BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

軽いタッチの起き上がりこぼし

今日浮かんだ言葉は、「軽いタッチの起き上がりこぼし」。

起き上がりこぼしって知っていますか。

色んな素材のがあると思いますが、
空洞になっている中に重りが入っている人形のようなもので、
倒しても、倒しても起き上がって中心に戻ります。


つついても、横にしても、
そのままということはなくて起き上がる。


私たちの中にも「源」という重り(重心)があります。


人生で何度「転んだり」、「倒れたり」、「傾いたり」
したように思えても、

重りの作用で本来、自然と、もと(中心)に戻ることができるんです。



私は、小さい頃見たことのある、
ビニール製の起き上がりこぼしを思い浮かべていました。

あの中には空気がつまっていて、
あとは重りがあるだけだったな。


私たちも「中の空気」の軽さを思い出せば…


でも、これがもし、「空気」ではなく、

自分の中に、実体のある「砂」が詰まっていってしまった…

これは重さを増す一方で、どうにも取り除けない…

と、そう思っていたら?


「砂。」それが本人にとってはずっしりとした重さを持ち、
「起き上がれない」感覚になるのではないだろうか。


「軽いタッチ」

あなたが力を与えたものは、あなたにとって「重さ」を持つ。


(軽さとは、「いいかげん」とか「ないがしろ」という意味ではない。
真剣で、かつ軽くあれる。
だって、これは真剣な遊びと言ってもいいのだから。

一方、深刻であるとき、重い。)


源…私たちの核はリアルであるけれど、
それ以外は「空気のように軽いタッチで。」

何度かたむいても、ゆらゆら揺れても、
大丈夫だって知っていたら。

もっと、生きることは楽しくならないか?



そしてまた、思ったのです。

起き上がりこぼしが「外からつつかれている」
「外の力で揺らされている!」

と思うのも、本人にはそう見えているだけで…

それすらも、自分内部の力だから。

揺らすのですら、自分自身。


☆☆☆

それぞれの存在の核にあるものを信頼しよう。

重くなったな!
自分が、自分の中に「砂(重さ)」をためているな!

そう感じたら、「それは空気である」と、素材を思い出そう。


幻想の「重さ」に打ちひしがれた後にも、

あなたはぴよっ!と起き上がることができるよ。

すると、胸に希望があふれてくるのを感じる。


世界は新しい。

軽いタッチで、あなたは、何度でも新しいあなたの輝きを見る。


「重さ」なんてまるで存在しなかったかのように、
何でもなかったみたいに、

「存在の核」へのチューニングは新鮮で、
湧き上がるよろこびに満ちている。

思わず感謝が湧いてくるくらいに…。


希望を見失いそうになったとき、
この変な言葉を思い出して、

「軽いタッチの起き上がりこぼし」


いつも今がスタートだ。

あなたは自分の望みを知っている。
探さなくても、勝手に流れてくる。

内なる火を、今も、絶やさずに保持しているのだから。


希望の光は、あなたの核にあり、それが消えることはない。


だから、源の性質、生命の炎、普遍の愛については、

懲りるな。

違うものを信じそうになったら、ただ気づいて。


翳りが忍び寄ったとき、重さに沈みそうになったとき、
あなたがそう決意すれば、
本当に、そうではないものを見ることができることを忘れないで。


絶対的なハッピーエンドを信じる力を、閉じ込めないでね。


読んでくださりありがとう☆


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.