BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

好き好んで妄想している

前記事にいただいたコメントを読んでいて、
ひょっとして、このあたりが伝わりにくいのかな…?と思ったところを書きます。

このブログで、初期のころから繰り返していることです。


どんな出来事のさなかでも、あなたには、自由になるものがあります。
それは自分の心の在り方、ものの見方です。


私が前記事で書いた「次元を変える」というのは、
出来事や状況に対するものの見方のレベル(視点)を上げるということです。

三次元に限定されていない、大きな自分の視点になる、
あるいはハイヤーセルフとして眺める、という表現でもいいです。

「思い込みに囚われた自己」から、自ら出るのです。


そのためには、
「自分の思い込み・妄想」で世界を見るのをやめる必要があります。


☆☆☆

それは、じつは簡単なことです。

なのに、なぜそれをしないのか?


…自分の妄想を、「正当である」と信じ続けたいからです。

好き好んで、妄想の方を「自分の真実」として、選びとる。

なぜ?そういうことをするかというと、自分ではそれを信じている
(自分目線の現実の中で、信じる理由があった)ので、
根拠があると思っているから。


「ほら見ろ!やっぱり思った通りだ。」

信念に基づくものの見方を自らしては、そこにフォーカスして証拠集めをして、
つまり、自分の納得するようにものごとを解釈して、

そうして、馴染んだ痛みに漬かることで、安心するのです。

結果、そういう目でしか世界を見ないのだから、
そういう現実を体験し続ける。


☆☆☆

世界を自分の好きなように見ているということに気づき、

「思い込みの現実ではなく、神性に沿ったものの見方で見る」

と、自ら決めてほしいのです。

それが「意図」です。


そのためには、妄想にはまっている自分に、
すすんで気づかなければなりません。


意思を持ってください。
「あっ、痛みが介入しているな。攻撃/防御の思考になっているな」

と、気づいたら、神性に基づくものの見方をすると決めてください。

(私が前の記事で書いたのは、そのとき用いる表現のひとつ。
大天使や天使というヘルプエネルギーとつながる方法です。)


なぜわざわざ、苦しみを生む妄想にはまると思いますか?

人が、あたかも、「それだけが真実だ!」というように、
(他の人から見たら、明らかに偏った考えでも、)
それを固守するのはなぜでしょうか。

実はそれ…自作のストーリー、自分の抱えるBELIEF(信念)によって、
まさに苦しみを生み出しているというのにね??


…他の現実を信じるのが怖いからですよね。

なじんだ現実にとどまりたいからです。



なじんだ現実の中には、「どこかに罪や不足がある」という苦い信念があります。

私が悪い、あるいは外の誰か、何かが悪い。

全部が調和しててハッピー、ということはありえない。

えんえんと続く、個の目線プレゼンツ!な、罰則のループ。


だから、万事うまくいっていると思えるときには気にしないが、
自分の思い通りにならない、気に入らないことが起きると、
不安が始まる。

起こっていることの中に責めるべき対象を探そうとする。
不足の概念や、犠牲の概念がちらちらと、愛を浸食する。


善と悪という二元性を信じているので、善だけなんてありえないわけだし、
誰かが得をすれば、誰かが損をする。

勝者と敗者。どこかに犠牲が出る。
そういう仕組みが理性的である、筋が通っていると思っている。


だから、苦しくても納得している。
こういうものだと信じているから(無力感とともに)。

一方が正義なら、一方が悪だ。

人と人は理解し合えず、思考は個々に切り離されており、すれ違い続ける。

(本当は、そう信じているがゆえに、
伝わりあっている真実を、見ようとしていないだけなのに。
それは、あるのに。)


☆☆☆

…この世界観によると、「真実」は恐ろしいもの、残酷なものです。

あなたを失望させるもので、知らない方がよかったことです。

最も恐ろしく、知りたくないもの。


だから、人は自分がそれ(怖れ、虚構)をつくっているのを忘れて、
いや、その事実から目をそむけて、
「小さな自己」の提供する安全なシナリオ(決して好ましくはないが)、

そして、そのもとである信念と、狭い考え方に固執します。


そうして、恐ろしい普遍の愛(神性)から自分を防御するのです。


☆☆☆

ねえ、まだ同じゲームを続けたいかな?

決めるのはあなた自身しかいない。


神性に沿った現実は、あなたが想像するより、はるかによいものだよ。


繰り返しますが、妄想を妄想であると、自分で認めなければ、
その勇気がなければ、そこから抜け出すこともできません。

色んな「ヘルプ・サポート」のエネルギーがあるといっても、
あなたの意思が第一です。それを侵すことができるものはいません。


☆☆☆

だから、自分がいかに、「こういうものだ」と思って世界を眺めているか、
観察して、気づきましょう。

自分の殻から出たいなら、チャンスです。

「でも、方法がわからない」
…それは違います。内面の怖れが邪魔しているのです。


そう、あなたの中の「癒されてない部分・傷の部分」は、ときに、
「そうはいくか!」と、大声をあげて、なじんだ妄想へと引きずりこむでしょう。


それに気づいたら、ただよく見てください。
それは見てほしがっている…すでに、「統合」する準備ができているのです。

そのとき必ず、内なる叡知、ハイヤーセルフと一体になること、
そうしたければ、大天使や天使のサポートも意識してください。

ここでも、内から出てきたものを、
「神性に基づくものの見方」で見ると決めてください。

こうしてあなたが意図し、癒すことを許可すれば、
プロセスはすすみ、必要なことが起こります。


☆☆☆

「人が悪い」、あるいは、「私が悪い」と延々と責め続けるスタイル、
あるいは、「犠牲や我慢」をともなう信念、

そういうものが全く必要ないということは、うれしいことではないですか?


自分に対しても、人に対しても、
「何かが悪い」という気持ちでいること、
批難や罪の意識を抱えることは、復讐心のかまどに密かに次々と火をくべて、
傷の思考にえさをやり続けるのと同じです。

それは結局、自分を不幸な気持ちにするのです。


だから、ね。
妄想を手放して。それが真っ赤な嘘だったら?
あなたの作ったドラマだったら?と思ってみて。

そうして、ちょっと笑ってみるのです。
それを信じて翻弄されていた、面白かったストーリーを。


クリックありがとうございます


☆プライベート・セッションをしています☆
「スピリットの声を聴くセッション」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.