BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

スピリットの声を聴け!

「内なる導きの声を聴く」というと、

自分には聞こえてない!
むずかしそう!

と、思う方がいるかもしれませんが、
実際に、それが聞こえていない人というのはいないのです。ハート

むしろ、それがあまりに当たり前な感じで「ある」ので、
ないがしろにしてしまうのかもしれません。

あるいは、自分を疑うあまり、「自分は間違っている」と思い込んで、
そうではないのに…不必要に裁いていたりね。


「聴く」と表現しましたが、その形態はさまざまです。

内なる感覚で、色々な形で、あらわれます。


それを踏まえた上で、私がぜひ、お伝えしたいことのひとつに、

「スピリットの声も、あなたの思考として感じるものですよ」

という点があります。


心のおしゃべりを止めることは大切で、
思考にとらわれるな、という教えの意味もよくわかるのですが、

それが“マスター”できるまで、スピリットの声がまったく聞こえていない…
ということは、ないのです。

そもそも、心がずーっと、ずーっと、しゃべりっぱなしということは、
本当はないのですから。

もし、そう信じる人がいるとしたら、自分を逆方向に過大評価しているというか(笑)
自分が沈黙している瞬間や、直感の存在に気づいていないだけです。


私がこんなことをお話しするのは、
多くの人に、「すでに導きを受け取っている」ことに、
気づいてほしいからです。

「ああ、これのことか!」と、実感し、認めてほしいからです。


あなたがハイヤーセルフとして生きれば生きるほど、
そこに距離(違和感)はなくなります。

自分の思考、アイディアとして感じます。

あなたも聴いているよ。
それはいつも、湧いてきているよ。


こう表すこともできるでしょう。

私たちは受信機で、どのチャンネルに合わせるか選んでいるだけ。

色んな番組、局があって、
「制限ゾロゾロ!人間の思い込み盛りだくさんチャンネル」もあれば、
「スピリットの、アイディア☆チャンネル」もあるかもしれません。


そしてひとつの局だけに「ロック・オン!」している人はいなくて、
誰でも、ふとした瞬間にスピリット情報局を受信しているのです。

というか、そちらの方が「地」ですからねぇ。
本当は、違う「局」につながっていることの方が不自然で、大変なんだよ~。


私も最近、スピリットとのつながり強化、第二期といいますか(笑)、
自分にとって苦しい色々な状況の中で、必死でスピリットに手を伸ばしました。

そこで得たメッセージのうち、いくつかをここに書きます。


◇スピリットのレベルでは、常にテレパシーでつながっている。
目に見えない世界で起こっていることにも注意を払い、
それを認める意欲を持つこと。
直感で情報を得たならば、信頼すること

◇正直なコミュニケーション。
おそれず、表現すべきときには、表現すること。
そのときに、どんなテーマでも、
ハートを意識して、ハートから直結した言葉を語るとよい。

◇抱えている問題に関しては、スピリットに回答を求める。
我慢したり、ひとりで抱え込む必要はない。
一度そうしたら、必ず答えは得られるので、安心して待っていること。
そして、小さな衝動でも信頼し、従ってみること(導きに気づく)。


信頼すること!
キーワードのように何度も出てきます。

昨日~今日にかけても天使から菫色の光を浴びせられ、
その意味を問うと、持っていたある本に導かれました。

ドリーンさんの本だったのですが、

「すみれ色。あなたに必要なのは素直に、耳を傾け、信じることです。」

けらけらけら!と、爆笑の気分でした。


お伝えします。

あなたが、「第六感」すなわちスピリットの視線とつながって、
起こっていることを眺めてみると、

必ず、必ず、あなたが「なるほどな~!」と思い、
なんだかうれしくなるような、
すべてのわだかまりが溶けてしまうような、

現実を見るでしょう。


いかに自分が、自分を裁いていたか、
不必要にジャッジしていたか、気づくでしょう。

それこそが、自分の力を奪っていたのだと、わかるでしょう。


私はときに、スピリットから教えてもらった、
状況の背後に見えた「ヴィジョン(洞察)」を人に話すのは、好きです。

壮大な宝探しのような、ワクワクする現実がそこにあるからです。

そして、そこには、ただ愛しか存在していない…。

どの存在にもひとしく、存在意義と、居場所がある。


共存関係。
つながり。

持ちつ持たれつ。

あなたがその「調和」に気づいた瞬間、
世界はあかるく輝くでしょう。


クリックありがとうございます☆

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.