BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ちょうど真ん中

右寄りでもなく左寄りでもなく、
上寄りでも下寄りでもなく、ジャスト真ん中。

ただそのままであるってことが、こんなに精妙だとは(笑)


無理になにかになろうとする。

黒か白かの結論を出そうとする。

示された値になろうとする。

ロールモデルを追いかける。


でも私は、私の真ん中。

よそおわない、つられない、

よくもない、わるくもない、

抵抗ゼロ。


黒から白への濃淡の中には、
本当はたくさんのグラデーションがありますよね。

その1ピクセルをとって、

「これは黒だ」
「いや白だ」

白寄りだ
黒寄りだ

そんなことになんの意味があるのかな。


グラデーションのどんな自分も、
グラデーションがあると認めるだけで、

パレットのカラーは無限大にあるだけで、


「私」の中にはたくさんたくさんのいきいきしたカラーがある

それだけのことなのにね。


決めたがる、
分けたがる、

自分の方位磁針がぐるぐるしているとき、
なんだか余計なものを取り込んでいるのですよね。


水平器ってありますよね。
水準器ともいうらしい。(知らない人はこちら→
ウィキペディア「水準器」
あの、液体の中に気泡が入っているものを思い浮かべてください。

あのまるい泡って、自分の手に持ってるとき、
計器をかたむけても、かたむけても、
どの角度にむけても、持っている自分にとっては同じ位置にあるよね。
計器という囲いの中では、
それが計器の「端」だったり、「右や左」だったりという表示になり、
移動してることになるんだけど。


そんなイメージ。

外から見た位置づけがどこにあっても、
かたむけても、かたむけても、自分の真ん中には合ったまま。


真ん中にいるとき

そのとき、そのときの色、そのままでいい私である


枠組みからどの位置に見えたとしても

ジャスト まんなか(笑)


応援どうもありがとう☆


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.