BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

服従のインナーチャイルド

ちょっとだけ久しぶりです!(`・ω・´)ノ

見つめたいことがあって、書くよりそっちに集中していました(* ̄b ̄)シーッ

そこで発見したことなど、書いてみたいと思います。

ええ、自分が一番の研究材料ですとも(笑)


☆☆☆

ある「罠」にはまっていた気がします。
それは、「万能」の罠です。

どこかで求めていた。
これさえおさえていれば、あとは見る必要ない。
インスタントなテクニック。
唯一絶対。
「最も高い」、教義みたいなもの。

拠り所、支点を探そうとする試み…

それさえおさえていれば…
平和ゾーンに入れる。
感じないでいられる。

細かいこと、無視できる。

ひと足とびに、楽になれる。


ここに書いていること、
何のことかわからない人はただ、スルーしてください(笑)


☆☆☆

だけど、声をあげ続けるものがいた。
何かがおかしいと、そのものは訴え続けた。

私の体を通して、感覚を通して。

「ひとりひとりの声が、必要なんだよ…。
神とか救世主とか、誰か強いものの声じゃなくて。」


神でも教義でもいい、“自分に指示してくれるもの”を、
いまだ探してはいないか?


☆☆☆

私は長いこと、ここから逃げたかった。
結局そうだった。

本当の自分を評価なしに見るということ。

くじくのではなく、それを消すのではなく、
よいのも悪いのもなく、見るということ。

ほら、鏡を見つめてごらん。
その眼差しが、いちばんきつく澄んでいる。


☆☆☆

怒りをためている、悲しみをこらえている、
なんとなく従っている、

ほんとうの「一致」じゃないとき、変な感じがする。

内から、その子はあなたに問いかけてくる。
無垢な目で、あなたから目をそらさない。

どうして?
どうして嘘つくの?
どうしてそんなことするの?
どうして?


☆☆☆

ここで書いている「インナーチャイルド」は、
あなたの子供時代のトラウマとか、傷ついた内なる子供に限定して、
それを指しているわけじゃない。

もっと広義です。

集団の「型」。
この世界の「型」とのたたかいで、すみにおしやられた存在。


今、見ているその「たたかい」は、
武器を持った、武装した、たたかいじゃない。

過去に体験してきた「インナーチャイルドワーク」とも、
これは違う。

集合的につくられた「型」、
同意した契約(観念、信念)、
それをこわすため、解除するためのプロセスなんだ。

自分が縛られていることに気づかなければ、
解くことすら思いつかない。

飼い馴らされていることに気づかなければ、
囲いの中にいるだけだ。

その中で保証される「安全」や「約束」。


声をあげているものはいないか?
小さいものの声をきいたなら、それを突き放さずに、対話する。
ただ耳をふさいで背を向けてしまうほど、あなたはもう無力ではない。


それは結局、武器を捨て、よろいをすて、裸になることに辿りつく。


☆☆☆

外を受け入れようと、がんばっているのに、うまくいかないあなた。

自分を受け入れなければ。

痛みや重さは、必ずあなたに大切なことを語りかけてくれる。
それを切り捨てたり、無いことにするのではなく、対話するならば、
コアが必ず見える。


☆☆☆

私はたびたび夢について書くけれど、夢は隠せない。
誤魔化せない。

そしてそれ(メッセージ)はすべて必ず、あなたを助けようとしているのだ。
どんな醜いもの、恐ろしいもの、不快なものを見たとしても。


☆☆☆

服従のインナーチャイルド

指導者を探すかわりに、
自分自身に回帰しませんか。


「決まり」探しをやめて、
自分が悲鳴をあげるようなルールに従う必要はどこにある?


それらが必要だったのはただ、「受け入れられるため」だった。
適応するため、この世界で生きるためだったのではないでしょうか。
(宗教だと、目的が「あの世」のためにもなるのかもしれないね 笑)


だけど、いま、あなたの中にはきらめく宝石がある。
あなたのアイディアがある。
あなたの感覚がある。

ひとりひとりの声を、求めてる。
誰か代表が、支持をあおぐ声じゃない。


☆☆☆

ガラスの器にね、

とじこめたんだよ。

あなたの魂。

放つ光は消えないけれど、

直接ふれられないように、そうしたんだ。


でも、大事に、持っていた。


体と心はバラバラなの?

それはほんとうなの?


体から伝わってくるパルスは、ほんとうはどこから来ているの?


応援ありがとうございます。


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.