BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

アーティスツ・ウェイ5 癒し

こんばんは!(*^▽^*)

今回も引き続き、アーティスツ・ウェイ、
創造性にフォーカスしたお話です。
(今までの記事はこちら    

今日のサブタイトルは「癒し」です。


☆☆☆

長らく続いた痛みの関係はもう終わり

自分が自分と和解したから

自分が自分と築いてきた不仲を
あなたは修復したから


☆☆☆

人や外との関係というのも結局
自分自身との関係なので

(これは抽象的な意味や喩えではありません)

ここで、人間関係について言及します。


☆☆☆

私は先日、ふと思いました。

(私は自然界や動物からの恩恵というのをとても感じていて、
ときどきアニマルコミュニケーションの本を読んでみたり、
そこともっと交流することについて関心があります。
そんなことについて意識を向けていたときに湧いてきたことです。)


人にはあまり心をひらかない人でも、
動物には心をひらいて交流しているのをよく見かけます。


動物と無条件の愛でつながれるのは、

そこに(私たちが人間の他者にしているような)期待がないからでは?


あるがままの振る舞いをこちらも楽しんでいる。


「動物なのだから」
というわけで、自分の期待を押し付けようとはしないでいる、

(アニマルコミュニケーションでは逆に、
その「動物は○○だ」という思い込みが邪魔することもありますが、
それは今回とはまた別の話。)


もちろん動物に対しても、期待を押し付けている場面もあるかもしれないが、
ふだん人に対してするよりは、
「そういうものだ」と思って自由にしている隙間というか、
空間があると思いませんか。


人に対しては、

「このくらいできるでしょ、
同じ人間ならわかるでしょ、
こういうものでしょ、」

と、思っているから、
その期待に相手が沿わないとき距離ができます。


以前、記事の中で「荒川アンダーザブリッジ」のアニメの感想を少し書きました。
このことに関連して、私が思い出したある場面があります。

ストーリーのはじめの方の回です。


人に借りをつくると喘息の発作が出てしまうリクに、
金星人のニノが、荒川河川敷の生活を紹介しているとき、
ドラム缶のお風呂に入るシーンがあります。

ニノは頼まれてもいないのにリクの髪を洗い始めます。
リクは、「これでまた借りをつくってしまう!」とあせります。

そのとき、ニノが、

「私が洗いたいから洗ったんだ

洗わせてくれてありがとな」

と言ったのです。

(せりふは私の記憶なので正確でなかったらごめんなさい)


リクに喘息の発作は出ませんでした。


☆☆☆

私は、人と関わるときの基本は、これではないかと思うのです。


私がしたいから、こうした。

相手から期待するものが返ってくるから、ではありません。


あなたが愛するなら、私も愛する。
あなたが○○ならば、愛そう。
あなたが○○なので、私は○○…


それは違う。


それは取引だ。
頭の中で条件づけられた考えだ。


そういう風になっているとき、
期待したものが返ってこなければ、人は落胆したり、悲しんだり、怒ったり、
不足感にかられて求めるものを得ようとする。


しかし。


よく考えよう。


私がしたいからしている。

それだけのことを自分にゆるしていないのは誰だ。

(自分がしたいからするとき、それ自体で自然と満たされる。
させてもらってありがとう、になるのではないか。)


そうして、

そう(私がしたいから)でないなら、
したくないことを自分に強制しているのは誰だ。


理由はどうであれ、

私以外にそれができる者がいるだろうか?


☆☆☆

長らく続いた痛みの関係はもう終わり

君は私の中にいた


私はそこを振り返り

差し伸べる手を握り返す


私は私と和解した


外に映画を映し出すなら

よろこびのハミングや
耳をすますとギフトのように飛び込んでくる自然音

ハートのときめく音がビート・サウンド
そんなバックミュージック

楽しいダンスにしませんか


そう

手をとりあったままで


☆☆☆


クリックありがとうございます♪


☆対面、スカイプ、電話でセッションをしています☆
(※しばらくの間スカイプとお電話のみの受付です)
「セッションお申し込みのご案内」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.