BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ふわり

昨日の記事で「背後の人、解禁。」って書きました。
背後の人って呼び方がちょっとこわいから、後ろの人にします。
あ、いっしょ?(笑)

っていっても、昨日も書いたように、
これはセパレーツなものではなく(笑)
私の内部の表現をこういう言葉であらわしています。


これから書くことは、万人にあてはまる何かではなく…
ただの、私のお話です。


☆☆☆

私の場合、ここ…後ろから流れてくるもの、
蛇口を出しっぱなしにする、というのが大切だったようです。

せきとめない、ということです。

そしてまた、選別しない、ということです。

私たちは、いっしょうけんめい、
何か基準をもうけると、その常識に沿って、ものごとを処理しようとします。

あ、私たちじゃなくて、とりあえず私がそうでした、ですねぇ。

自由な目線で!とか、心を解放して!とか言ってても、
やっぱりこのシステムはきちっと働いているんです。

もちろん、それもこの体験に貢献してくれているんだけどね。


ただ、人には色んな「設定」があります。
(昨日の記事の最後でふれた設定の話はこれとはまた別、
それはまた後日に。)

それにあわせて、この「個」を設計しているといえばいいのかな。
青写真、ありき。

ひとりひとり個性があり、生まれた環境も年も色々違いますよね…

自分の目標というか、人生で表現する「質」というか、
それを輝かせるために…最適なものをみんな携えているんです。


☆☆☆

そういうことを、
これまでも要所要所で、「あ、そうか」と思い出してきました。

究極の拠り所は自分だから、

自分の内部の風通しを悪くしてしまうと、
色んなヒント、促しがきても、
否定したり、疑念が強いあまりに葛藤して放棄したり、
心の奥までそれが届かなかったりするんですね。

与えられたものは何か。
何を語りかけられているのか。
内から湧いてきて、反射しかえしてくれるものは。

それは、上へ上への価値観ではありません。
自分の置きどころ。心のある場所。


☆☆☆

流れっぱなしにしていると、
自分がどこかで知っていたこと、

それでもそのままを認めなかったこと、
あれやこれやの境界が、ふわりとなくなりました。

思えばこの世界は親切でした。
たくさんの姿、形、情報を送ってくれた。見せてくれていた。


魂の「是」は、効力があるもので、
自分がそれに気づいたとき、ぴたっと、止まります。
心の雑音が。

しん、として。
ひとつだね、って。

そしてこれから向かってくるもの、
あらわれてくるものが、少し楽しみになりました。


応援ありがとうございます(^∇^)


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.