BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

あたらしいくんれん

こんばんは!

これまでのあらすじです Oo。。( ̄▽ ̄*)

イメージの、黄金の鍵で扉をあけ、虹色の光が炸裂…という体験をした後日、
心の中の、“後ろの人”を巧みにせき止めていたことに気づいたvanillatree。
蛇口から流れてくるものを仕分けする、
心の中にある「仕切り」を発見したようなもの?
さて、その仕切りをとっぱらってみると…? つづく!

☆☆☆

…めっちゃ久しぶりに羽根が出ました。
洗面所で。バサッて。

羽根についてはどこかで書いたでしょうか…書いてない?
とにもかくにも私にとっての体感上の羽根であり、
これが背中から出てきてばさっと広がると、きもちいい!
体をストレッチしたようにすがすがしく気持ちがいいのです。

でもこれ(羽根)、みずから意識できなくもないけど、
心の状態に関連して自然と出てくる、表現の一形態って感じなんですよね~。


さて、私はあたらしいくんれん、をしています。

◇「境界ない」状態

これは別に訓練じゃないのだけど。
自然と起こること、と、リラクセーションの一環?
でもこの状態抜きに、他が語れない感じなので書きました。

◇後ろの目、耳、感覚、そしてコミュニケーションをつかう
(以前、記事でこれを“内なる感覚”、って書いたかな。
探したら、この記事でした→「内なる感覚こぼれ話」

こっちは個人的に訓練です。
ミカエル、笑ってます。


説明しますと、以前から何度かエンパスの記事を書いてたけど、
私にとっては、この種のテーマは
「抵抗すればするほど苦しくなりますよ」ってお題だったみたいです。

個人的なおさめどころとして、
「さよなら、エンパス」っていう記事を書いたこともあったんだけど…。

まだ学ぶことがあったよ。

エンパスの話もそこに含まれますが、本当は、もっと広いもの、
物質的な世界観に沿わない感覚全般の話なんですけどね。

このブログでいうと、
途中からもうけた「霊的な話」っていうカテゴリがあるんですけどね。
こちらでほそぼそと書いてることも、私にとっては実は大事なポイントみたい。

(そのカテゴリで書いていることは、自分ではかなり慎重に書いてるんです。
ところが、公開してみるとありがたいことに、似たような体験をされてる方だったり、
何かつながりのある体験についてだったり、コメントをいただくことができて、
目からウロコ!ということが多いのでした。
本当、私の糧になってます。読んでくださる皆様に感謝ですキラキラ☆


灯台もと暗しー!
自分が自分を見えなくするレンズをかけてるぅー。


やっぱり、入ってくるものを止める、あるいは否認する、っていうのは、
むずかしいわけです。

ならばそれと腹をすえておつきあいしましょうよ。
それがどんな「ギフト」なのか、見てみましょうよ。

って、自分で記事に書いたり、
ときにめぐりあう、同じようなことで悩むクライアント様に、
伝えたりもしてきたのに~。

知覚したものを、
認識→流す
だけで済むことも、

余分なものが入りこむと一大事になっちゃう。

①認識→「感じて(知覚して)いることを否定」→流れが止まる(内側では葛藤)
とか、
②認識→感じて(知覚して)いることを認めるが、
ガッチリ自分のものにして取り組んでしまう→かえってとどめる、流れない

とかね。

あとは、自分の中で、「知覚してしまうこと」=それ自体が負け、
だなんていう方程式すら成り立っていたから複雑。

そこには、「私にはどうにもできないから」という思いがあったようです。
何もできないのなら、最初から感じない方がいい、ということ?

だけど、そこに、「それはちがうよ」と、続々とツッコミがいれられたわけです。
それがどう「ちがうのか」については、答えがひとつではないんだけど。


無駄なことは起こらない。
私はあらためて、学び直しているところです。

実例をあげて、また書けたらいいなぁ。


☆☆☆

そういえば、何度かふれた、
ハニエルのレッスン(月経前や月経にともなう諸症状について)も、
あれから進行していましたよ。

これも今日書いたことと、関連していてね。

ふだんから「せき止めない、溜め込まない」がキーでした。
結局、月いちの浄化だからこそ、溜めていたものが一気にくる、
(溜めちゃえば溜めちゃうほどドラマチックな浄化に!)という側面もある。

それと、これはあてはまらない人もいるかもですが、
私の場合は、女性であることに付随する痛み、
どういうことを信じていて、何に怒り、悲しみ、傷ついているかがやたら見えました。
それは当然反対側の極(男性)への反発を生んでしまうので、
そうなると自分の中にある男性性も上手に使えていない、など、
男性性と女性性のバランス面にも光があてられました。

スピリットは女性でも男性でもないわけですが(笑)
これは見る価値あったなと思います。


月の満ち欠けや自然界のリズムのように、って前に書いたけれど、
これはサイクルなのだから、そのとき独特な調子になっても、別にいいと思うの。

ただ、何か問題になってしまうほど、その影響が大きいのであれば、
なんだか歪みがあるような気がするのであれば、
私の経験も、参考にしてみてくださいねぇ。

とりあえず、私はこの症状を通して呼びかけられて、
そこをきっかけに自分についての新しい発見が沢山できたし、
これからもずっとそう…と言えるかどうかはわからないけど、
不思議と、毎回あった重く鈍い痛みの月経痛がなくなったりもしています。
これについては特に何とかしようとか思っていなかったので、意外です。


体は、表現体。

色々なものに感謝するとき、
ご自分の体にも、感謝の気持ちを送ってあげてくださいね~。キラキラ☆

よい週末を♪(*^ ・^)ノ⌒☆


クリックどうもありがとうです!(*^▽^*)


☆プライベート・セッションはこちらから☆
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.