BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

見える者の責任と功罪

なんだかタイトルが厳めしいかな?(笑)
でも、降りてきた言葉をそのまんま採用します。
コワイ意味ではなく、ひとつの表現なのでそのつもりで。

このタイトルが象徴しているもの、
私の体験に基づいて、ここで精一杯あらわしてみますので、
言葉の奥にあるもの、言わんとしていること、
読んだらわかってもらえるのではないかな、と思います。(^^)ゞ


☆☆☆

あなたが魂の目むきだしだった頃、
この世界になじんでいなかった頃、

もしかしたら、
大人みたいな表現はまだできなかったかもしれないけど、
内面の“自分が何であるかを知っている者”として、

「うっへぇー!本当に!?まじで!!」

と、思ったかもしれない。
色々なものを見回して(笑)


そんな単純な驚きを、この世界に対して抱いていた人、
ファサード(本来は、建物の正面という意味のフランス語だそうです。
ここでは、“見かけ上の、外見上の”…というような意味で使っています)
を、どうしても本物とは思えなかった人に向けて、この記事を捧げます。キラキラ☆


☆☆☆

最近、「自分」にフォーカスする記事が続いたので、
今度は、「相手」に対する見方について、書いてみましょう。

どのアプローチで書こうと、結局のところ、
それを「自分」に向けてもいるのだから、同じなのだけれど(笑)

そう、これから述べることは、自分自身の場合もそうであるという風に、
ベクトルを他者と同時に自分にも向けながら、読んでほしいです。
そうすれば、わかりやすいですから。


☆☆☆

あなたは、人の中にある光を見る。

それが、あなたにははっきり見える。

そうでない現実なんて、嘘みたいだ。

あなたはそうして、もしかしたら、相手の持てる可能性を眺めている。
ポテンシャルを見つめているのだ。


それは確かに存在しているから、
あなたには「それが無い」ことにするなんて、とてもできない。

そうして、あなたは戸惑う。

相手の持っている光、ポテンシャルの姿と、
現在の等身大の姿に、ギャップがあるからだ。

その差異を埋めようとするとき、あなたは困難と向き合う。


もっとこうできるはずなのに

わざと そうしてるんじゃないか

どうして 知らないふりをするんだろう

なぜ うそをつくんだろう


こうなると、あなたの「視点」は大きく歪んでしまう。

あなたには、「本当にそれで精一杯なんだよ」という見方、
あるいは、「それは良くもなく、悪くもないよ」という見方が、欠落してしまうのだ。


あなたは、もしかしたら実際に、相手の持つ本質を見ているかもしれない。
けれども現在、その人はそれを生きてはいないとしよう。

「どうしてそんな風になっちゃうの?」

と、あなたは悲しく思うかもしれないが、
それはやはり、あなたを「暴君」にする考えである。


なんとかできたら…と、それを自分の肩に背負ってみたり、
なぜそんな風に見て見ぬふりをするのさ、と、
誰かさんの方に非があるとしようとしてみたり、

…そういった試みからはすべて退こう。
どちらにしろ、それは苦しみを生み出すのだから。



今回のタイトルでつけた「見える者」の意味は、
不思議とされているもの、を見る者の話ではないんです。

本質を見る者のことを指しています。

それは、そう思うことで驕るという意味ではなくて…

私には全部が見えるとか、絶対的な真実が見えるとか、
そんな過信の話ではなくて。

ただ単に、ファサードファサードだと感じてしまう者のこと、
違和感に敏感であるもの、
その奥にある実在性を否定できないものについて、

「見える者」と呼びかけています。


☆☆☆


そのとき、その人には、本当にわからないのかもしれないよ。
あなたには明らかなように見えることも、その人には見えていない。

そんなバカな、と思うかもしれないけど、そうだったら?と考えてみて。
“わかっているはず”と思うことが、苦しみを生み出す。


もちろん、あなたは心の中で、
その人の「わかっている部分」と交流することはできる。

いつもつながっている、その部分を感じることはできる。

でも。


一生懸命やっているんだよ、みんな。
ある角度から、「非道」だなんて、評価されている人たちも。

誰も、“わざと”じゃない。
(わざとの場合を含んですら、ですよ。 笑)

あなたもそうでしょう?

本人はそれで100%。
そのときは、そうとしかできなかったんだ。


その人は、その人の催眠の中にいる。
あなたの思うようになど、動いていない。


自分の理屈を手放さなきゃならない。

それを混同すると、あなたは「悪意」を見出し、
それがあると錯覚してしまう。

違う。それは悪意ではないんだ。
催眠だ。

あなたが持っているのとは、違う種類の催眠なのです。


あなたが自分の催眠からしらふであるとき、
相手のかかっている催眠が何か、ありのままに見えます。

そのとき、あなたは、

「愛」という名のもとに「都合よく、美化して」見るのでもなく、
「分離」の意識を介入させて、「上から(あるいは下から)目線で」見るのでもなく、

ただ単に、フラットに、
(自分から)地つづきの現状を見るのです。



そのとき、投影機である自分に対応する、
中身(リンク)を発見することがあるかもしれないね。

それは決して絶望ではなく、むしろ救いです。

相手を自分より強いと思わないで。
形は違っても同じ。

弱さもそのままに、それを見ても大丈夫。

むしろそれを受け入れれば受け入れるほど、
それはどうということもなくなるだろう。

その人のもつやさしさ、かわいらしさ、無邪気さが、
胸にばーっと浸透してくるだろう。

今、ここでは、それが私たちの協力しあっている体験なのだから。


あなたの見ているポテンシャル、
それが「無い」わけではないのです。

逆です。

本質が在るからこそ、ここがこんなにも変化に富み、
たくさんの感動を生み出してくれるのです。


クリックどうもありがとう!


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.