BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

JUST RIGHT

昨日はひさびさに、ジャーメインさん(聖ジャーメイン)の
エネルギーを感じました。

状況はおなじみのシャワー中でした。
口述用のICレコーダーがあれば…と、またしても思ったよ(笑)

1日経って、もう詳細を忘れているんですが、
何に関連したどんな話だったかなど、ベースを覚えているので、
これを書きながら同じところに到達するのではないかと思います(笑)


前回の記事(こちら)に関連して、私が大事だと思うポイントを書きます。

まずはおさらいです。


☆☆☆

見ている世界は、たとえていうならテレビの画面のようなものです。

ぜんぶひと続きで切れ目はありません。
(これは机だ、これはパソコンだ、これは私の体で、あれは壁だ…
という風には、分かれていない。)

私たちは、この世界で、自分の反射データを体験します。

何に反射するか。

自分の延長、実在の素材といってもいいし、
光の存在といってもいいと思います。
あるいは、背後にそれぞれのスピリットがあるという言い方をしたら、
わかりやすいでしょうか。

(この点、「ない」とか、「幻想」という表現を使うときに、
それに対して「在る」のは何かを注意して読んでくださいね。

私たちが体験しているのは、たとえれば、
特殊レンズを通して知覚する「あらわれ」なのです。)


ただ、それも結局ひと続きなので、
(私はよく、中心から円盤状にひろがる、
大きなアメーバのような自分の体のへりが、
裏返って自分と向かい合っているようなイメージが浮かぶのですが)

私が、私に向かい合っているといってもいいと思います。
自分を鏡に映して体験するような感じです。

見ている世界はスクリーンのようなもの。
あなたが送りだしたものが、反射してかえってくる。


だから、こういう言い方もできます。

この世界に、人はいません。ものはありません。
これは誤解をまねきやすいので、言い方を変えると、
見ているような世界は、別の視点から見ればリアルではありません、
ということです。

元データはあります。
(私はそれを、スクリーンにある網目のように想像します)
あなたという個が、AさんともBさんとも違い、
今のあなたであると体験できるのも、元データがあるからです。

つまりこうして体を持っていて、この世界の中に存在している、
個人の私という人間…という体験も、
この説明でいくと、元データ(前回の書き方では「種」)です。

データプログラムというたとえを使うと、
何か固定的にきっちり条件づけられているようですが、

それはいわば可能性を含んだ種子のようなものだと考えてください。
それ自体が、それぞれ、ホログラフィックに、
膨大なポテンシャルを含んでいるのです。

それぞれの種子に、「送り出し、反射させる」のはあなたです。

変な言い方ですが、あなたは、あなたの背後にある存在です。
この意味で、データである個人の自分も、あなたの反映です。

要するに、肉体を持っている個人と思っている自分の、
もっと奥にあるもの、もっと広い存在があなたです。


そして、他者からとってみれば、
やはりあなたも同じように「種子(元データ)」として存在し、
他者は、自分のエネルギーをあなたに送りだして、
反射させてかえってきたものを、「あなた」として体験しています。

ここで、くりかえしになりますが、
「他者」についても、中身のない幻影のようなものだと思うのは、違います。

源はみなひとつの、たくさんの分身がいるというように想像してください。

それぞれが鏡面として、まわりを映し出すバブルのように、
全体を含有しているのです。

源という「幹」から派生して、
ひとり一個の宇宙を持っているイメージを描いてみてください。

ぶどうの房を思い浮かべると、
まるい実がたくさんなっていても、全部つながっていて、
ひとつのぶどうです。

実の部分だけを見れば「たくさん」ということになりますが、
源はひとつです。


それをふまえた上で、
あなたの関わる人たちは、あなたバージョンの人たちで、
あなたの世界は、あなたバージョンの世界であるとしたら、

(共通の「種子」、「元データ」はあるけれど、
あなたの体験する世界はあなたの反射なので、
それは監督の指示を待っている俳優のようなところもあるのです。)

あなたの送り出すヴァイブレーションがいかに重要かということに、
気づかれると思います。


☆☆☆

私の見解を完璧に言葉にできてるとは思いません。
なので、ご自身で、内側からたしかめてください。

この話をするとき、
この世界で体験しているあなたという「体のある個人」も、
データ(種子)に、あなたが送り出すものの反映であるということに、
留意してください。

あなたはそれより大きなものです。
注意をそこに絞って、自分を催眠にかけているので、
それ以外は自分ではないと思えるだけです。

「個」は、あなたの体験の一部ですが、
あなたという「存在」の芸術家の、表現の形態でもあるのです。

さらにいえば、体験している個人的な現実も、
あなたの表現なのです。


☆☆☆

ここでやっと前回の話につづきます。

自分の中心にあるということは、中立であるということです。
何に対しても、批判を持っていないということです。
それは心の中を含めて、どんな様子の自分に対しても、です。

それは、自分の「いたらない、これではだめだ」と思って非難しているところ、
なんとか変えたい、と思っているところ、
「これはいけないことだ!」と抑圧していることに対しても、しかり、です。

(補足すると、外に対してこれらのエネルギーを向けているとき、
結局自分がそれを持っているのだということです。)


全状態をそのまま中立にふくんでいるとき
(無理に愛そうとか、「肯定」しようとか、修正しようとか、
あれやこれやの圧力、策略はいりません。
それは対立の力を生み出します。
心の中でも何かをよそおう必要はないのです。
本当にただそのままでうけいれるということです。)

あなたはゼロのポイントに立つことができます。

それはオープンな姿勢です。静止状態です。
さまざまなものを「アクティブ」にしません。

JUST RIGHT.

ただそれでいい。

なぜだかわかりますか。
無力で、なすすべがないからではありませんよ(笑)
むしろ、これはあなたのやっているゲームです。


ほんの一瞬、中立になるだけでもこわいですか?
あなたがDVDを見ていたら、停止ボタンを押すのに、
葛藤しますか?
たぶん…ただ押しますよね。


中立な、静止状態。

そこが足場です。

そこから、あなたは、「繰り返し再生」ではなく、
新しく放つヴァイブレーションに沿った現実へと、移ることができます。


クリックありがとうございます!


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.