要性」を感じている間は、
逆にいえば、自分がそれを求めている、それが自分の中にある、ということです。

好かれる必要性。
承認される必要性。

自分が嫌われているかも…とか、
この人からは認められていないかも…とか、
ハラハラして、そんな証拠を探しては、気にする、ということです。


その必要性を手放すと、実際のところ、
人というのは多色の存在で、
「かっちり嫌い」とか「かっちり好き」とか、
「全部認めてない」とか、「全部認めている」とか、
「こういう人」とか、「こういう人ではない」とか、
そんなの存在してないんじゃないか…ということに気づきます。

相手の「表現」を見て、自分がそれに動揺するのだとすれば、
自分の中にあるもの(解釈)によって、
動揺しているのだと気づけばいいのです。


もちろん、天使ラブさんはその人が「嫌い」とは書いていませんでしたが、
少なくとも、何か「怖れ」のようなものを感じている相手なのではないかと、
推測します。

ご自分で「波動の違いでしょうか?」と書いてくださっていますが、
何か気になる違い(=自分が怖れているもの)を、
感じ取っているのではないでしょうか。

自分が気になる相手…
なんだか関心を持ってしまう相手、というのは、
それが「イヤだ」、「きらいだ」という思いでも、
何か大切なポイントを教えてくれています。


まとめます。

ただ直感で、「この人とはしっくりこないな」と感じているのなら、
そのままでOK!

しっくりこさせようと無理する必要がありません。


一方で、どうしてもその人と関わる状況であり、
その人と関わるたびに、怖れやジャッジを発見するなら、

あるいは人生の中で、たびたび、
このように「住む世界が違うんだ」という思いで居心地が悪くなるなら…

これは…

チャーンス!!

もはや不必要な定規(天使ラブさんの思い込み)を、
じゃんじゃん手放して、フリー♪になってください。

「この人をそんな風に見る必要はなかったなぁ」

とか、

「意外とこんな面もある人だったのね。」

とか、世界が広がりますよ。
同時にそれは必ず、自分を発見することにもつながります。

そのときには、「透明な目」で、相手を見ることが不可欠です。
ニックネームが「天使ラブ」さんなら、天使がお好きですか?

緊張してしまったときには、ぜひ、ちょっとの間、
あなたの守護天使と手をつないで、そのエネルギーに包まれて、
一体になってみてください。

まっさらな、白紙の心で、本質を見ることは楽しいですよ!


回答は、以上です☆ヾ(^∇^〃)

ご質問、どうもありがとうございました♪♪


☆公開質問を募集しています☆

ブログでは引き続きご質問を募集しています。ハート
「公開質問について」
あなたが疑問に思っていることは、
ほかの人も疑問に思い、知りたいことかも!
あなたのシェアリング歓迎です☆

こちらからお気軽にお送りください。

☆公開質問フォーム☆
パソコンから / 携帯から

☆プライベート・セッションをご希望の方はこちら☆
「スピリットの声を聴くセッション」


↓クリック感謝です♪

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.