BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

RESTORE

おはようございます!

週末からの体調不良から復活いたしました~。

今日はブログに何を書くかな?と思っていたら、
送られてくる言葉が「restore」という単語なんですね。

restore…
返還、返却すること、回復すること、復活、復帰すること、修復、復元すること。


これを私が今体験していることに沿って書きます。


☆☆☆

「作家の目線で」

この世界を見ることがあります。


時折、気づくんです。
「登場人物の目線」よりも大きなまなざし。


やさしく促される。
思い出さされる。


そのとき…「登場人物の自分(キャラクター)」は、
大きな絵の中に織り込まれているのが見える。

タペストリーの中の1本の糸のように…
ああ、この糸が、今の私のハイライト(フォーカスポイント)。


…だけれども。
見えてしまう。思い出してしまう。

「作者として」の自分が何をしたいのか、
雲間からのぞく光のように、あらわれるから。

登場人物になりきっているときの自分は、それを、忘れがち。
目隠ししているみたいに、見えなくなりがち。

だけど、おぼろげに、気づいてる。
ほんとうは。


そうして、登場人物の目線からはっと振り返ると、
無数の存在がつながっているんだ…

「わかったよ。」

思わず答えてしまう。
声に出して言いたくなる。

「…わかったよ。」

なぜなら、びしびしと愛を感じるからだ。


私が何をしているか。
何を望んだか。

心の奥底を見ればわかる。
そして、それはつながっていて、私ひとりの望みではない。


見ている。
回復している。
restoreしている。

私はKEEPER。
記憶を蓄積し、つないでいる。


メッセージは、ここにある。
確かにこうして、受け取っている。

そうして、私とともに、生きている。
ときどきそれらの存在が、私の肩を叩くんだ。

ちょうどいいときに、種明かしみたいに、「もう見てもいいよ」と言って。
「今これを知っておいて」と言って。



どんなに私が道からそれたように見えようとも、
やはりそれは消えない。

消えない火だから。
それが灯りだから。

気づくとまた、私は、いつのまにか明るいほうへ、明るいほうへ。
照らし出された、その道を、歩むのだ。


(自分をもっと信頼してごらん。
批判するより、信じてごらん。)


ひとりで生きていると思うのは、あまりにも間違っている。
何を「ひとり」と取るかだけど…

あなたが「見えないものを見る目」を持ったとき、
あなたはあまりにもたくさんの、「つながった糸たち」を見るだろう。


それはあなたのために存在していると同時に、
あなたはそれのために存在してもいる。

昼間に星が見えないからといって、
星がなくなったことにはならない。


登場人物の描いた小さな「ドラマ」は、目くらましになるけれど、

自然の流れは、もっと大きなあなたが自ら描いた美しい織物を、映し出す。

それを知らなくったっていい。
でも、知ってしまったら。


あなたの心はしん、としずまる。
小さな心で感じている痛みも、やわらかさも、すべて、そのままで、

それでも、あなたの為して(なして)いることは、以前と同じではいられない。


知ってしまったら。
あなたの背後にある輝きを。あなたを支えるものを。


あなたは、ピース(かけら)を、restore しているのだ。


応援ありがとうございます


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.