BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

幸福な夢だ

以前からよく夢のコーナーで書いているように、
私はずっと眠っている間にみる夢がリアルで、

もしかしたら、あちらが現実で、
こちらの世界が夢だということもありえる…と、小さな頃から、
ときどき思っていた。


だとすると、こちらの夢(今体験しているこの世界)に、
戻ってこれなくなるということもあるのだろうか…

そんなことを思っては、自分の見ている世界を、
きゅっと抱きしめたいような、愛しい愛しい気持ちになっていたものだ。


今でも、寝て起きて目覚めるとき、
肉体というか、この私(vanillatree)の意識に戻るときがわかるのであるが、

ときどき、言語化するならば

あれ?ここはどこだっけ…
…今の私は何だっけ?

みたいな感覚に陥り、

ああそうだった、私は今○○○○(氏名)だ
(実際は、自分の名前を言語としてとなえたり確認するわけではなく、
この人生というか環境というか、リアリティ全般が戻ってくるのであるが、
要するに確認作業をしているということです)

と、

この舞台設定にふたたび整合する、みたいなプロセスがあるのです。


そして、そういう瞬間にだけでなく、
起きている間でも、たびたび感じます。


幸福な夢だな、と。


胸がしんとして、この世界に参加している自分が、
とてもありがたく思える。

ああ、ここにいられる、
この幸福な夢の中に…。

それはポイントとしての自分がいると同時に、
からだの中で世界をなぞっているような、
一枚のものを内包しているような、そんな感覚でもある。


決して、私の人生(現状)に、私の思う問題がないとか、
常に平和な気持ちで生きていますとか、そんなことないんですけど(笑)、

だけど、なんて幸福な夢なんだろう、と思う。


多幸感というようなハイな感じとは違う。
もっと静かで浸透している。


私が騒いだり、悩んだりすることも含めて、
そんなのも全部、ああ楽しいんだな、という目線になってしまう。

(楽しいって言うと語弊があるかな、誤解を生むかもしれない、
でも皆さんも、大好きな小説を読んだり映画を見たりしているとき、
内容、展開はともあれ、感情移入も含めて楽しいでしょう。

なんていうのだろう、愛しい芝居を見ているような感じなのだ。
そんな喧騒も、色合いの変化も、すべてがあまりにも…なつかしい。)


ここにいられることはなんて素晴らしいんだろう、
本当に…すべてを焼き付けておきたい。

愛しくて、愛しくて、そう思う自分がずっと、間違いなくいるのです。


力づけてくれることも、わずらわしいことも、
あたたかい交流も、仲違いも、
何もかも全部全部、

それはまるで…記録したい、という気持ちにも似ている。


その記録の感覚というのは…じーっと見ている感じとも似ていて、
それを私はあるときから、「見守るもの(KEEPER)」という言葉が、
わりと近いかなと思っていた。

WATCHERよりは、KEEPERなんですよね、なぜか。


なので、何年か前のあるとき、友達からふいに、
人生の願い(目的)は?なんてきかれたとき、

「…見ていたい。見守りたい。」

それしか言葉にならなかった。


だからといって常に「客観的」であるとか、
「受け身」であるとか、

とも、違うのである。

ここに参加して動く私と、そこに境目は、ない…。



おそろしいほどに貴重に思えるときがある。
さわって確かめたくなるときがある。

ああ今、私はここにいるのだ。
この夢の中で、見回せる。

空や自然。地面。
感触。味。

とびこんでくる。
ああ見て、

風、におい、色、音、

虫がとんでる、
動物があるく。

人々がいる。

あの人も、この人もいる。

この人と、こうして一緒にいる。

寝て、起きたら、この世界に戻ってきてる。
なんてすばらしい!

昨日のつづきが、ちゃんと続いてる(笑)
まるで奇跡だ。

夢の景色はうつくしい。

季節がめぐる。

ごはんを食べたり話したり、
なんでもないことを当たり前のようにしているけれど、

その色合いが、狂おしいほどになつかしい。
愛しいものを、大きな手で、なでるみたいだ。


こんなに幸福なことはあるだろうか。


厚くて重い毛布をかぶったようになるとき、
私はこの感覚をすっかり忘れるか…に見えるが、

それも、だいぶあやしくなってきている。
なぜならそんな合間にも、この感覚が閃光のように差し込み、

本当には、忘れさせてくれないからだ。


よい週末を!!(^-^)ノ・: *:・゚♪


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.