BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

アーティスツ・ウェイ2 いい人やめます

こんにちは♪
前回に続きまして「アーティスツ・ウェイ」をテーマにお送りします。

第2回目です。

今日は本の内容よりも、
そこに書いてあることにフォーカスしたときに私が体験したこと、
を中心に書いていきます。


今日のサブタイトルの「いい人やめます」のいい人とは、
自分の中で「こうでなくては」と思っているいい人のことです。

実際にそれが他者から見ていい人かどうかは知りません(笑)
思っているのは当人だけかもしれないし。


それでも当人の中で、そのとき確かなのは、
自分自身の望みよりも、他者のために何かを優先しているという意識です。

実際の自分そのものではなく、
「こうであることがいい人だ」と思っている型に向かってがんばっています。

あとまわしになったり、却下されたアーティストチャイルドはぐずります。

「きいて、きいて!」
「あれをしようよ。」
「どうしてこういう時間をとらないの?」


☆☆☆

抑圧されたアーティスト・チャイルドの訴えが大きくなればなるほど、
外の状況もうまくいかなくなってきます。

なぜなら、自分の中のエネルギーの通りが悪くなるからです。
心の中に、うっぷんがたまっていくからです。

たとえば、それにともなう人からの称賛や、地位の安定、何らかの形の報酬など、
あたかも見かけ上の「等価交換」ができているかのように、
本人の意識が錯覚していれば、しばらくはごまかせるかもしれません。

でもそれは自分をだましているようなものです。


一時期のぬるま湯とひきかえに
失っているものはないかい

それはほんとうは失われない

あなたが目を向ければ
息を吹き込めばいいだけだ

☆☆☆


だいぶ自分のハートに従って生きることができてきたようだ
私は直感を、インスピレーションを大切にしている!


そう思っていても、根強く残っていることがある根っこ。
それが「いい人」のトラップです。

その「いい人」の基準はどこから生えてきたものか。
本当に自分はそれを好きなのか。

口やかましく「そうなれ」というのは誰なのか。


きっかけは誰かの善意だったかもしれない。
しかし、それはほんとうに私のものだろうか。


好きでないものを好きなふりをやめてみたらどうだろう。


あなたが「いい人」を降りるとき、
はだかで、
まな板の上の鯉のように全身さらけ出している気分になるかもしれないが、

その怖れに身をさらす価値はある。


一応書いておきます。

思っていた「いい人」をやめても、
あなたの内から湧いてくる本当の思いやりや優しさは、
なくなりはしないのです。

義務じゃなくても。自分への強制(have to)をやめても。

それでもあなたは他者を思います。
心の底からやりたい!と思うことがあります。
世界を、人を、愛します。

それは自然と湧いてくるものです。
むしろそれをせき止めているのが「形」なのです。


☆☆☆


でも、あなたの中の恐怖の声はこう言うだろう、

「素の自分を好きな人なんていない!
素の自分のままで、愛してなんてもらえない!」

(思い出して、
世界は内にある。)

だからあなたは自分を装うの?
まだ何かになろうとがんばるの?

あなたが必死で声をあげて守ろうとしているあなたでさえ、
本当のあなたと言えるかい?

それは理屈や防御に固められた、
「こうあろうと思っている自分」じゃないのかい?

それを崩壊させられるのを、人は何よりも嫌う。

私の信じる私、でいたいのだ。


でも、ほんとうの素の自分は、信じる必要などない、
というのが逆説的である。
人に信じさせる必要もない。


しかし、自分の中でそこに重きを置いて、
大切に育む必要はある。

自分がそこを見るのだ。

その結果は、子どもじみて好き放題でいる…というのともだいぶ違う。
経験上、ここをはき違えてしまうこともあると言える(笑)
しかしそういうこともまた、通る道の過程だろう。

大人でありながら、創造性を育むことはできるのです。
それは、核となる内なる感覚をキャッチする能力だ。
むしろそれは大きな流れに調和して整然としている。

一方、子供じみているとき、たいていは、
「大人でなくてはと我慢を強いられてきた満たされていないチャイルド」
が、声をあげているということに気づきたい。


あなたのバランスは、調和は、
あなた自身で実現することができる。


あなたが何もつけ加えない素の自分を本当に慈しむとき、

あなたの内にあるこの世界が

あなたにそのサインを見せ始めるだろう。


思い出して。
この世界はまるごと内にある。


応援ありがとうございます☆


☆対面、スカイプ、電話でセッションをしています☆
(※しばらくの間スカイプとお電話のみの受付です)
「セッションメニュー・お申し込み方法のご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.