BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

おすすめの本

おすすめの本を紹介します。

ここ最近、私の天使が教えてくれた本…
直感で出会った本、といってもいいんだけど、


『トランサーフィン 鏡の超法則』

トランサーフィン鏡の「超」法則 リンゴが空へと落下する――奇跡の願望実現法 (超★スピ)
ヴァジム・ゼランド ほおじろえいいち
4198630003


ヴァジム・ゼランドの「トランサーフィン」シリーズは、
以前から、そのおおまかなコンセプトを知ってはいたのですが、
買って読むほどの気持ちは起きなかったんです。

ただ、近頃「天使の教育」という表現で記事に書いたように、
インスピレーションで新しく買って読むように促された本のうち1冊が、
これだったのですね。


この「鏡の超法則」は、トランサーフィンシリーズの4冊目だそうです。
私は、前の3冊は読んだことがないのですが、
直感の導きを信頼して、いきなりこの本を読んでみました。

結果、すんなり読めました。
(まだ全部読み終わっていないけど、ここまででも十分有益。)

巻末に用語集もあるので、著者の世界観を知らない方でも大丈夫そうです。



「願望実現法」というカテゴリになってはいますが、
その言葉でくくれる本じゃないよね!と、思っています。


この本で著者が言っていることの多くは、
私にはすごーく賛同ができて、

表現は違えど、自分が書いたり、伝えたりしたいと思っていることと、
共通点がたくさん見えました。


作者の、「エゴ」の捉え方や、「振り子」というコンセプト、
バリアントの空間(無限の情報フィールド)について、
その他諸々…

このブログを読んで、なんか好きだな、波長が合うな、
と関心を持った方には、ぜひ参考に読んでみていただきたい内容です。



面白かったのは、夢の領域のこと…「明晰夢」についてや、
「インディゴ・チルドレン」についても言及されていたことでした。

まさか、この本の中にそんな情報があるとは予想していなかったので、
ぎょっとしました(笑)


(個人的な話ですが、私は以前から夢の世界について度々ふれているほか、
わりと最近の記事では「明晰夢」についても書いたばかりでしたし、
過去記事では、自分のインディゴ気質について書いたこともありました。

インディゴ気質といっても、
自分の感覚では、オーラがインディゴというわけではなさそうだし、
インディゴとクリスタルのミックスのような性質と感じているのですが…。

定義付けはさておき、なんとなくそういう実感がある私は、
インディゴという世代や特質について書いてくれている本があると、
なんだかとてもありがたい気持ちになるのです。
なので、直感の導きによるこの巡り合わせに、驚いたのです。)



著者はロシア人なのですが、アメリカ発信のスピリチュアル本が多い中、
それとはテイストの違う著者の語り口調や表現、ユーモアのセンス、感性、
着眼点などが私は好きでした。

笑える箇所も多く、かなり愉快に、楽しく読んでいます!


とにかく、興味をひかれたら、一読してみることをおすすめします。


人生に何が起きているかを客観的に見つめるひとつの方法になるし、
バランス感覚、自分の中心を取り戻すきっかけになり得る。

私流に言えば、スピリットとしての自己を思い出すこと…
地球ゲームの後付けルールではなく、「源」の性質に基づく自然な流れ、
私たちの本質を、実感として受け入れやすくなるんじゃないかな。


ちなみに、「トランサーフィン」という用語は、
潜在的に可能なバリアントの現実への変換」、「人生ラインの乗り換え」、
などの意味があるようですが、

著者が考え出したものではなく、
この本の内容やキーワードが湧いてきたところから、
著者に「送られてきた」言葉だそうです。


クリックどうもありがとう☆

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
(対面、スカイプ、電話)

「お申込みのご案内」

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.