BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

現実を見るときに

前回、前々回の記事からのつづきです。

「自分が現実を創っている」という目線から、
起こっていることを見るときに、助けとなるのは…

「自分を知っていること」

です!


ここのところ、セッションをしていても、
自分自身の人生と向き合っていても、

気づくことはそれでした。


この点を見落としていると、状況は決して理解できないな、って。

逆に、それに沿って見ていると、非常に納得がいく。

現実を構成する核として、「目的」というか、
「スピリットとしての自分のヴァイブレーション」が先にあるのだから、そうだよね。


最近私は、必要があって、天使とよく連携するようになったおかげで、
このことによりはっきり気づきました。


「何が悪いのだろう」と思って、現実のあら探しをしたり、
自分の罪悪感を作り出していくのではなく、

スピリットとしての目線から捉えるためには、

この「個」の自分としての、「テーマ」や「特質」のようなものを、
わかっていると本当に助けになります。


それは、前々回の記事でも書いたように、
ちっとも「制限」ではなく、
あなたの望んでいること、ごく自然に受け入れられることです。

(制限になるのは、「テーマ」や「特質」そのものの方ではなく、
あなた自身の身につけている“思い込み”の方なのです。)


あなたの、すべての個人的現実は、そのために役に立っている。
そこから生み出した流れに基づいて、それを中心に選び、創っている。


そう認識すると、

外の状況のせいだとか、
外の人のせいだとか、
生まれた境遇のせいだとか、

色々な「~のせい」が、要らなくなるのです。

むしろ、感謝でいっぱいになります。


ありがたいなぁ~、って。


人生の中に起こるチャレンジは、
もはや苦闘ではなく、
すべて自分にぴったりな、うれしい機会になります。

「成長したい」というあなたのために、
ときに、「こうするといいよ!」を、あぶり出してくれている。
あなたの今、気づきたいことを、教えてくれている。


現実を愛するか、愛さないかの違いは、
スピリットとしての自分をよく知っているか、
知っていないか、によって、

かなり難易度に差が出ると思われます(笑)


そして、私の感想としては、

皆さん、本当は、自分でよく知っている。
ただ認めるのが怖いだけ。


うまくいきすぎ?
すばらしすぎる現実?

スピリットから見たら、本当に何事も完璧に起こっているよ。
こんなにも、あなたに「語りかけて」くれているよ。

あなたはそれを、直視する勇気はありますか。


思い切って認めたとき、あなたは安らぐし、
人生は「ギフト」や「楽しい冒険」以外の何ものでもないと気づくのです。


クリックどうもありがとう♪

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.