BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

…で、あなたはどうする?

ハイヤーセルフとかガイドと「コンタクト」する…っていう風に捉えると、
なんだか、いつも適切な指示がもらえるような、イメージがありませんか?

実際それは自分自身のコアな感覚だったりするので、
自分を精査するっていうのと同じところに辿りつくと思うんですけど…


そのスタイル、試みはどうであれ。

いつもいつも、直球ど真ん中、の答えを、探し求めないでくださいね。

つまり、白か黒か、イエスかノーか!

みたいな答えばかりを期待すると、
流れてくるものそのままの意義深さを、見逃してしまうことがあります。


☆☆☆

私はむか~し、ヒプノの実習をしていたときに、
クライアント役のさなか、自分が質問した問いに対して、
ガイドに「自分で考えろ!」って、言われたことがあります。

お相手(セラピスト役)の方の腕が悪かったわけではありませんよ!
今振り返っても、双方の笑い好きなエネルギーがかみあってしまったのか(笑)、
ユニークで、とっても楽しいセッションでした。

テンポよく進んだセッションでしたけど、その質問に関しては、
じ、ぶ、ん、で、か、ん、が、え、ろ!
って、イメージとともに言われました。


答えを与えるだけがすべてじゃないことがあります。

本人が気づくこと、本人の意思でプロセスしていくこと、
その間にある経験が、大切なこともあります。


完璧主義ではいけませんね。
自分すらも「ラベル付け、ジャンル分け」しないで…
曖昧ゾーンにある自分も、そのままで認めてあげましょう。

そうしてはじめて、
あれか、これか、ではない選択肢に気づくかもしれません。


いつも「用意された、完璧に整った」答えを待ったり、探し求めたりするのではなく、
答えが出ないときは出ないなりに、
自分が今、何を経験しているのか、
どういうことを思い、感じているのか、

とっくり、自分で見つめてみましょう。


世界も、ちゃんと、あなたにたくさんヒントをくれます!

色んな人が、色んなことを言うかもしれません。


…で、あなたはどうする?


そこに立ち返ることが大事です。


中には、耳の痛いことを言ってくる人もいるかもしれません。
それが本当に、自分にとっては、ただスルーしてよい不要な情報なのか?
それとも、何かキラリと光る、見る価値のある手がかりがあるからこそ、痛いのか?

自分に正直にならなければ、わかりません。

いずれにせよ、自分の反応、それに対して湧いてきた思いをよく見ることで、
「掘り出し物」に気づくかもしれませんね。


「自分自身を尊重する」ということは、
人の話に耳を傾けないということではありませんよね。

なるほどな、こういう考えもあるのか。

機会があるときには、心をひらいて、人の話をきいた上で、

…では、自分はどうなのか?

自分の心を精査してそれに誠実であること、だと思います。
それはきっと、同時に人のためにもなるのではないか、と思います。

コミュニケーションにもつながってきそうな話でしたね~。


それでは皆様、よい週末をお過ごしください♪*。(´∇`人)


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.